2009年 05月 11日 ( 1 )   

経営者の、独断と優柔不断にふり回されて・・・   




1.会議の専務の発言

いつ、このような方針を持ってこのように運営しただろうか。
政策を持ってしていく。精神的にやりとげていく。大変だと思う。

経験を積んだらできるというけれど経験だけではできない。
なんで成功したのか、失敗したのか教訓をつかむ。
あそこの店にはちょっと、かなわない・・・と言われるように・・・

店長はお客さんまで責任をもつ。
変革!物事を成功させようと思うと、血を流さなければならない。
自分の運命は会社の運命、会社の運命は自分の運命である。
高い要求はドンドン出されると思う。これについてきてほしい。

会社の要求することが店のため、会社のためになると思う。
もし、それについて来れないとするならば、残念ですが仕方がない。







2.専務の発言から、店舗の士気は衰退していった。

1)自分のことは表に出さないが幹部のことは表沙汰にしていく。

自分の欠点は認めない。



2)自己改革には甘いが、人には厳しい。

政策がなかった。
自分の甘さもとで、
滅びる原因の責任の所在を曖昧にする。
墓穴を掘るのに責任をもたない。

情報の公開を唱えながら、
本部にはそれ以上踏み込めない空気をつくる。

本部管理の秘密主義多い。

自分の予定や行動範囲を知らせずに、
ひとにはそれを厳しく追及する。


店長たちが失敗すると厳しく追及はしても、
その責任を取ろうとはしない。
だから、身を乗り出して行動することがなく、やるふりが蔓延する。



3)純真な幹部を常に色眼鏡で見ている行動様式から
疑心暗鬼という目で見てしまうために、信頼感がない。

幹部との協議や指示にはいつも、駆け引きがある。



4)いつ、首を切られるかそればかりが気になって、


虚偽報告とオベンチャラが臭く漂う。
こんなところには成績はあがらない。


「ついて来れないならば、この場で席を絶っても良いから・・・」と、
取っておきの手段を、よく使う。
伝家の宝刀を月に何度も抜く。
それでやめると言えば、
血相をかいて泣きつかれることしばしば、
その穴吹きを自分からしない。

店長からは「自分のためにやっています!」という本音の声。
専務には言わない。私との面談でのこと。
会社は下手したら、いつでも首をきるのに、
自分もいつでも切られて良いように防波堤を張るという。
リスクは高いけど、それも間違ってはいない


何度か、せがまれ店長を紹介したが店長はやめていった。
被害者は店長であり、加害者は専務であることは歴然としている。
それを加害者は店長だと捲くし立てる者がいる。

*(念のため、良く裏で紹介料の名目で発生する契約とは違って
過去現在において、紹介料などは一切もらっていません)

しかし、会社側の店長に対する指導採用の
公約を書面にしていただくことにしている。


会議の締め括りの発言である。
5店舗、各店舗300台未満、
若いのに独断的、ひとを疑ってかかる主義・・・・・・・、
切り捨て型で育成主義・・・・・・・・・・・・・・・・








3.意思決定のできない、優柔不断な社長


借金が増えたのは、おまえらの甘さという割に、
めまいがするくらい凡庸な経営者も少なくない。


とかと思えば、かたくなまでに謙虚で慎ましく、
かしこい経営者はずば抜けている。
あるセミナーの開催を要請された会場でのこと。

開場1時間も前に誰よりも早くきていて、
私にふらっと寄ってきて、
勉強が足りないので今日はいろいろと教えてください。
中四国が本拠地で数十店舗の成功と失敗を繰り返しながらも、
着実に地域に密着した営業展開をしているチェーン店舗の経営者。


アタマの低さでは日本一かな・・・


本社幹部や店長を前面に立てて、
後部座席で熱心に資料に目を通す姿が焼き付いている。





また、これも、つい最近あったことですが、
数日間にかけて煮詰めて提言したところ
「僕が決定できないので・・・」と、真顔でされました。
社長なのに、自分で結論できないのである。


自分が応援するから、
自分責任取るからやれと言えない経営者も多いのです。


かなり適当で、たいした実力もないのです。
実際にはなし崩し的に何となく決まって行くのです。
終身雇用の延長線上で経営者になってしまった代表者には
そのような人間も少なくないというから・・・


その結果でふり回されている周辺のひとは、
自分の意見で決められない人ばかりで群がっている。
リーダシップのない優柔不断に泣かされる。






非効率、採算割れ、コスト漏れは、
染みついた体質がある限り、目先のシステムを決めても解決にならない。


やらなければそれまでだ・・・






・・・!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp




経営者の独断と優柔不断にふり回されて?!・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-05-11 13:16 | 弱小ホールの悩み