2008年 10月 02日 ( 1 )   

ミドルミドルミドルと追いかけても空席はうまらない。   


ミドルミドルミドルと追いかけても空席はうまらない。



ミドルミドルに振り回されてはいないか。

MAXに稼動をつけてしまえば、
あとの機械選定と機械代が楽になるのに
まず、そんな発想をしないか、
ヤリカタを間違えてこけてしまうなど、
この辺が限界でこれ以上は進まない。

まあ、様々な原因があるだろうけど、
ビッグイベントで本腰の玉だし期間とか、
最高のタイミングのリニューアルオープンでさえ、
それらしい構想はしても
せいぜい、一時の祭りで終わってしまう。




MAXのつかない理由はいくつかある。
機種と客層を見分けていない機械選びに片寄っている
店づくりのプランが鮮明でない。
活用法を知らないなど、
10年前を繁栄させた店長たちの中には、
この手がかりがよみがえって来るだろう。
出玉放出の運営の仕方を知っているからだ(詳細は省略)

本当に使えるMAXタイプは年にせいぜい3~4機種しかならない。

機械寿命を短命に仕向けているホール現実とか、
業界世間の間違った考え方が邪魔をしている。





機械を見る目がないのか
見る目はあっても機械代がないのか。
最悪なのは機械代があっても、
見る目がないこと。





ミドルは次から登場するので入替えも頻繁になる。
だから少し前の新台はいきなり空席化を余儀なくされる。
稼動抜群な機械がある日から、
着席がマバラになる。

たとえば、大海スペシャル入替えから
エヴァンが落ち、慶次が落ち、
冬ソナも落ちて沖海もドンと稼動急降下。




ミドルミドルミドルと追いかけても
ミドルの空席はうまらない。
このパターンがクッキリとしている傾向が
責任所在をぼかしていく。

慌てて玉出しに掛かったものの、割数が喰われて混迷する。
仕方なく大海SPをシメに行ったら、
お客様から見離されることに・・・





弱小店舗の店長からすると、
なんと、羨ましい限りの失敗のできる現実が
ウソのように思えることだろう。

それでいて、大したとがめもうけないならば、
やり得ではあるが
遣り甲斐があるのだろうか。





なすスベもなく、放置されて行く。
出玉1550~1600で営業した機械を
本来持ち合わせの1700で使って見てもいいはずだが
もう駄目だと見切ってしまって、チャレンジする気配もない。




新しいものがすべて良いという考えからだろうか。
こんなことをいつまで続ける気なのか。
機械入替だけが「自頭」を洗脳して
マンネリの作戦が繰り返されている状態は正常だとはいえない。






日常茶飯事で見かける光景であるから、
我々と身分が違うと言われてしまう。
弱小店舗の店長たちにも
とがめなし、ハンデイなし、責任あいまい・・・なら、
一度はこのような爽快な失敗を
経験させてあげたい。




****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

ミドルミドルミドルで!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-10-02 11:04 | 釘の家庭教師