2009年 05月 17日 ( 1 )   

予算に苦しむことを考えるならば、発想が容易にできる個性化である(2)   



予算に苦しむことを考えるならば、発想が容易にできる個性化である(2)




1.  1パチ、2パチより断然優等生


釘からの予想割数は168%分岐の10割営業。

そうすると4割儲けにもなるが、
これが通常割数ともなると粗利は大変なことになる。
こんな場末のちっちゃな店舗が息を吹き返している。


稼働50%にしても1日の粗利15万円前後で
確保していることになる。
これだけでも月間400万円になれば、
1パチの粗利の2倍で
その額、200万円以上も違ってくるのだから、
こんな味処を、見逃す手もないだろう。


もし、「ぱっとみい割数」が通常の平均割数だとするならば、
月間600万円にもなるわけで・・・
これはないにしても、
わざわざ、1パチや2パチにして、
ヤキモキしているよりは、遥かに良い。





2.  潜在的な客種が眠っている


過去の普通機調整を20数年以上も
たずさわってきた経験の中で
この店舗の差別化を評するならば、
面白いほど潜在的な客種が眠っていることである。

今回の飛び込み見学は
妥当な営業集客の線上で
差別化が生きていることを再確認したといえる。
また、それは時代を逸脱するものではないことが
歴然として見ることができる。


こうして、立ち止まって見るのもわるくない。
原点のまま、現場が時代を逆流して動いている。
それが、そのまま自然の成りゆきで稼働している。


反面、この店では2パチ4列で15人の現状を考えると、
稼働率20%にも満たないこの業態が、
普通機に極端な差をあけられている。





3.発想が容易にできる個性化である


もっと、作戦の絡みが必要ではないか。
思い切って昔なつかしい普通機コーナーを
倍数の74台で差別化したら、
もう周囲は追いついてこれなくなるだろう。
勿論、地域差や立地や客層にもよる。

が、予算に苦しむことを考えるならば、
発想が容易にできる個性化である。
この手のノウハウは身につければ簡単で、
集客の持続性と予算関係から見て、
経費対効果も抜群である。
1円、2円だの揺らぐ中の秘策と言えるだろう。






あの時もそうだったが、
今もそうであるように、
過去と現在を同時に出会えた、
この光景に気分が弾んだ。


こんなところにも巻き返しの
ヒントがあるようですよ。








・・・!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


予算に苦しむことを考えるならば、
発想が容易にできる個性化である(2)!?・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-05-17 11:29 | 釘の家庭教師