2008年 02月 03日 ( 3 )   

よわい店では稼働の利点がいつも不利になる恐れがあることを前提に作戦すべきである   



よわい店では稼働の利点が
いつも不利になる恐れがあることを前提に作戦すべきである

○よわい店では稼働の有利性と危険性は紙一重である。

○そうした方が有利だというので
全力あげて放出資金を投入したのに、
不測の事態に備えられないことができてくる。



○強くて大きい店は
小さくてよわい店に比べて、多くの点で有利である。
だが、それに安価な満足をしていると、
仮に大手であっても、
活性を失い、変化に対応できなくなってしまう。

健康者は病弱者に比べて恵まれている。
だがそれでいい気になって
健康管理をおろそかにしていると、
思わぬ障害にとりつかれるかも知れない。

○利点がいつまでも利点で
ありつづけると思ってはならないのだ。

利も不利も紙一重、やり方によって
どちらにも転化する可能性を秘めている。



●不利になる恐れがあることを前提に作戦を・・・↓ポチッと!
●やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!span>


●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-02-03 22:52 | 釘の家庭教師

弱小店舗の人間力とかけて何と解く?たまご焼きと説く!その心は?不思議な魔力?!・・・・・   



弱小店舗の人間力がこうちゃんのお店を競合支持率2位にしている!!

卵焼きとかけて、何と説く?みんなの大爆笑と解く!
その心はわかんね~~~だろうなあ~いぇい!
こうちゃんの人間力の中でも、もっとも彼が得意としているのは、
スタッフとのおしゃべりの展開である。
そこにはこうちゃん独特のヒネリがあって、
そこにスタッフがピタッと惹きつけられてしまう不思議な魔力?!
が存在している。今日はその魔力?!のチェック3つ以上探してね!

な~~~んだ。そんなのが魔力かって?!
そうなんです。それ?…を、平気でできるのが魔力なんです。
そんなの俺だってやっている?
だったら、あなたはすでに人間力を発揮する
戦略的能力を持ち合わせている証拠です。

ヒント:
①卵焼きの交換
②接客の秘密
③俺にだって、マニアって呼べるお客がいる。



13時30分から、ちょっと今日は遅くなってしまったが昼食をとる。
最近の昼食は、ここ1ヶ月ほど、自宅から持参の弁当を食べている。
この弁当も始めは、こずかい節約とスタッフ不足から
いつでも空いた時間に食べられるよう、
また外食に出かける時間節約からはじめた事だったのだが、
意外なアイテムになっている。
基本的には、夕食ぐらいは自宅で家族と一緒に!
と考えてはいるのだが、
仕事柄どうしても家に帰れたり帰れなかったりする…。
そんな時に弁当は貴重な情報源になる!
「昨日の夕飯はすき焼きだったんだなぁ~?」
なんてのは直ぐに分かるので、その日の家族との会話に大いに役立つ!


また、今日は実現しなかったが、
弁当を持ってスタッフと食事休憩をとる。
この時間が実にいい!
人はみんなそうなのだと思うのだが、
食事中の会話ほど弾むものはない!
普段の面談ではなかなか緊張して聞き出せない話なども、
この時間には自然と湧いて出てくる。


「昨日、私が箱を下ろす時に、海のおじさんが
『重そうやなぁ~?大変やなぁ~?
ごめんなぁ~ありがとなぁ~』って言ってくれて…☆」
「それなら、わざともっと重そうに持って、
しかも『うんしょ』とか『よいしょ』とか言ったら
自分でやってくれるんじゃなぁ~い??」(笑)(笑)(笑)

「私なんか、昨日また伊藤さんに捕まっちゃって…
○万使った!その前は○万負けたって…。
ずっ~と愚痴ばっかで…。
さすがに正直言って途中から辛いなぁ~?
って思っちゃったんだけど最後まで聞いてたら
伊藤さん急に笑顔になって…
『あんたに言っても仕方ないのに…ごめんねぇ~。
でもおかげでスッキリしたわ!』って言ってくれてぇ~☆」


「でも伊藤さんって変わったよねぇ~!
前は愚痴だけだったもんねぇ~!」
「うんうん!変わった!変わった!笑顔になったよねぇ~!」


こんなスタッフとお客の生の接客情報が自然と聞ける。
更には、食事休憩を利用した面談ほど
有効で自然な生な声を聞けるものはない!


