2008年 12月 18日 ( 1 )   

男の涙が語っている・・・くらげっち残念!   


1.くらげっちに賭けた男の涙

あまり泣かないはずの男が泣いていた。
感極まって泣いているのではない。
残念で、悔しくて泣いたのだ。
くらげっちに賭けた男の涙である。

モデル店舗でくらげっちに、はじめて出会ったときに、
一瞬、姿が消えたかと思うと、
近づいてきて耳元にささやいた。
「もう注文しました!ドキドキするんです。この台!」
「えっ、なんと早い~」
その決断と行動力には潔さを実感したものである。
地域一番の導入。
意気込みは誰にも負けていなかった。

箱積みした出玉を渡すと、
「いえ、自分のおカネで打ってみたいんです。見えてこないから・・・」
あまりに筋の通ったひと言に絶句した。

こんなヤツを弟子にもった満足感が充満していたのだ。
どこかの中途半端なカバンモチとは雲泥の差があるから
余計に頼もしくもあったのだ。
人間にははずしてはならない最低の道理がある。
裏切らない人間が裏切られた場面に
出くわすときのパターンにはいろいろあるが
前向きな人間に共通している様式といえば
割り切る、一線を画すという一般的なものとは別に、
悔しさや悲しさを自分の生き様を断固通すことで
ずば抜けた変化をつくっていく凄味である。

だから「限界をつくらない!」立ち直りの強靭な精神がみなぎっている。





2.先日、店長から切羽詰ったメールがあった。

「くらげっちの件は本当に残念です。悔しいです。これからだっていう時に…。

昨日はそんな思いで寝れませんでした。

今日からくらげっちを止めました。
今日だけでも怪しい?と思われる客が
確認できただけでも9人ほど来て直ぐに帰りました。
常連客の中には本当にファンになってくれた方もいて
丁寧に説明し理解して頂けましたが残念がっていました・・・」





3.そのまま注意しながら営業の店舗

徹底的に対応し遊技前に油確認、大当たり時にも確認、
大当たり終了時にも確認、遊戯中にも少しでも怪しいと
確認といったように専属スタッフをつけてやっている
ゴトは減っているとの話も聞く。
徹底的にやりすぎて、
ホールの雰囲気の殺伐とした感を助長し過ぎなければよいが
強行的な態度のヤカラが来て
強行的に行い警察に通報した事例も出ている

このような難関のなかでも現存して功績を残しているホールもある。
先日、2時間ばかりの会話があって、データを確認した。
ゴトを基本的に排除している。
台売8万円を売り続けている。
しかし、
今後はそんなホールが増えているだけに不安な状態だ





4.釘をガチガチに閉めたホール
ゴトもいないそうで
もちろん一般客も遊技しておらず、ただ置いてあるだけの状態だ





5.撤去の方向で考えているホール

ある地域では全体の50%ほどらしい?
このまま止めたまま年末年始を迎えられないし、
かといって待っていても、
もう年末の最終入替書類提出期限は直ぐなので、
急遽はずす予定だった台を残しくらげっちをはずして
入替に切り替える予定をしている店舗の複雑さが何とも言えない。






6.問題は二転三転

二転三転と急場を繰り返したが
とうと、念願は叶えられずに歯車が軋んでいった。


問題は
ゴトなのか、
メーカなのか、
ホールなのか。
検索する余地はまだある。

はたして、夢は儚く消えてしまったのか
今日も千葉県からの問い合わせがあった。
必至だ。前向きだ。
彼の誠心誠意に吸い込まれていった。
電話のヤリトリがしばらく続いた。
彼はこの機械の醍醐味と差別化にふれていた。
まじめな会話を気楽にできた心地よさが伝わってくる。
ありがとう!
千葉県の○○さん、がんばって!
必ず差別化をやり遂げましょう。






7.男のロマンを追いかけていた。

大袈裟かもしれないが
そんな相通ずるものがあった。
約束した
モデルをここから発信することを。
そして成功裏には
彼はあと10台の増台も考えていた。

もっといきがってほしかったのに・・・
もっとがんばって釘師をしてほしかったのに・・・

本当にくやしい・・・


そのすべてのシガラミが
くらげっち2号登場の暁には競合の追随を許さない、
成功の保障の担保にされることを切に祈っている。



c0157433_19252241.jpg

****************無料相談室〔くらげっち教室〕****************

いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


男の涙が語っていた!!・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-12-18 14:45 | 釘の家庭教師