夜勤明けに『夜勤病棟』を打つのがたまらないんだよな   

夜勤明けに『夜勤病棟』を打つのがたまらないんだよな

夜勤明けに夜勤病棟なんて、目茶苦茶におもろい~~って!!!・・・
しかし、これえ、出来過ぎでホントの話!???
耳を疑ってしまったが・・・

不景気な世知辛い世の中、沈うつな表情のひとを見かけるなか、
こりゃ、おもろいと「ぷいっ~~」と吹いてしまった。

・・・が、気持ちを取り直して・・・

今朝の朝日新聞には、年間の自殺者10年連続3万人を
超えると指摘している。これまで公表されなかった
地域ごとの分析をして「自殺実態白書」をまとめた。
失業や借金苦に陥り、家族の不和や生活苦から、
うつ病になって自殺に至っているという。

きっと、
癒されることがほしい
きっと
癒されるとこがほしい。
きっと
癒されるひとがほしい。

誰しもそんな境遇にあったことがあるのではないかな。
一生で忘れないパチンコホールでの衝撃的なことは
「主人の供養にパチンコしています!」である。

本当に、この時には人生の原点がひっくり返りました。
パチンコの夫婦喧嘩が絶えずに、
店長のわたしに「主人のパチンコをやめさせてください」と、
抗議に来たこの奥さんがある日、突然に
パチンコしているではないですか。

主人の供養に来たという。
主人はあれから間もなく癌でなくなったという。
それからはこんなにおもしろいパチンコを、
なぜ、反対したのだろうと思うと
悔やまれますというこの主婦・・・
毎日のようにパチンコに興じている姿に
遣る瀬無い思いをしては、我が身を振り返っていました。
ここに原点があるように思います。

以下、遅番のニュース!?
夜勤明けですから早番のニュースをお届けします!

*******!?*******!?******!?*******

『夜勤明けに打ちに来る・・・』
今日は夜勤明けだけに打ちに来る
看護師の兄さんの話です。
歳は31歳Sさん、
この人がほんとに眠そうに打ちに来るようになったのは
3月も終わりの頃からです。
最初は自分も気にしながらこのSさんを見ていました。

1番最初に接したのは目押しでした。
その時はまったくこの人の職業も知らないし、
何もかもわからなかったので、普通にサービスしていました。
それが、座ったのが意地悪な台で、
スロットなのですが毎日毎日打つたびに、
眠そうにがんばっているのにも関わらず、
出てはのまれ、出てはのまれを繰り返すのです。

まったく目押しのできないこの人は、
そのたびにランプで呼ぶのですが、
さすがに自分もわかってきて目押しだなと思うたびに
すぐその席に向かい揃えてあげました。
すると、今までまったく無口で話さない人だったのですが、
Sさんはその重い口を開きました。

毎日「夜勤明けしか来れないんだよ。
夜勤明けに『夜勤病棟』を打つのがたまらないんだよなあ~(笑)
眠くて7が見えないよ・・・なにせ夜勤明けだからさ・・・(笑)
いつもいつもすいません・・・」この人は夜勤明けに、
この店で夜勤病棟を発見して、その台を打つためだけに、
わざわざ夜勤明けを選んで打っていたのです。

これはマニアだなあ!と思い、
すぐさまマネージャーにお伝えしました。
今でもこの夜勤病棟はこのお客様のために置いてあります。
このお客様のことを知ったからだと思います。
ここに何かヒントがあるのでは?と思います。
マニアが根付くと強い!
しかも意外なところでそのような
個人的キッカケでドラマが起こりかけている!
ほんとに笑える、そして何か心が和む出来事でした。

以上、現場からのニュースでした!

*******!?*******!?*******!?*******

確かにマニアである!
マニアの取り込み策を考えての顧客政策が成り立っている。
弱小店舗ではここに秘策があるのだが・・・
大手でこの個別戦略に一貫して取り込むのは
知っている限りではどこにもない。
おそらく、この店舗でも短絡的で、
作業体系と継続性を持たない限界に終わってしまうだろう。

本当に苦しいときには、お客様しか助けてくれない。
飯を喰わしてくれるのはお客さま。
うるさいのも、やかましいのも、お客さま。
でも、苦しい時にも助けてくれるのがお客さまである。

だから
その人だけの機械、
その人だけのタバコ銘柄、
その人だけの駐車場
その人だけのラッキータイムといえば怒られるだろう。
これが弱者の戦いなのです。

顧客政策ではなく、個客戦略!
大衆ではなく、個衆戦略が弱者の戦いです!
大手が戦わないトコで戦うのです。

戦わない白紙率の圧倒している対象が、
「我がまま率」なのかも知れません。
でもこんな不況の時には、お客様の我がママを
100%聞いてあげられる店が間違いなく支持されて行くだろう。

本当に大変な時期に突入した。
だから、やるしかない。

がんばってほしい!
応援しています!!



****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

夜勤明けに「夜勤病棟」なんて、メチャおもしろい!! ・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-07-04 22:10 | 釘の家庭教師

<< 私のファンと呼べるお客さまは何... 時間平均客数21人アップで、1... >>