2008年 02月 06日 ( 2 )   

スタッフの「日報の発見欄」に、いつも心から赤ペンを入れている店長にエールを送りたい!   


成績をあげている、ちいさなお店には
日報から発見するものがいつもある。
普通に考えるとちいさな店だから、
わざわざ日報なんかと、思われるかも知れないが・・・
それを何年も続けている店だから・・・
スタッフが活気をつくっている。

以下、あるお店の日報の様式である。

日報年     月    日    曜日 なまえ
 
今週の座右の銘

今日の目標

解決したこと 

解決できなかったこと

//////////// ////////////// /////////////     
                     


発見  何を気づいたか (問題発見力・問題解決力)

(事実に遭遇し、ふと気づいた小さな法則や、
その事実をキッカケに「あ、そうか!」と
気づいたこと、発見したことを書きます。

それは問題解決をしようとしている
潜在意識が求めている重要な鍵です。

目標を達成するために「課題となっていること」、
また「課題解決策」を発見してください)

///////////// //////////////// ////////////////



教訓  何を自分の戒め、明日の指針としたいか (教訓化)  
   

明日の宣言  目的や目標、達成イメージ (明日の自分が行っている状態)


お客さまの声     意見・要望・こんな人がいた


ノートDEデート        あの人をほめてあげたい! 
いつ   だれが
なにを   どこで
なんで
どのようにしたか       詳細を聞かせてください


ふれあいアクション     お客さまに、感動の仕掛けをアプローチしてますか?
いつ  だれに
なにを  どこで
なんで
どのようにしたか      詳細を聞かせてください


どのようになったか     詳細を聞かせてください

//////////////// //////////////// ///////////////////



他と違うのは・・・・・・・・・・・・

発見を徹底していること。

そして、明日の目標を達成してるイメージを今日に書く。

日報に毎日丁寧にスタッフに語りかけるように、

「心から」ひとり、ひとりに赤ペンを入れている。
ある時にはすべてを終えて、
2時間以上も書き続けると、
いつの間にか夜があけていることもある。


その発見をもって、
いつもスタッフと親身になって面談をしている。
そんな店長のいる店は問題意識がつよい。

こんな時には、弱小店舗が踏ん張りをきかせて、
持ち上がるときの意気込みを感じる!!

機種と出玉に限界がある、
ちいさな単独店舗で
体感割数以上のものを
探し求めている!

そんな店長にエールを送りたい!


今後はナマのスタッフの日報のご紹介もできれば、
より、参考になって頂けるかと思います。しばらくおまちください


●スタッフの日報に心をこめて・・・↓ポチッと!
●1流の3流より、2流の1流があったかくていい・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-02-06 23:15 | ないないづくし戦略

切磋琢磨している、弱小パチンコ店舗の店長とスタッフに清き100票くらいは投じたい   



///////////// あなただったら、どうしますか??? ///////////////


郵便局のサービスはどこにも負けていない

普通、公共のサービスは悪いというが
郵便局のサービスは負けていない。
先達て不在証明書をもって近くの郵便局に行った。

郵便の受付係りに
「すいません。これ、どこでもらえば良いんですか?」
すると、係りは「これは本局で扱っていますので
今日中にもらいたければ、本局に、こちらで受け取りたいのであれば、
明日の午後以降ならばいつでも結構ですよ」・・・・・

少し聞き取れなかったのを察知したのか、
すばやく「こちらに取り寄せておきますので
いつでもいらっしゃってください」と手っ取り早く裁く様は、
お客を安心させるのに数分もいらなかった。




こんな郵便局ならば何回でも来たいと
思うのは当然なのかもしれない。
因みに、この郵便局はいつもお客さんで混みあっている。
お客さんで混み合っているのに、接客もサービスも良い。
お客さんで混み合っているから、玉箱も忘れた頃に持ってくるような
ある大型パチンコチェーンとは月とすっぽんだ。

月とすっぽんといえば、ビッグカメラを想像してしまう。
断っておくが非難するつもりは毛頭にない。
なぜなら、1週間に2~3回は集中的に行くときもある常連だ。

しかし、大阪は千日前のビックカメラでは不愉快な応対のため、
お客さんの気持ちを逆なですることがある。


お客    あのう、すいません・・・・・
スタッフ  今お客さんが待っていますので・・・・・   
   
お客    ・・・・・!?
    おい、おいこっちもお客ではないのか

偶然にもであった売り場責任者に意見をした。
あれは使えないよ。「すいません」といって、
走り去って行くような馬鹿がどこにいるんだ・・・と。

ずっと、前から顔なじみの責任者とあってか、
お互い~あきれたなっ!という、苦笑いで済んだが
これが急を要する大事なお得意だったら、
いちスタッフの失態が招く結果を
想像しただけでも鳥肌が立つ。



スタッフに応対の格差がある。
20代の若いものが中心で忙しくもなると
目先のことだけに捉われてしまうのだろうか。
少し、さえない気分と不愉快さで買わずに出てきた。

あなたはどのようにお考えですか?
あなただったら、どうしますか?

大手のビックカメラは完全に
売場面積10坪足らずの郵便局に負けている。
サービスは勿論、坪単価効果は
あそこの郵便局にはかなわないだろう。

ビックカメラこそ民営化?されなければならない
1流の3流より、2流のなかの1流のほうが
何か、肌身の暖かさを感じる。


そんな意味では、ちいさくても
お客さまサービスに一生懸命で、
稼動展開のチャンスをつくろうと
切磋琢磨している、弱小パチンコ店舗の
店長とスタッフに清き100票くらいは投じたい。


●切磋琢磨している店長に・・・↓ポチッと!
●1流の3流より、2流の1流があったかくていい・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-02-06 09:03 | ないないづくし戦略