2009年 05月 23日 ( 1 )   

「木曜日の悩み!」の解消   




「木曜日の悩み!」の解消





1.魔の木曜日の悩み


いま、問題は何が?
売上と粗利のバランスが合わないことですね。問題は木曜日なんです。
売上が最も少ない曜日の木曜日に、土・日の次に粗利を取ってしまっていることです。
これは大きな間違いですね。



特に
●月●日(第1木曜日)
P売上1.227.200  粗利401.250  粗利率32.6
S売上 972.000  粗利345.953  粗利率35.5


●月●日(第2木曜日)
P売上 965.600  粗利471.975  粗利率48.8
S売上 690.000  粗利177.702  粗利率25.7





商品の売り方を間違っている典型的な例である。
これは木曜日の客が●●●店は出さないという、
風潮とともに悪影響を深刻化させている。


ところが、木曜日のイベントを「まる得デー」にしている。
.まる得デーがまる損デーになってしまっている。

粗利率が高い、高いという割には、自店の粗利率の失敗を見ることもしなかった。






2.悩みの解消は意外と速かった!


これ以上は申し上げません。
でも単純に次のことで変わったことだけは言っておきましょう!!




★まる得デーの看板をはずして、丸出しデーにした。
★大きなチラシ予算=ちいさな予算×(木曜日+金曜日)にした。
★粗利率で見ることをやめて、粗利額で見ることにした。
★確変ベースを100%~110%にした。
★出玉を増やした。
★場内マイクを活性化した。


教訓:
常識にとらわれないでお客さまの喜ぶことをする!



結果は1か月して出た!木曜日の売り上げは、
PS平均200万を下げる日がなくなって、
平均、220万円を確保することになった。
ほかの曜日に波及した。特に金曜日へ・・・





・・・!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


「木曜日の悩み!」の解消!?・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-05-23 12:28 | 釘の家庭教師