2008年 05月 08日 ( 1 )   

いま、おばちゃんたちの換金率も揺れている!   

いま、おばちゃんたちの換金率も揺れている  2008.5.

昨夜遅く、東海地方に激震が走った!!
釘騒動である。
かっては、パチンコ経営者市場が競り合った、
月間200万円高額所得者とも噂された、
カリスマ釘師の一番弟子との電話対談である。

深夜のことではあるが互いにアツっぽく、
釘と換金率問題に花が咲いた。
「釘職人H」の才能を生かす時期到来を予期して見せたが・・・
換金率とおばちゃん軍団に心を痛めている。

近隣店舗に競合がヒシメク中でも、いまだにというか、
俄然と42個交換を固執している彼なりのワケがある。

台数300台に満たない小規模店舗での
遣り繰りの主客はおばちゃんに特化しているからだ。

通常で女性客比率15%未満の常識を完全に覆す
35%から40%の平均値を誇っている時期もあった。

あるピークの一時には、ここはスーパーの買い物客か・・・と、
目を疑うほど、おばちゃんでごった返しているから凄い。

あるピークの一時とは・・・
昼頃から夕暮れにはおばちゃんの占有率が
男たちを逆転してピークを迎える時間帯のこと。

そして・・・
土日の昼過ぎともなると、昔のお姉さんに現代のお姉ちゃんも
加勢して女性専門店を彷彿させるほどのもの。
この時のおばちゃん占有率は60%を超えて70%を競う時もある。
勿論、換金率だけではない、
おばちゃんの集客法である独特な誘惑手段が、
口コミを広げて行った功績は大きい。
その口コミのウンヌンについては・・・
ひと言で大袈裟に思われるかも知れないが、
「秘法」と呼べる戦略根拠が裏づけされているから頼もしい。

その反面で42発交換の特質した妙味を引き出す秘訣が、
遊ばすという調整の手段でもあったことも、確か・・・
しかし最近、その単独繁盛店にも陰りが出てきている。

業界世相の荒波は容赦なくこの店舗にも襲っている。
「遊ばす」という意味の解釈とか概念にも
曖昧さを背負いながらの暗中模索の時代に突入した。

全国的にあっという間に波及した1円パチンコでも、
もうすでに悩みと不安が賛否両論の壁をつくっている。

ただ、素晴らしい職人気質にしても、
42発のボーダ回転数を夢見る、
可愛いおばちゃんたちには、かなわないのか・・・
それとも敢えて席を譲る優しさとのハザマで悩むのか、

この店舗にも絶対的支持を得た、
42発の希少価値がいよいよ幕を閉じようとしているのか。
華やかに時代の遊び感覚を色とりどりして
魅せつけた最後の砦のような気がしてならない。

この店舗の遊びを飾ってきた、
スターおばちゃん達も揺れている・・・

そんな、今日この頃が試行錯誤して目に映るようでたまらない。
どんな形にしても、また輝く姿が見たいから・・・

42発のボーダラインの示す、スタート回転数が
おばちゃんの脳裏をかすめては、
高価交換を許すまいというなら仕方ない


おばちゃんたちの換金率!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-08 00:27 | 釘の家庭教師