2008年 07月 17日 ( 1 )   

大海スペシャル372台を初め、新台入替総台数1.100台の大型入替が賑わいを見せている・・・   


大海スペシャル372台を初め、
新台入替総台数1.100台の大型入替が賑わいを見せていた。
なんと、1.100台の入替えは全体の60%にもなる。
通常のリニューアルでは見かけたことのない大胆さである。
海シリーズに特化しているフロアは壮大なイメージがする。
今回ばかりはチャンスにしたいと意気込みがわかる。
今までの改装とはケタ違いの
本気の出玉を出し続けると公約している。
特大スケールのチラシには「とんでもなく変わります!」とある。

大海スペシャルの372台の入れ替え!
これは正しく「大海スペシャル専門店」である
甘デジコーナー295台の新設。
ペアシートコーナーの新設。
1円パチンコ増台は240台に。
スロットは大幅減台で251台に。

最大の台数を最大限に活用した販路を展開したことになる。
この着眼点がポイントのような気がする。
戦略の真髄にあるのは、行き先に翻弄している、
業界の矢先にいち早く標準をあわせて、
多様化している客層をひとつの箱の中に網羅して、
多彩な業態を駆使して披露したことには
一定な評価ができるのではないか。

手馴れた作業工程が浮かぶほど場面が想定できる。
見事なものだ。
そして身軽な方向転換には感心する。

確かに箱造りと祭りはうまい。
問題は祭りが終わった後である。
祭りの後が苦手なようだが・・・

通常営業における戦略のカタチの形成とその運営に
総力を傾けていく手立ては、どこにどれほど貯蔵されているものか。
人間力の本質的な体質の改善と潤滑な組織の活性化が
お客さま視点に内面から響いていくように
競争過密な地域特性では切迫したテーマでもある。


台数には台数で、
機械には機械で、
イベントにはイベントで、
出玉には出玉で、
ハードにはハードで、
ぶっつけていくのは相変わらずである。
マネーゲーム化した大手の方式には
パチンコにおけるチェンストアー理論の崩壊が物語っている。

しかしソフトもハード式に切り替えてしまうヤリカタは
業界大手の限界なのか。
この頭脳の限界には頭脳でしか対応できない。
二の舞、過去の徹を踏まなければ良いのだが、
どうも今回も老婆心ならでわの、ちょっかいもして見ようとしたが
そんなことでは済まされないような気がする。
「変身」は「変心」であるべきなのだが・・・
心まで変えていく転換がどこまでされて来たのか。
心の限界にも、心でしか対応できない。

オープン時期からしばらく、箱造り業界の常識を覆しては、
地域を震撼させた巨大店舗の華やかさは、とても話題を呼んだ。
それがなぜに、砂上楼閣の如く哀れな失態を招いてしまったのか。
当然、教訓を踏まえて一新すべき気概が伝わって
今日の1.100台の史上最大の新台入替と業態改善の
大胆な試みとなったのは誰にでもわかりやすいが
急落の原因が見えない。

今日の営業の瞬間でも
過去の営業の仕草を引きずったままにある。

地下道からビルへ
ビルから地下鉄への抜け道は
繁華街の通り道としても最高の近道である。
しかも店内を通過して通行人がエスカレータで搬送されていく
最高の立地条件である。

建物の構図の欠陥であるのか
らせん状を描いているせいなのか
行き止まりに出会ったり、
やたら来た道を堂々巡りしたりで巨大迷路のようで
見学には事欠かないといえば、失礼になるが
現にエスカレーターのお客様の見学コースのようになっている。
なにも失礼なことではなく、お客様のムキを換えるのには
最適な条件がいっぱい詰まっているように感じている。

この迷路に道順をつける者がいなくては、
折角の販路の差別化もムラが多く落ち着かない
この巨大迷路にインフォメーション係りが
ひとりも見当たらないのが不思議でもある。
でっかなチラシに、でっかな入替えなのに
行ってみるとでっかな案内がない。
案内不測である。

ただただ、作業に追われているスタッフ!
客付きは大海スペシャル90%!

300台規模の店舗が3店舗も同日に
グランドオープンを仕掛けたことになるが
はたして、過去の急落のイメージを払拭できるだろうか・・・

初めてお目にかかる人は膨大な規模に圧倒されている。
本当はパチンコデパートと言いたいが、大きいだけがいいものではない。
大きいだけなら、パチンコのディスカントショップでもいいだろう。

その価値を判定するには大して時間はいらない。
何が変わったのだろうか。見当たらない!?
海のヘソは12.75あたりか、目だって見えるが
保留3~4個で馬鹿ダシではないが
ひさびさの客数で玉箱はかろうじて格好はついている。
6月の入替え自粛の反動で、
ストレスとうっ憤がイッキに噴出したのか、
着眼した視点には意義を添加したかに見える。
・・・が、今後の行方が気になるところである・・・

あなたはどのように思いましたか・・・


****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

問題は祭りが終わったあと!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-07-17 10:28 | 釘の家庭教師