2009年 06月 03日 ( 1 )   

店舗選択の失敗   



店舗選択の失敗





1.煙る匂いに誘惑されて


焼き鳥やでイッパイすることにした。
夜の7時。
男3人、議論疲れで、
繁華街の灯りに誘われるまま、
「ちょいといっぱい!」のつもりで。
たいして、美味しくもない焼き鳥やである。


美味しくもないのは入ってわかったのだが、
実はその店に入る前の選び方にも誤算があった。

一店舗、挟んで向こう隣りにも
焼鳥屋があって、迷っていたのだ。
向こう側は2階でこちらは1階。
そしてこちらの店舗の間口は広くて
奥までみえる安心感と
何より、煙る匂いに誘惑されてしまったのだ。







2.ささみの刺身はまだですよね


しばらくすると、となりの席から、
客:帰ります。
店:ありがとうございます
客:ところで、ささみの刺身はまだだよね。
*散々、待たされたあげく(忘れていたようだ・・・)
店:あっ、すぐできますよ。
客:もういいです。
店:すぐできますから!
客:本当にいいですから・・・
店:おいしいですよ。
客:もういいです。サービスしてくれるの?
店:・・・・・・・・・・(黙り込んでしまった)
店の売りたい気持ち丸見え。
ならば、ちゃんとしてあげればよかったのに・・・



そのお客と入れ替わりに来た、となりにお客が
「生中、ふたつ!」
どのお客にも出されるキャベツのてんこもりと味噌が
となりの席におかれた。
えっ、これ、みんなの席にサービスなんだ。



その時に初めて知ったが出来上がっていた。
「あっ、そうです。すいません。出しましょうか」
そんな問題と違うやろっと・・・
なぜ、最初からみんなに公平にしないのか。
そして、このつき出しような、曖昧なものも、
請求されるのだろうか。
たべなかったのにどうするのだろうか。








3.アルバイトですから


そのサービスがこちらにはない。
となりの生中が先にきているのに、
結構前に注文した、芋のお湯割りがまだ来ない。
「すいません。芋お湯割りは!?・・・
たのむよ。待っているんだから・・・」
すると、
「今日、入ったアルバイトですから・・・」と、
それだけ。
どう思いますか?この言い訳・・・


ご飯も、ついでにしようかと思っていたのに、
かえってから食べることにした。


気になって最初に通したメニューを考えていた。
3人で12~13品ほどをメニューが浮かばない。
「すいません。あと何が残っていますか?」
「ピーマンの肉巻きとネギまです」







4. 成熟しないままに大きくなってしまった店がある


いや、それだけじゃないハズだけど、・・・
3人揃って思い出せいない。
「すいません!お勘定!~漬物を頼んであるよね」
「いま持ってきます」
「いえ、もういいです」

そのまま計算していたので、
「その漬物は消しといて!」

無言のまま、消していた。


やりとりしていた、ママはありがとうも言わなかった。
いや、言えなかったのだろう。
つっけんどんなモノの言い方に、
自分勝手な態度の振る舞い、
感情をむき出しにする性格では・・・

それでも、ありがとうを返したお客の立場はどうなるのか。
何か、お店にイチャモンでもして困らせたのでもないのに・・・


そこは、三人とも大人だ。
それなのに「ありがとう!」を言えて出るのは・・・
その反動か、店は幼稚すぎるように見えてならない。
成熟しないままに大きくなってしまった店がある。

それでもなかなか、客が絶えないのは、
店舗の努力ではない。
新歌舞伎座の隣に会って、
大きなビジネス街の路地裏にあるからだ。

味はいまひとつ。
お客様扱いは下でも・・・


もう二度と行くことのない店になってしまった。








5.こんな焼き鳥やに似たパチンコ屋さんがある


525番の玉箱に522番のカードがあって
交換時に混乱した。

玉積み山盛りの箱を下げて行ってしまって
どこかへ行って次の箱が帰って来ない。

トイレから戻ってきたら、ひと箱がなくなっている。


などなど・・・・・・・
でも、すべて店が責任持たない。
そして、誠意がなく対応の横柄さが目立つ。

成熟しないままに大きくなってしまった、
パチンコ店である。
ズウタイだけが大きく800台にもなる店舗に行った。
午後7時。
客数は75人。
稼働率10%。
スタッフもお客もそわそわしている。
間違っていることを
間違っていると判断する機能がマヒしている。

そのような店は、
お客さま優先に関係するスローガンを、
一端、下げてスタッフ目標を掲げてみることから
始めてはどうかなと思う。


!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


店舗選択の失敗!?・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-06-03 13:22 | 釘の家庭教師