「りえちゃんのそのお弁当の卵焼き!
おいしそうやなぁ~?ひとつちょうだいやぁ~!」
「えっ?えっ!そんな事ないですよ?
子供のお弁当を作るついでに
余分に作って余りを入れるだけで…。
人にあげるほどの物じゃないですよ?」

「そんな事ないよぉ~!おいしそうじゃん!じゃあ?
俺の弁当の卵焼きと交換しようよ?それならいいでしょ?」
「えっ!?う~ん?分かりました。」
(ちょっと昔を思い出し、学生気分で心地よい!?)(笑)

「わぁ~!部長さんの卵焼きおいしいですね!」
「ありがとう!うちのおふくろが作ったんだけど、
りえちゃんに褒められたって伝えとくよ!
りえちゃんとこのも、甘くておいしいね?
優しいお母さんの…?なんか懐かしい味がするね?」

(周りのスタッフも興味津々でほしそうに?羨ましそう?に眺めている?)

「みんなはダメ!だぞぉ~!
交換でもらえたんだから!なんかと交換してもらえ!」

(みんな大爆笑!!)

「部長!やめてくださぁ~い!恥かしいですぅ~」(笑)
「(笑)(笑)(笑)でもね本当なんだから仕方ないじゃん!
本当に優しいママの味がするよ!
こんなお弁当を作ってもらえる、ゆめちゃんはしあわせだね。
う~ん?なんかね、この卵焼き1つで、
りえちゃんの接客の秘密が分かった気がするよ」


「秘密って…?別にそんなのないですけど…?」
(周りのスタッフも興味津々でこちらを注目中!)
「りえちゃんの接客は温かくってとっても優しいんだよ!
そこが最高の魅力!この間のカウンターでも…、
あの時、中島さん相当ハマってたから?愚痴だったでしょ?
でも、中島さん笑顔で話してた!愚痴を笑顔で話させるなんて…☆
 あんな事、りえちゃんしかできないよぉ~!
正に卵焼きと同じりえちゃんの甘さと優しさにやられた証明じゃん!!」



「あっ!?あの時ですかぁ~?
部長!?見てたんですねぇ~?でも…。
私…。中島さんがすごい負けたって言うから…。
とにかく一生懸命聞いただけでぇ~…?
別に接客とか…?そんなつもりじゃなく…?」

「うん!それがいいんだよ!
その自然体が最高なんだよぉ~!
そうかぁ~!りえちゃんの接客の秘密?
甘さと優しさは自然体にあったのかぁ~!? 
おい!みんなメモしとけぇ~!!」
(みんな大爆笑!!)


「部長!やめてください!恥かしいですよぉ~!」
「でもね。とっても大事な事じゃん!
もう間違いなく中島さんはりえちゃんのファンだよ!?
でもここまでだとファンどまり!?
ファンからりえちゃんマニアにかえなくっちゃぁ~!」


「マニアって…!?」
「うちに来るついでに、りえちゃんに会おう!?
ってのがファンかなぁ~?
りえちゃんに会いたい為にうちに来るのがマニアかなぁ~?
おーい!みんな!ここポイントだから良く聞けよぉ~!
こんなマニアがスタッフ1人1人に10人でもいたら、どうだ!?
すごい事にならないか?俺はそんな店にしたいなぁ~?

パチンコ屋なのに、パチンコが目的じゃないんだぞ!?
君に会いたくて、貴方に会いたくて、うちに来てくれるんだぞぉ~!
スタッフとして最高の喜びじゃないか?
どうだ?俺だって自慢じゃないけど、
自信を持ってマニアって呼べるお客がいるぞ!
でも悲しいかな?全員おばちゃんだけどな!」

(みんな大爆笑!!)



「部長!?マニアに変えるって…?」
「おっ!?ごめん、ごめん!
肝心な説明がしてなかったよねぇ~?でも簡単な事だよ!
ファンにしてしまえば、意外とそこからは簡単なんだよねぇ~!

ポイントは自分から話しかける事!
りえちゃん試しに今度、中島さんに自分から話しかけてごらん?
負けてれば『がんばってくださいね!』って
自分から声をかけて応援すればいいし、
調子が良ければ『今日はすごいですねぇ~!』って
自分から声をかけて一緒に喜んであげればいいし…。

何も演じる事もないんだよ!?今の自然体のままで、
とにかくちょっとだけ勇気を出して、
自分から声をかけるだけでいいんだから…!」

「それだけでいいんですか?」
「うん!それだけでいいよ!
ポイントなのは『自分から!』って事!
りえちゃんもお客さんの方から、
いつもがんばってるねぇ~!いつもありがとねぇ~!って
言われたら嬉しくないかい?

それは向こうから話しかけてくれたからこそ、嬉しいんだよ!
人は人から話しかけられた時こそ、
最高に嬉しいんだと俺は思うよ!?
しかもそれがファンの人からだったら最高じゃん!ねっ!」


「そうですねぇ~!分かります!
今度…。ちょっと恥かしいけど…。やってみます!」
「ありがとう!お願いしますね。やってみたら報告してね?」
「ハイ!分かりました!」・・・・・・・・・・・。

「みんなも頼むでぇ~!」
「まぁちゃんはおじさん担当な!? 
実平さんは若い男を担当する?(笑)」
「無理!無理!?おばちゃん担当で・・・。」

(みんな大爆笑!!)


