2008年 10月 29日 ( 1 )   

来年以降の自粛について   



1.自粛アンケート結果によると

東京都遊協のアンケートによると、
来年も入替自粛を実施すべきが、6割に達した。
自粛期間中の稼動は「変わらない」「よかった」
「非常によかった」まで含めると8割にもなる。
機械代は「大幅減少」「多少減少」とで全体の7割。


来年以降の自粛について


(1)賛成派の理由

機械代の削減になる。
機械代コストを還元できる。


(2)反対派の理由

自粛期間前後に入替が増大するだけ。
稼動を入替に頼る他すべがない。
客ばなれを誘発する。


予想外は
稼動8割が現状維持かよかったということだ。
170ホールの回答結果であることから、
ほぼ本質をついていると思えるがどうだろうか。




2.稼動をささえた客離れの悔い止め対策


反対派の理由にある、
「稼動を入替えに頼るほかない」というのと、
「稼動がわるかった」を圧倒的に引き離して8割にも接近したのは、
営業努力の結果が示すものであることは言うまでもない。


しかし、残念なのは営業努力の機軸が
旧態依然としたことには落胆を隠せない。
「イベント一辺倒」「チラシのばら撒き」「過剰な出玉」により、
辛うじて客足を維持した店舗も少なくはない。

どのようなイベントを、
なぜ、その時に
どのような仕掛けとなると
問題がありすぎる。

チラシもそうだ。
作戦なきチラシばら撒き合戦が氾濫したことも
反省におおいに値するように思える。
ならば、反対派2割の言い分の
「客離れの誘発」の悔い止め対策が
仮に新台入替の代わりに膨大なチラシとイベント費用だけが
先行された裏返しにすぎないとするならば、
反対派の言い分にも一理ある話ではないだろうか。




3.争点は機械代

反対派の新台入替に頼るしか、すべがないとうのと、
賛成派のチラシ、イベント、出玉合戦が自粛を凌いだのを
見比べると機械購入費が突出して見える。
でもこれは機械代圧縮の一時しのぎで根本策にはならない。
ここでの共通項にはカネをかけるか、かけないかであり、
もしこのような表面的な評価で優劣を決めているとしたら情けない。

新台入替を1ヶ月しなくても稼動が落ちなかった、
裏の裏舞台にはカネ、モノだけの量的観点では計測しきれない、
アタマ、ウデ、ハートの人間力の質的部分で勝ち取った
弱小店舗の汗水流した戦略の結晶が含まれていることを忘れてはならない。

知能聡明で人柄も良い有望な店長も多くいる。
このような自粛を慎むのではなく、逆転の尊いチャンスと捉えて、
同じ土俵で戦えば、負けはしない気概を証明してもらいたい。
カネ、モノの同条件ならば、弱小店舗の店長の勝ちと断言して、
いえるように堂々と胸張って精一杯を挑戦してもらいたい。




4.今後の自粛に不安

ただ来年に自粛があったとしても
今年のようなカネ、モノ作戦だけでは
稼動の低迷を招きかねない不安がある。
昨年と今年の業界は大きく変わった。
今年と来年はまた違う。
厳しい激動はつづく。

それなのに、長年に渡って変わらないのは
「機械入替の神頼み」であり、
「チラシのばら撒き」と「イベント乱発」・・・・・・・

チラシ屋さん、イベント屋さんと機械メーカーだけが大儲け。
ホールは自粛期間にも、スレスレ営業を強いられていた。
本質的に何も変わってはいない。
このことに違和感を覚える人は
少なかったのではないだろうか。

この自粛の時に真価が問われたのは誰だろうか!?・・・・・・・

悲しいかな自粛が自分を見つめる唯一の時なのかも知れない・・・・・・・






****************無料相談室****************

ご相談メールに
店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallを記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。
相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

来年以降の自粛について?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-10-29 11:08 | ないないづくし戦略