2008年 01月 24日 ( 3 )   

弱小店舗の放出仕掛けのヒント:放出作戦の急所はお客に知られるな!   


弱小店舗の放出仕掛けのポイント:放出作戦の急所はお客に知られるな

放出作戦ではどんな場合でも
お客に遊ばれるようにして振るまい、
主導権を握っており、お客に引き回されてはならない。

○ どんな場合でも
作戦の主体性を失ってはならない。
お客に振り回されてばかりいたら、
いつの間にか作戦の本質を失ってしまう。

○お客がハンドルを強く、 多く握ればいただき、
お客が疲れて打てば疲れを癒してあげるごとく
清く出してあげ、お客が悩んで戸惑えば玉の流れを
快く変化させてあげる。

○よわい店では安定(一律的な出し方)した放出をすると
稼働の進歩が止まってしまう。

・「メリハリ」のあるキレ味のよい放出割数とは?

・「粗利の手際よい配分」とは?

最近では基板がとか、
稼動がないので思うように出せないとか・・・
弱小店舗の事情は嫌なほどわかる。
昔から・・・
ちいさいな店舗、
弱い店舗、
危ない店舗ばかりを行っているからわかる。

でも、弱小店舗の釘師は
大手の釘師まがいのような、
ある人間たちとは違うすぐれた感覚が欲しい。
あけしめが上手いと喝采を浴びる人間になってもらいたい。
あけしめが、うまいとお客はどこを打っても出るように思う。
あけしめが上手いとお客はどこを打てばよいのかわからないほど、
どこもよく見えて巧みな演出をしているように感心する。
お客が遊技をする時に、こちらの意図や急所を知られないように
することが極めて大事である。



★:お客の心のスキマに働きかけて、時には誘惑させたり、
時には動揺をさせてはお客の考えを七色の虹のように変化させて行くのも
弱小:店舗ならでわの作戦冥利につきる神技のような気がする。

そんなことが現実に展開されているホールが・・・
普通のように現存するところが・・・
揺ぎ無い地位を獲得している。



次号へつづく!

お客を誘惑させる放出って↓ポチッと!
やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-24 22:18 | 釘の家庭教師

弱小店舗の放出しかけのヒント:弱小店舗では、ある日曜日の粗利を失敗すると月末まで尾を引いていく   


・・・・・・・・・弱小店舗の放出しかけのヒント・・・・・・・・・・・


放出作戦の流れを作り出すには、
作戦に相当する人物の積極的役割が必要である。

洗濯機のパルメーターという回転部分がまわる
ことによって、激しい渦の流れができる。
このパルメーターに相当する作戦家が必要である。

パチンコ玉は置かれた場所が
安定していると静止したままであり、不安定だと動き出す。
その形はみな丸くてもお客の稼働がない程にじっとしており、
ハンドルを握る時間が消費されるほどに磨かれていく。
だから丸い玉をドンドンと勢いをつけて
磨きこむのが放出のすべだとするならば、
放出作戦のタイミングをとめたら営業の存続すら危なくなる。

○ 一時のタイミングのズレは前途に
大きく弊害を残し、逆に、タイミングの効果は
今後を着実に決定づけていく。1日のタイミングのズレは
1週間のタイミングのズレを与え、更に1週間のズレは
その月間の戦略全般に悪影響を与える。
しかもそのズレは来月1ヶ月の
渋滞ムードを促進させる結果を 招くことになる。



大手の失敗は許せる範囲が大きい。
しかし、弱小店舗では、ある日曜日の粗利を失敗すると
それは、月末まで尾を引いていく。
これはその立場の貧窮状態に身を寄せている
人間にしかわからない、
凄まじい精神的プラッシャーになっている。

だから、放出仕掛けと自分の行動サイクルを
関連づけして自分とたたかっている。
これが弱小店舗にいる店長たちのサガである。
でも放出しかけを行動計画化した店長が成績をあげている。

ぜひ、つらいだろうけど、放出に勝つ前に、
自分に負けない気力が躍動するようにつくてもらいたい。


次号へつづく!

放出仕掛けを行動計画化しよう↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-24 12:07 | 釘の家庭教師

面談を仕切りなしに、仕事のプログラム化している人間力が弱小店舗を救っている。   


弱小店舗で活躍のこうちゃんのレポート

□部下は上司にとって自分を映す鏡である。
そのことを上司は肝に銘じておかなくてはならない。
部下は上司の影響を受けることを、常に意識しておかなければならない。
部下の欠点ばかり言う前に、
上司は同じ事を自分自身に問いかけてみるべきだ。
跡を継ぐということは、具体的な仕事を継ぐことではない。
上司という人間の存在を継承していくことである。
上司の喜びとは、自分自身が評価されることではない。
自分の部下が評価された時にこそ、上司としての真の喜びがあるのだ。
●感想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
正にこの項目は痛感する項目だ。
普段はなかなか自分では分からないものだが、
確かに部下は大きく上司の影響を受ける事が多い。
長所の部分では分かりずらいが、
特に短所の場合は如実にその傾向は現れている気がする。


部下にあれこれと個人面談などで、
短所を指摘している時など
「あれ?コレってそのまま自分が自分に対して気をつけろよ!と
言っている事じゃないかな?」と錯覚する時がある。
正に上司の欠点は部下の欠点になってしまうのである。

ならば、部下に注意するのと同時に、
いや、それ以前に自分から注意しなければならないのは当然の事である。
今一度、この事は肝に銘じなければならない。
それと、最後の上司の喜びとは・・・。の所は本当に良く分かる。
いつからだろうか?特に最近だろう。
自分の事を褒められるのは当然嬉しいのだが、
部下が褒められると自分の事以上に嬉しく思うのを感じる。
それが例え「あいつ、最近本当にがんばっているなぁ」ぐらいの些細な事でも、
ものすごく嬉しく思う。部下が褒められるイコール自分が褒められているから。
と言う感情はないのだが、とにかく嬉しいものだ。
だからこそ、もっともっと部下が褒められ、
認めてもらえるようになるように、
鏡となる私がもっとしっかりとしなければならないと言う事だろう。
そうする事で映る部下が褒められ、私自身のより大きな喜びになるのだから・・・。



・・・・・・・・・・・・・・・こうちゃんの人間観察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この感想のなかで
「あれ?コレってそのまま自分が自分に対して気をつけろよ!と
言っている事じゃないかな?」と錯覚する時がある・・・・
と言う部分がある。
こうちゃんのように、部下の欠点を見て
自分の問題に錯覚できる人間は、
基本的に自分にも厳しい人間に多いような気がする。
少なくても私が関わっている弱小店舗の幹部たちで
成績をあげている人間はこのタイプが多い。

そこには明確な成功の理由が存在している。
弱小店舗は割数も機械も限界があり、
縮小されっぱなしで営業的には
壊れかけているものの、修復に追われている。
こんなときに無尽蔵な力を発揮するのがスタッフである。
スタッフが現場である。現場が成績を変えていくことを、
如何に普段のシステムの中でスタッフを沸かしていくのか、
弱小店舗の抜け道はここにある。
大手のパチンコ店舗にはなかなかできない。
やっているけど、弱小店舗のように、
地べたを這っても立ち上がるどん底のドラマをあまり見かけない。

こうちゃんのように、面談を仕切りなしに、
仕事のプログラム化している人間力が弱小店舗を救っている。


次号へつづく!

面談をプログラム化すると本当に変わりますよ↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-24 11:37 | 弱小ホールの悩み