2008年 08月 13日 ( 1 )   

内部崩壊の前に手を打ってくれればいいのですが・・・   


現場から届いたニュースです。以下前文をご紹介します。

*******!?********!?*******


『グループ化しているスタッフたち』

グループ化している、これはただ事ではないのです。


Aグループ・・・

前に出て物を申すタイプの方々、ほぼ社員であり、
その中でも意見を許される権威のある人たち。
指図をするのも皆この人たちである。
しかし、いざホールでの仕事ぶりを見ると
横柄になっており雑で、
実はアルバイトの方よりもできていないのが現状。
なぜかアルバイトからの信頼は厚い。
でも影ではどうなのだろう??


Bグループ・・・

特に意見するわけでもなく、かといって黙ってもいない。
ほぼ社員で構成されている。都合が良いタイプ。
このポジションが一番楽でしょう。
上からのことには、はいはいと聞き、
下に対しては強気の態度。別に失敗しても怒鳴られない。
それは下のせいにしているから。
何か物がないなど小さなことでも、
私は知らない下の奴のせい、と言う感じ。
仕事ぶりはいたって真面目という感じはあるが、
やはり初心の心はないようだ。
下のものからはかなり批判されている。


Cグループ・・・

ひたすら言うこと聞きますタイプ。
しっかり働き、意見は言わず、
従っているだけのスタッフたち。
社員とアルバイトが入り乱れている。
とりあえず話は聞いてもらえないと思っているので、
誰も不満を言葉にしない。
Bグループの方々への不満はたまる一方。


Dグループ・・・

仕事ができない、
教えてもなかなか覚えられないアルバイトさんたち。
ここの人たちは常にいじめ的なことになっている。
それはどういうことかといえばホールでの孤立、
事務所でも話しかけられない、いやみを言われる・・・など様々。
インカムで飛んでくる言葉も、
伝わらないようなあきれた言い方で
注意されているのを常に聞いている。
5割がたすぐにやめていっている。
(自分がここに来てからはすでに4人がいなくなった、
しかも連絡不通)


大まかに言えばこのようになっている。
そしてこのA~Dグループは
そのグループ内しかほぼ会話しないといってよい。

これを皆さんはどう思いますか?

自分は非常にまずい職場環境を作っている
1つの要因だと感じています。
上下関係はあってもよいとは思います。
しかしそれが行き過ぎていて、
スムーズな会話も生まれてこないようでは、
一つのチームとして成り立っていないと思います。

報連相はありえない状態。
しかもその上差別までおきてきている。
人を育てるとはよく言えたものだと思ってしまいます。
Cグループの人たちまで、不満はあるが、
それでよいのだとあきらめてしまっています。
僕はDグループに入ってしまっている人たちに
声かけをするように心がけています。

一つの例をあげれば、ある日、
新人さんがインカムが聞き取れていないことを睨み付けて
言葉もなしに罵倒しているAグループの社員がいました。
インカムを聞き取れないのは決して
Dグループの○○さんあなただけの責任ではない。
セカセカするようなインカムを、
聞き取りづらい口調で話す

Aグループの○○さんのほうにも
考えなければいけないことはあるだろうと思いました。
どうして聞いてくれないのか?
それはどちらにも問題はあるのに、
なぜ下級層の人だけが考えなければいけないのか・・・
自分はあんまりにも頭にきたので、
直接そのAグループの○○さんに言いました。

しかしその後も続いています。
2人で考え改善してほしかったです。
このような場面が多くみられ、
個人的集中攻撃につながっている場面も見られます。
内部崩壊の前に手を打ってくれればいいのですが・・・
以上今日の報告です。

********!?*******!?*******


実はこの現状は、ある巨大チェーン店舗の実情です。
どこにでもあるような組織内部の人間図ようだが・・・
普通なら内部崩壊寸前!?・・・なのだが・・・

みなさんのお店はどうですか?
いま一度見渡してみてはいかがでしょうか。


****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

普通なら内部崩壊寸前!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-08-13 09:11 | ないないづくし戦略