2009年 02月 14日 ( 1 )   

ある班長の競合分析   


ある班長の競合分析

競合衰勢の2弾の一部抜粋のご紹介となります。
何かの参考になればと・・・
************************


1.N店動向
まずNという店で、台数はP310S120、平均時間客数は90くらい、
ピークが12時でピーク時客数は約200~230、
この店は90台が①パチ、20台が②パチとなっています。
稼動メインのほとんどが①パチ②パチとなっています。
なのに、最近マックスタイプをメインに持っていこうとする戦略にでました。



2.U店
二店舗目がUという店で、台数がP250 S80となっています。
①パチ②パチはありません。
平均時間客数は100くらい、ピークが15時~16時にきて、
ピーク時客数は220となっています。
戦略方向性としては、最近甘デジコースを増設したりして、
土日も甘デジイベントを絡めたり、甘デジ重視と考えられます。



3.T店
最後の店舗がTという店で、台数がP400 S120、①パチが60台ほどあります。
平均時間客数は約200、ピークが夜19時くらいに来る傾向が高く、
ピーク時客数は310くらいとなっています。
①パチは、日中稼動が8割以上キープしているのですが、
ピークは①パチの稼動が減少した夜19時、
ピーク時稼動が高いのはスロットとマックスタイプとなっています。



4.共通点
共通点は、①パチ②パチは日中しか稼動は期待できない地域であること、
店ごとにマックスタイプ、①パチ、など打ちたい機種が決まってきていることだと思います。



5.自店
自店はというと、P410 S160、平均時間客数は180、
ピークはだいたい14時で、300くらいです。
①パチ②パチはありません。自店はマックスタイプがつよいと考えます。
店によって機種的な特徴がでているとは思いますが、
N店だけは、お客様の期待の逆の戦略を無理に進めていると思います。



6.総合分析(前回掲載のもの)

今日を例にあげると、自店の他に、A、B、Cと三つの競合店があるのですが、
A店は12時がピークでそこから稼動は伸びず減少する、
B店は夕方16時がピークでそこから減少、
C店は夜19時がピークでラストまで稼動ありなのです。
自店はというと、昼14時がピークで夜はめっきり弱いという特徴があります。
他店調査にいくと、これがおもしろく、同じお客様が移動していっているのです。
それでこの辺の地域の特徴がわかった気がします。
まず、交換は比較的早く頻繁に行われている。
そして非常に流動的なお客様がおおい=固定客が少ない。
ということは、日によって、稼動変動が激しくなるときは
皆の店舗が同じ変動をしている、もしくはなにか手を打っているときだ。
(どこかだけ、帯店時間が長くなっている可能性がある)
なかなか今までこのように流動的な店はなかったので、
けっこうおどろき、戸惑いではあります。
このような場合どのような、手を打つのがよいのでしょうか?
帯店時間を伸ばす作戦がよいのか、
現状維持で新規客を捕まえるのがよいのか?
いろいろあるとおもいますが、
自分なら帯店時間を伸ばす方法を考えるのがいいと思います。どうですか?



***********************
以上、
ここには大変に貴重なヒントがあるように思います。
特に弱小店舗ではある時間で流されてしまう傾向が激しい地域があります。
班長レベルで問題意識がこの辺の基礎があるべきで、
この班長は有力な幹部候補となるでしょう。
1店舗に戦略とリーダシップに優れた幹部が3人(店長級)がいれば苦しくても突破できる。


****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


班長の競合調査!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-02-14 16:48 | ないないづくし戦略