2009年 04月 13日 ( 1 )   

朝風呂がなくなれば、もう行くことはない   


朝風呂がなくなれば、もう行くことはない



1.朝風呂に行ったが気分はいまひとつ


いつからだろうか。
風呂嫌いな自分が風呂に凝り出したのは・・・
風呂の採点をするのは本意ではないが


朝風呂に誘われてついて行く。
下駄箱のカギがつぶれている
男湯は2階で、女風呂は1階にある。
エレベーターを誘導されて
「えっ!エレベーターがあるんだ・・・」と感心したのも束の間。
タイルのフィルターが、めくれて足に引っ掛かる。
騒音とともにゆれて、危ない感じがした。


湯船のタイルもはがれて砂利が
湯船の向こうに廃材などがあって、くつろぎを殺ぐ
盗難にはご注意ください。責任持てません。
の張り紙だけが目につく。
初めての客には違和感があって再来を呼び戻す要素が見当たらない。

行き帰りの番台は無言・・・

いっしょにすれ違った常連らしき者もそんな気風に慣れているようだ。





2.地域密着の銭湯


街角の風呂やは健康ランドにはない
「銭湯」の響きような味で持っている。
番台の丁寧なあいさつに、行きかう世間話。
町内の陰の町内会長のような人物
みんなの裸を見ているけど・・・
傷口にはふれないで、傷口を癒してくれる。


お客も裸を見せることを許すまでもないが
安心感の前提を銭湯に委ねている。
体に傷もあれば、身体の障害もある。
でも、無意識のなかでわかり合っている。


理髪店もいっしょ。
床屋さんのイメージが懐かしい。
どこどこのだれ誰ちゃんが入学して大きくなったね。
もうそんな年に!?そうか結婚したのか・・・
ながい闘病から回復して元気だよ。とか・・・
冠婚葬祭のすべての情報が集まっていた。





2.パチンコ店の地域密着はいつになったら・・・


パチンコ店舗も、どこでも、いつでも
地域密着をかかげている。・・・が・・・
地域から遊離されて、その間隔は縮まらない。
今までの感覚では地域から離されていくのではないか。
朝風呂があるからどうにかもっているのであって、
朝風呂がなければもう行かない。


朝風呂がなくても
訪れる客が本当のお客のような気がする。


新台があるから行く
出玉があるから・・・だけで、
地域密着なのだろうか。
何か違う気がする!?・・・




・・・!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp



朝風呂がなくなれば、もう行くことはない・・・!?↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-04-13 07:26 | 弱小ホールの悩み