お客さまの滞留時間を惑わす発想がすべて!   



お客さまの滞留時間を惑わす発想がすべて!


イベントなのに稼動がイマイチ!  何が必要か


お客さまの脳みそのなかに、
いつも〔刷り込まれていなければ〕ならないものがあるか。
  
来た時に思いっきり良いイメージを持ってもらって帰ってもらっているだろうか。    
そこで、接客アクションの一瞬を良い印象で、とどめてもらうことしているか


全部、終わった後に〔物語が完成する〕。
それまでは・・・つぎの続きが見たい
つぎはどうなるんやろう?・・・だから、行かなきゃ!



〔演出の脚本〕までを製作する必要な時代になった

〔全員参加型〕イベントなのに知らない人がいて良いのか

              
自分がいつの間にか主人公を演じている               
普段と違う。                            
ユニホームが違う                         
飾りつけが違う
笑顔が違う 


                         
突然、鐘が鳴って・・・
わたしが帰った後に鐘が鳴ったらどうしょう!?
もう少し、いた方が良いかしら・・・

そこで突然!鐘が鳴って>>>

一風変わった、マイク放送が場内に響き渡る

◆大海SP25箱のスタート

◆先ほどまでの箱積み10箱
 更新で11箱に挑戦中!
 
◆現在のキュイン~発生率は
 440回目で70%

<<<・・・魚群が走ってからなど。。。


パトラッシュなんかでも、
<<<・・・あああ~泣きの1回で救われたあ~レデイGO!~

などなどなど。。。

例えばマイクで、
例えばボードをもって歩くだけでも
 
営業規制の限界までに挑戦して見るのはどうだろうか。


お客の滞留時間を惑わす。その瞬間を演じていく。
そうした時に、「くちこみ」が発生するような気がしてならない。


****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

滞留時間を惑わす発想!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-08-20 10:53 | ないないづくし戦略

<< 今にして思い出させる戦略の生死... 競合店舗がそれ以上出しているな... >>