2008年 01月 29日 ( 2 )   

弱者の放出作戦ヒント:時には肩透かしを食わせることも作戦の内である   



弱者の放出作戦で時には肩透かしを食わせることも作戦の内である



そんな時、放出の作戦のレールを変えてみることである。
しかし、レールを替えても行き先を替えてはならない。
レールを変えるということは、
特急、急行、快速などスピードを変えることである。
また、車内乗務員のサービスに変化をつけて見てもおもしろい。




同じ事を言われても、妻から言われると腹を立てるのに、
子に言われると苦笑で済むのはレールが違うからである。



いつも同じレールにのっているからこそ、
衝突が起きるのである。

放出の次元を変えて玉先に
変化をつけることである。


同じ分量の出玉でも
変化球とか色とりどりのカラーボールとかが、
飛んできて出玉を楽しませてくれるような作戦がなければ、
弱小店舗では単なる直球の単調なもので終わってしまう。




お客は「負けるのはあっという間だけど、
勝つのはなかなか大変なこと」を、骨身をもって体験している。



そんなお客に大量出玉と大量新台で、何の芸もなく集客している大手と
区別をしていくには放出の芸が独自化を促進して行く手立てとなる。


釘と放出の仕掛けが独自化できるパターンをつくろう。


出玉の芸とは?放出の仕掛けとは?↓ポチッと!
やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-29 00:31 | 釘の家庭教師

幹部の自信は自分で克服した経験なしには絶対に広がらない。   



弱小店舗のこうちゃんのレポート

●本論
経験だけが自信をつくる
能力とは、要するに自信がもてる範囲のことである。
そして幹部の自信というものは、
それを自分で克服した経験なしには、絶対に広がらない。



●感想・・・・・・・・・・・・・
自分に大きな荷物を負わせる態度は、自己成長のカギである。

パチンコ業界に入って早くも24年目ぐらいになるであろうか?
さすがにこれだけの年月を積み重ねれば
スタッフよりも経験は多いし、
それなりの自信もあると思う。

ただ、24年という年月に比べて
適正に成長しているか?
比例した自信も備わっているか?と言えば
疑問符が付いてしまうであろう。

それは的確に自分に自分から
適正な荷物を背負わせなかった事に原因があると思う。

時には自ら背負わせ飛躍的に成長できた時もあったが、
ついつい無意識のうちに分かっていながらも、
荷物を下ろしてしまう時があるからだ。

今一度、これを機に見直し
自ら荷物を背負う事を意識して望みたいと思う。
それがまた部下に対しても
荷物を背負わせ成長させる見本にもなると思う。



・・・・・・・・こうちゃんの人物解析・・・・・・・・

幹部の自信は自分で克服した経験なしには絶対に広がらない。
経験した範囲が自信のもてる限界だとするならば、
こうちゃんには未開拓の分野に、
随分と挑戦させてきた。

こうちゃんがもっとも苦手とした
育成力、組織力、企画力、演出力などは、ずば抜けた力を発揮している。
素質というものは誰にしも眠っているのかと思う。



弱小店舗の戦略経験がが自信をもてる範囲になるよう↓ポチッと!
やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-29 00:17 | ないないづくし戦略