2009年 01月 18日 ( 1 )   

この店では、もう取り返せないと、思ったとき・・・   


弱小店長さんへ



お久し振りですね。


なるほど・・・と頷けるようなことばかりですね。

「出ないというよりもこの店では、もう取り返せない」
と、思われたときが遊技客の減少の始まりとは、
大変に興味深いところであり、研究の余地が多分にありますね。


最近では滅多にお目にすることのなくなった、
軍艦マーチですが
「勝ってくるぞと勇ましく誓って家を出たからには、
負けられません。勝つまでは・・・」ですが・・・


負けて店を退散するときの悔しさ
吹っ切れないもどかしさや、はがゆさを
幾度も経験した庶民パチンカーの姿が浮かびますね。
そのようなお客さまの後姿に、
店長のいうような悲しさを感じるときがありますね。


だから、あの時にやめれば良かったのに、追いかけて・・・
女房と喧嘩してあと1万円もらったのも全部すってしまって、
今日は、取り返そうとしたがするほど・・・なんてこと、
良くある光景ではあるが無心に見ることはないでしょうか。


みずから自分の弱さを嘆いたり、
あんな、店には2度と行かないとぶつぶつと言っては、
後ろ髪を引かれる思いで自問自答をしながら店を後にしていくような・・・
お客さまの背中が淋しそう・・・


そんなお客さまの心境の支えになれるような
出玉のヤリトリがどこの店舗にも不足がちなのはなぜなのでしょうか。


お金の喜びよりも同額を奪われる失望と悲しみといえば・・・


どこでしめて、どこで還元してというような、
綱引きのようなヤリトリは出玉量だけのぶっつけだけでは、
惰性的になってしまって・・・

取り戻すチャンスや
納得のいく負け方みたいなモノが
今だから大事なことの様な気がしてなりません。




****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


この店では、もう取り返せないと、思ったとき・・・!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-01-18 00:34 | 釘の家庭教師