2008年 01月 18日 ( 4 )   

常連客にスタッフたち。これたちの方が今の私には大きな財産でありますし、自信の源でもあります。   


今日から、コウチャンのレポートを連載でご紹介します。
簡単にコウチャンのプロフイルから見ていきましょう。
生年月日は?年ですが、40代。
子供3人、家族思い。
自分との戦いに燃える人間。
釘調整は天下一品!特に独自の調整にたけている。
性格は温厚。笑顔が憎めないのが玉にキズで脱線がちな時もある。
しかし、洞察力はひと2倍。
特に「おばちゃん客のふれあい」のエキスパート。
ある時から人間観察に関心をもち始めて今日に至る。
でも、意地っ張りで、へんコツは負けない。
でもそれは自分らしさをもっている、確かな証拠である。
店舗は単独店舗で競合2位の稼動順位を維持。
コウチャンのレポートの端はしには、
弱小店舗を繁栄に導く、人間力のりっぱなコツが存在している。
まあ、この位にしておこう。
このレポートは人を導く使命、役割などをつづっている幹部図書とでもいおうか。
素敵な本である。その本の感想にウソつかない真摯なコウチャンのレポートは著者にも決して劣ることのない名作であると信じている。


● 人を導く ●
江口 克彦 著パーラー○○○

■第一章 自主性を引き出す
□私が指示した通りに仕事をするなら、君は要らない。
・一週間でこの表を作れと指示されて、一週間で作っていてはダメ!
・一週間と指示されたら三日で作るぐらいでないと・・・。
・上司から100指示されたら120返すことを心がける。
・それが上司の心を動かす、そうすることで仕事が面白くなり、自主性が生まれる。


●感想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いきなり厳しく、心を打つ項目から入られた気分だった。
正に顧問からの課題もこうすべきなのだろうなぁと考えさせられてしまった。
言われた課題をこなしているだけではダメなんですね。
期限も早く、内容もプラスして提出してこそ本物なのだと痛感しました。
でも、思いとは裏腹に出来ない現実と出来ない弱い自分がここにいるのが現状です。
まだまだ修行が足らないようです。


□人は誰でも、一度は驚くようないい仕事をする。
その一度の成功にうぬぼれてはいけない。
・誰でも一度は輝く瞬間がある。その時にこそ落とし穴がある。
たった一度の成功にうぬぼれてしまうのだ。
自信過剰から日々の努力を怠るようになる。
・たとえ小さな成功でいいから、継続して実績を残してこそ本物。
・自分の評価の低さを嘆く暇があるなら、もっと自分を磨くことに目を向けることだ。
・部下が大きな成功をして有頂天になっていたら、さりげなく、この言葉をかけてやるべきだ


●感想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続けて、厳しい事を突きつけてくる本ですね。
しかし、一瞬の大成功より、継続。
正にその通りだと思います。それはこの○○○での6年間で痛感したことでもあります。今まで○○○でも大きな成功は何度かあり、嬉しい思いもしましたが、それよりも6年間、地道にコツコツと上げてきている稼働と売上。そして定連客にスタッフたち。
これたちの方が今の私には大きな財産でありますし、自信の源でもあります。


次号へつづく!

まだまだ、修行が足りない自分をぼやくコウチャンに!↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-18 20:59 | ないないづくし戦略

あなたは、どん底を見たことありますか?   



弱者の惨状から見るとキリがないがどん底まで見た店長は、
これらのすべてに挑戦している人物か悲観論者である。あなたは、どん底を見たことありますか?

新台入替の回数と台数が競合並にできない。玉を出すとすぐしめないといけない。月間粗利要求がきつい。最新のデータ設備がないのでこまっている。支持率が低い。メイン機種が確立されていない。曜日特性の対策がない。放出作戦のルールが見えない。心からの接客・顧客分析管理と会員運用による顧客拡大の形式化・イベントのマンネリ化と組織の空洞化・出ているように思わせる演出の欠如・新台入替の無策・交換率政策判断の誤りと試行錯誤・社員教育の惰性・営業組織課題の形骸化(会議・ミーテイングなど主催者側の精神的負担・営業成績の傾向が見え難い、原因がわからない、対策が抽象的で行動できない、目標がないなど業務進行の基本が破壊状態・幹部の役割と分担が機能されてなく、危機意識が低い・責任転嫁が多く、自己の利害が優先され、十分な損得が計算されている。改革など口ばかりで今、ここにいる自分の使命からなる存在理由が不明確だ。成績が上がらない訳は自分の頭とウデのセイなのに!


どん底を見た人間はやはり強い!・・・・・・・・・・・・↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-18 16:21 | 弱小ホールの悩み

《 か っ こ い い 男 を 目 指 し て》   


(全部で12,000人アップ)
《 か っ こ い い 男 を 目 指 し て》

ーある店長の宣言文ーから抜粋して、紹介します。


◆かっこいい男とは?

・戦略家である

・理想の幹部である

・自店をNo.1にしている

・理想の部下に囲まれている

・戦っている


◆戦略は哲学だ。爆発だ。

・困って困って困りぬけ

◎私は変わる、あなたも変われ

◎意識改革なしでは始まらない


◆オールバージョンアップ計画


☆戦略に近道なし、自らイバラの道を進め


☆さすが、店長、日本一!


☆金を使うな、頭を使え


成功条件は現場主義↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-18 16:01 | ないないづくし戦略

成功の条件は勉強好き、素直、プラス思考、志の高さ、現場主義である。ある会議で・・・    


大事なことは謙虚に恥をかいて実行する癖をつけること
 ーある幹部会議でー   
                                
一番重要なことは
高まったモチベーションを下げないことである。
ちょっとすると、部下をしらけさせる原因をつくることが多々ある。

成功の条件は  
勉強好き、素直、プラス思考、志の高さ、現場主義である。
どんなに優秀な人材を採用しても、
職場の環境(上司の意識)が悪ければ、
短い期間でその人材はダメになってしまう。

うちの幹部には悪い癖がついている。
癖がついていることはやりやすく、
癖がついてないことはやりにくい。
良い癖を積み重ねることにより、
意識しなくても良い行動や言動が
自然と湧き出してくるのが「人間力」だと考える。
今日、1日の「小さな目標」をきちんと達成できなければ、
大きな目標など成しえるはずもない。
良い癖を積み重ねることができること。
先ず、こんなことがでなければ、幹部として言い訳の資格はない。

わからなければ素直にやることだ。
意見があるならば決めたことをやってから言おうではないか。 
今まで最高のモデルを提供してきた。問題はそのモデルに学ぶ謙虚さである。

計数管理やイベントの組織、
営業計画の作成や実績分析及びデータ管理方法。
人材育成方法や幹部の考えや行動のしかたなど・・・・・数々と。

いま、特訓中のくぎ調整もそうである。
私らに必要なくぎ技術は、単に薄っぺらな「スキル」ではなく、
名人といわれる人々が目指しているような「極意」を追求し続ける姿勢である。
大事なことは謙虚に、恥をかいて実行する癖をつけることである。



成功条件は現場主義↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-18 00:06 | ないないづくし戦略