2008年 03月 05日 ( 1 )   

「ふるい」にかけられて、あとは本物の人間しか残らないからだ。良くなってもらいたいから・・・   


///////////// スピードと本気が空回りしている! ////////////////

        -中部地方のある店の緊急会議でー


営業実績数値を絶対に理解しないといけない。
自分が書いて相手に如何に説明できるか。
パソコンのデータを見て、
実績を理解することから改革の初歩が始まる。

「やったことがない!」それもわかる。
しかし、それよりも本当に店を変えるつもりがあるのか。
本気な人間しか、私は相手にしない。

モタモタするのも、みなさんの自由であるが、
自分で決断できない人間は
お客さまにも良い価値は提供できない。


5分考えてできないことは、
5日かかってもできない。

何で思い切ったスタートをできないのか。
今いてくれている、お客さま20数人に
戦略を配って、興味をあたえる。
これができなければ、
40人のお客さまを呼ぶことなど、到底ムリだ。

約束のサインしよう。
やるなら、本気でやろう。
本当に人生を変えよう。


わたしはきつい。
なぜなら、厳しい現実のなかでは、
フルイに掛けられていく世間であるからだ。

あとは本物の人間しか残らない。
わたしは見えたことについてはパッと言う。
本当に良くなってもらいたいからだ。
奇麗事は一切いらない。


海物語のコースに稼働率40%を
つけた時からT店の改革は始まる。

メインコースに平均客数を
22人つけた時が改革のスタートだ。
そして「メイン2」にも30%をつけた時からは
本当の夢を語れる時になる。

それからのT店はダイナミックに動き出すだろう。
そのために今はひたすら、自分との戦いである。
勝つまでは我慢することだ。


その戦いに武器を持って望む時なのである。
でもその武器がない。

競合に新台入替の風が吹けばすぐに、
飛んでしまうような、不安な実態に
最大の危機感を持つならば、やることをしよう。

人と違うことを。人とは違う発想力と企画力を
今すぐにも、身につけることである。

「明日からする」は「明日もしない」ということだ。
すぐやる!できないと言って躊躇しているような・・・
許された時間が限られている。


T店の約束①②を守り通うそう!
やったり、やらなかったりはやめよう。
決めたら先ず、決めた通りに、やって見よう!
これができれば成績は変る!


ひとはリセットボタンまで押してはくれない。
腕と頭を生かしてとにかく、スピードをあげよう。

取りあえず、メインコースに40%つけて、
他のコースに30%でもつけられるならば、
T店には軌跡が起きる。

自分が何人のお客さまを喜ばすことができたかを
いつも、メモしよう。戦略日誌をつけよう!
それができない人間にはT店を変えることなどはできない。

現に、1ヶ月で、できたことは多い。
それは評価できる。
しかし、それは改革を促進するには幼稚なレベルとしか、言えない。

勝手に変えるのはやめよう。
決めたことを決めた通りにしよう。
それを具体化するのは、活発なほど良いことである。
それができなければ、
成績のスピードとタイミングは崩れるばかりである。

成績のチャンスがあるのに
成績を自ら逃がしている


本当にがんばってほしい・・・


●本気とスピードのからまわり・・・・・↓ポチッと!
●1流の2流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ↓

[PR]

by pyuaraito | 2008-03-05 19:43 | 弱小ホールの悩み