大手には後手が多く機械的行動の繰り返しで、弱小店舗の奇抜なアイデイアーの横取りがうまい!   


巨大チェーン店舗営業の欠点は
小回りが利かないため、
決裁が遅くチャンスに敏速な行動に欠ける。
お客様ひとりの不満に対応しきれないため、
お客様の心に響くことが少ない。
マニュアルで縛っているために
機械的行動パタンの繰り返し。

わたしは過去、現在も大手の真横とか大手の包囲網の
直接対決に何度も出くわしたりしています。でも、
断然優位な集客支持率を確保しているのは、
大手の弱みの中で生き抜くことができた結果であります。
そこにいつだって、先手を打ってきました。だから勝てたのです。


以下現場からのニュースをお届けします。
この中には、そのような、
いくつかのヒントが隠れています。


*******!?*******!?*******!?*******

『すべてが後手であったように感じるのはなぜだろう?』
最近ふと気付いたことがあります。
それは・・・
落ち込んでいる稼働と、
それに反比例して伸びる他店を比較して
何が違うのだろうかという事を悩んでいる時に、
このような巨大チェーン店でも、
後手を踏んでいるなあと言う感じがしてならないことです。


どのようなときに感じるか、
それは普通に出ている新聞のチラシ1枚にしろ、
イベントの開催タイミングにしろ、
しっかりと来てじっくり観察している他店の統計調査団や、
テレビのCM1本、今日の朝礼、スタッフの行動・・・と、
こんな感じでいろいろな面で感じます。

でもなんで、自分はこんなことを思うのか?
そこを考えた時、すべてに共通するものがあるなと思いました。
『変化がない』です。とにかく毎日変化がない・・・
だから自分自身全く刺激を感じることができない。
ということはもっと敏感に感じているのはお客様だということです。
直に思っているでしょう。毎日変化がないし、おもしろくもない。

いつも同じ形態のチラシを出し、
毎週同じようなイベントを開催、
毎月同じ日に入るテレビCMは全く同じ感じ、
今日の朝礼は形式ばった元気だけがある儀式、
毎日形で動くスタッフ・・・これが原因なのだと確信しました。

だから、他店と比較した時、
毎日同じことを行っている当店に対し、
対抗していろいろな手を打ってくるわけだから、
後手に感じるのだなあと思いました。
追うもの追われるものとは言いますが、
常に追うものであるためにはどうしたらよいのか?
という問題になりますが、
これは意識の問題なのだと思います。
特に自店は、変化をつけようとすることはたまにあります、
がそれですら次への展開がないために、
自滅に追いやられています。

もしくは変化をつけようとしたことが
空回りしている光景もあります。
いい例で紹介すると、
「気持ちの入った朝礼を目指す!」と題打って、
最近叫ぶだけの朝礼が行われています。
叫ぶと言うより皆で怒鳴って、
朝礼を元気にやろうと胸張っているマネージャーがいます。

気持ちの入った朝礼って怒鳴るだけ?
大きい声出すだけ?というのが率直な意見です。
だったら、まずみんなにメモ帳を
手に持たせてから朝礼しようよ!と言いたいです。
もっと共有する場を作ったり、
アイデアを出すことに仕掛けをつくったり、
笑顔100%の朝礼にしたり・・・
楽しい朝礼作りはあると思うのに、
みんな「ついていけない・・・」と嘆いていました。
確かにそうだ・・・
このように思っている今日この頃です。



*******!?*******!?*******!?********
以上、現場からのニュースでした!
このニュースには隠されたヒントが
ギッシリ詰まっているような感じがします

先日、名古屋のある店に行ったときのことでした。
6月は以前より時間平均客数が20人も増えているのです。
なるほど、すぐ判断はつきました。
新台入替のできない6月であるが、
普段の営業力を強化してきた集客に
反応率がこの時とばかりにアップしているのです。

あと2~3カ月でも新台入替を規制延期してくれたら、
稼動はぐ~んと成長します。なぜだかわかりますか?

このよう店は正々堂々と、同じ条件で戦うならば
断然に大手を覆してしまう威力さえもっているものです。
せめて、年間新台入替えの回数を
同数に規制したら、大手を圧倒させてしまうでしょう。
間違いなく勝ちです!

なぜか理解できない人もいるはずです。

弱小単独店舗でも現在安定感のある店舗は
戦わないことを独自化して、
競合相手が存在しない存在をつくっています。

大手の立地、機械、店舗リニューアル、
出玉、チラシ回数などに、到底追いつかなくても、
優れた頭とウデとハートが機能しています。
そのような店舗には弱小店舗の戦略にたけた
店長が1店舗に3人もいますから負けないのです。

弱者特有の放出戦略と営業力と組織力です。
去年2回にわたって、「無料相談室」を開設したときにも、
ここに多くの質問が集中しました。

地域によって多少の違いはありますが、
7月10日~15日頃には入替え規制が解除されます。
また作戦なき死んだ入替えが怒涛の如く押し寄せてきます。
この時を上手く作戦でかわしてもらいたいものです。

がんばってください。


****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

担当者から折り返しのご連絡をいたします。



営業力の反応で時間20人も増えている!! ・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-06-28 21:56 | ないないづくし戦略

<< ジャグラー、筋肉マンに疲れきっ... 再生のジレンマにいる幹部の心情... >>