「なんだよぉ~!
みんなおっちゃんとおばちゃん担当ばかりだなぁ~?
でもそれがうちらしさだよなぁ~!
おじさん、おばさん専門店だもんなぁ~?????」

(みんな大爆笑!!)


こんな面談??もできるのが、
食事休憩を利用した面談であり、
お弁当効果?であると思っています。

昼食ネタだけでも…。
「どんだけぇ~!」「こんだけぇ~!?」長くなるものでして…。(笑)
今日はここまで!帰って寝ます!
こうちゃん!(笑)





こうちゃんの人間解析・・・・・・・・・・・・・・・・・は!
時間がないので・・・後ほどに追加します。



●たまご焼きとかけて何と説く?その心は?・・・↓ポチッと!
●やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!span>


●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-02-03 10:36 | ないないづくし戦略

こんな機械が低迷感を変える。この手の機械で出玉放出の戦略を組み立てていければ突破口がひらける!   



難波HIPSに行ってきた。

今日は競合定例勉強会と称して、ふらっと勝負に出た。
いざ出陣には、やはり腕まくりとアタマかきまくりで意気揚々・・・

勝負はやはり「パトラッシュ」しかない。
勝つか負けるかハッキリしているのがいい。
ちんたらまんたら・・・と、
やたらにイライラさせるリーチはストレスが溜まるからだ。


レンチャン時には

パッと積むテギワよさが堪らなく心を揺さぶる。

「レンチャンあと70!」のアナウンスにドキドキ感が募る。

「頼むから来てくれ!たのむっっつ~~~!!」この感覚だ。


「負けるのは簡単だが勝つのは大変だ!」

わたしの助手は、あっという間に12箱コースを走っている。
こっちはトンでもない坩堝にハマリ始めている。
不快な感触が体内にくすぶって、ジレンマから抜け出せない。

辺りを見渡すと玉のヤリトリ自由にあやかって、
玉箱の移動が激しい。
だからプロはオトナシク遊んでいる。
しかし、やたら横から話かけるプロがいるがあまり勉強にはならない。

ただシノギを削っている真剣さから、吐く息は一般客とは違う。
凄まじいまでの必勝法からか、ムダ打ちはしない。
打ち込むデータまでハンドルを離さない。
仲間の情報交換が雑踏の中を行きかう。


遊技客20人中6~7人はプロ、玉積みの殆どは、
プロ集団の30%が積んでいる。
体感割数をプロが高めていることに、
一躍かっていると肯定的な店長たちも少なくない。
でも真意はそうではない。追い出せないのだ。


・・・助手からのお呼びで隣に座った途端にビッグを引いた。
レンチャンしまくりで、周辺のお客からはヒンヤリした目線を感じる。
でも当人の優越感は頂点に達しようとしている。
この快感だ!最近は探してきた機械特性に、
出会えた喜びを少しづつ、あじわっている。


この手の機械で出玉放出の戦略を組み立てていけば、
稼動と売上の特徴づけに寄与できるような気がする。

中古でも良い
こんな機械で低迷感を突破できる
タイミングをつかむ切り口にしたらいいのに・・・

もったいないことを、している店舗が
なんと多いことか・・・



イッキに10箱を積む。換金で5万円。
負けた3万円は戻り、瞬間的に逆転!
だからパトラッシュだ!
それからが大変!2箱突っ込んでも応答なし・・・


その時に「サイコロ抽選イベント」のご案内マイクが聞こえてきた。
しばらく当たりは期待できそうもないので
イベント観覧をすることに方針転換した・・・

ルールは、サイコロの出目の数字だけ、
お菓子とパンとチョコレートをもらえるだけのこと。
しかし、150人の列ができている。
並んでいる時間も耐え難いが、
面割れしているのが気が引けてか躊躇した。

先着100人で区切られた最後の2~3人が来るのを待って並んだが
運よく95人か96人目・・・
サイコロは運が悪かった。
「1」の出目でお菓子が一袋。

いくら勉強のつもりでも「1」じゃつまらないと・・・
最後にもう1回チャレンジ、今度は「4」・・・
お客の気持ちになってイベントに参加できたことが嬉しかった。



大手は単純イベントでも遜色ない稼動をするが、
確かに見ていられないほど、幼稚すぎる。

弱小店舗はそこが違う。
弱小店舗はイベントも、チラシもイメージでは売れない。

イベントの作戦企画にお客を動かす仕掛けをつけよう。
作戦企画はエンジンのようなものだ。
弱小店舗のイベントでは
作戦のエンジンがあれば変化はきっと起きる!
証明済みだ!



●このような機械が低迷感を変える・・・↓ポチッと!
●やってみたら、わかることのが多いから↓ポチッと!span>


●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-02-03 01:04 | 釘の家庭教師