2008年 07月 24日 ( 1 )   

大海SP*大当たり0回、スタート1224回、5回/分との戦い   


1.注目すべき必勝法の参考

(1)爆発マグマー(レンチャン)
継続回数6.11.10.9.13
継続平均≒10(9.8)

(2)大当たりしたスタート
246(大当たり11回)…
342(大当たり11回)…

1224(大当たり0回)…
その後の爆発力10回前後
1704(大当たり0回)…
その後の爆発力10回前後

わたしは運よくすべての台の挑戦で
終了時には5箱から10箱で
採算も喜ばしい結果になったが・・・
ひとつ間違えれば大損害の悲惨さを
経験することは間違いなかった。


2.わたしが救われたのは次の通り

(1)平均爆発力は10回前後と見て走ったこと。
(2)回転数は保留ランプ表示3回転の確保をすること。
(3)台の選定をふたつに分けて見たこと。
① 200~300回転の台
② 1000回転以上の台

1000回転以上のハマリ台を敬遠している中で敢えて
挑戦することは周囲のお客様にも、身をもって
証明したかったことが回転数と波という、
最大関心事であった!


3.大当たり0回、スタート1224回、5回/分との戦い

とくに1704回転で初当りをした台は4.8回/分の
厳しい条件の展開の中でも勝ち取った記憶すべき
お客様視点の貴重な体験である。

また、1224回で大当たりを引いた台は、
わたしの面通にもかかった勝負でもあった。
それは、これからわたしもモニターの旅にでますと
公言した直後に恥じさらしはとても許せなかった
・・・という、気概からとにかく「へたな釘」に
つき合わされながら、まわらないスタートの
ストロークに目一杯の神経を傾けた。ただ、勝つんだと!
完全にモニターを超えたお客さま感覚に慕っていた。


4.まわらなければまわしてみようホトトギス

まわるスタートがなくてもどうしても「大海スペシャル」に
座りたいと思うならば、釘はわからなくても
とにかく、まわるストロークを探すことである。
釘と玉のながれ調整が下手だから、
逆にお客様としては有利な条件でもある。
ストロークの微調整でまわせるスキマが結構みつかる。
このような釘調整はプロにはもってこいのタイミングであり、
一般客にとっては大損になりかねない。
その辺を店舗側でオモリ仕切れないでいる。
わたしはそのスキマで勝てるチャンスに恵まれた。


5.窮地に落ちたらあとは「きゅい~んまかせ」のお祈りを熱心に

そして、それは「フラッシュランプ」のキュイ~ン音に
左右されていることを自ら体感したかったことにある。

レンチャン継続率=フラッシュキュイ~ン音の関係の解明的なものである!


6.これからの私の第2弾モニター生活

主なテーマーは「パールフラッシュを追う!」
①パールフラッシュの出現率
②フラッシュ前とフラッシュ後の変化
③フラッシュ貢献度
④キュイ~ン音と振り返り度
⑤大海SPの釘
*打ってはならない警戒信号の台はこれ!
*うってもよい無難信号の見分け方


7.大手には釘で勝てるスキがある。

弱小店舗では釘で勝てる。
大型店は釘が大雑把
大型店は釘のできるひとが少ない
大型店は出し方が出玉オンリーであるから
上手い調整と作戦の裏づけで突っ込める

大丈夫ですよ。
少し前大手のチェ~ンの店長との大喧嘩で、
やめて次の店舗に移るやつから電話があった。
この大手のしがらみを必ず実践で物言わす、と言っていた。
大手の店長に負けない気構えがあればこそ!
負けない自分の「必勝法」をつくるのが勝ちなんだなあ・・・

大海スペシャルの「必勝法」に群がる
熱きフアンの生き様のように・・・


****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

大当たり0回、スタート1224回、5回/分との戦い!・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-07-24 14:32 | 釘の家庭教師