2009年 06月 12日 ( 2 )   

雨降り作戦(4)ゲージのル-ルづくり   




雨降り作戦(4)ゲージのルールづくり





1.ゲージの配列

今日、ご紹介する雨降りのゲージサイズは、
突然の梅雨の対応ばかりでなく、新台入替や
イベントの放出作戦ルールづくりの参考に
なってとても重宝されたりしています。


例)
曜日  稼働順位 通常ゲージ  雨ゲージ  イベント
月    ④    12.30   12.10   12.50
火    ③    12.20   12.00   12.40
水    ⑦    12.60   12.40   12.80
木    ⑥    12.50   12.30   12.70
金    ⑤    12.40   12.20   12.60
土    ②    12.00   11.80   12.20
日    ①    11.80   11.60   12.00






2.ゲージのすすめ

①稼働順位にそって、アケシメを前提するならば、
ゲージの運びはこのようにアップダウンされる。
②板ゲージの10刻みを使用することをおすすめしたい。
・25刻みは幅が大きく微調整にも不向きなど難点がある。
・どうしても25を使用する時には、あらかじめ感覚を
統一した整理が必要になる。
 25強く、25軽く、25かすかなど・・・







3.使用方法

①上記のゲージを日別、曜日別、機種別に
ルール化する必要がある。
稼働数、差玉、景品額、粗利、売上、玉単価、スタートなど・・・
②雨予報の場合にはルール化されたゲージをピックアップする。
③アケシメの機種設定もこれを参考に検討をする
④アケシメの台数設定もルールきめておくと便利である。
半分しめて半分はあけるとか
あけしめの比重3;1にするとか・・・
⑤本日の営業をみて閉店1時間前にはルール表をみて照合する。







4.ルール化の切実なお願い!


★その都度の思いつきで調整すると作戦の一貫性に欠けて
 お客さまの信頼性を構築しにくいでルール化する。
★お客さまがついていけないのは躊躇する玉の出し方である
★ウソのイベントは「玉の出さないイベント」ではなく、
 作戦の裏つけのない出玉である。
★雨降り作戦見たいに取る時には、
中途半端ではない取り方をしてもついてくるのは、
中途半端な出し方もしない裏返しなのである。





明日つづく

雨降り稼働変動の比較〔6.11●〕
降水確率を見た判定〔6.12●〕
雨期のゲージの組み立て〔6.12●〕
粗利を取る時のルール〔予定〕
雨期イベントの絡みで稼働に仕掛けを〔予定〕
雨期の放出作戦と競合との関係〔予定〕


予定の都合で一部の掲載で終了する場合もあります。
どうしてもお聞きしたいことは無料相談メールへ!!





!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


雨降り作戦(4)ゲージのル-ルづくり!?・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-06-12 15:21 | 釘の家庭教師

雨降り作戦(3)確率の判断と予報時間   




雨降り作戦(3)確率の判断と予報時間




おつかれさまでした。
今日の成績にほっと胸をなでおろしている方や、
かなりマイっいる方もおられることでしょう。

それぞれの1日が過ぎました。


この3日間で九州から東北にかけて一気に梅雨入り!
揃って雨の季節を迎えました。
あなたの店舗の明日は雨ですか。

あいにく、6月12日金曜日は
北海道以外は晴れ模様で梅雨も一息ですね。

雨降り作戦の3回目は
降水確率状況の営業作戦上の
判定について述べていきたいと思います。

*       *       *






1.湿気が犯人


1)暴れてしまう割数の犯人は湿度であった


ひと言で降水確率といっても、
安易に扱っては大きな損害を被ることがあります。


今では基盤に依拠するところから結果が決まりますが、
一昔前には、釘が結果を左右する時代においては、
湿度は成績に多大な影響を与えました。

朝から連日のように降りっぱなしの雨期には、
通常の割数が簡単に1~2割は平気で
暴れてしまうことなどは、珍しくもありませんでした。
それは連日の雨がもたらす湿度が原因だったのです。

当時160%分岐営業が大半を占めていた頃、
1000万売って15%抜きの136%の割数を試みても、
大雨で予想以上の客数でにぎっしり詰まっています。

お客さまの勢いにも負けずと
ホールのパチンコ台の中まで
たっぷりと含んでしまった「湿気」は
割数をさげるどころか、
ジワッジワッと上げて行くんですね。




粗利目標は150万円なのに、
午後2時~4時の140%が少し油断していると、
6時になると145%を超えて、
食事して戻って見ると完全に
150%を独り歩きしているというようなことで、
以前の店長たちは雨には悩まされていました。




今ではそのような現象は見かけなくなりましたが
調整ミスで著しく割数が暴れることがあるということを
小耳にはさむこともありますが・・・
それはおもに、稼働の落差が関係していること。

まさに、雨降りは集客の流れの重点要素・・・



みなさんのとこではどうでしょうか。





2)開店直後から湿気が原因で補給がトラブル


少し前にある地方のホールで
開店直後から湿気が原因で補給がトラブル。
大騒ぎになってお客さまとも衝突が発生するなど、
混乱したホールがありました。
大当たりした出玉が途中で詰まっていて、
昼頃になってようやく解除されたというから、
スタッフはそのクレーム対応に疲れ果ててしまったそうです。

最新の補給設備があるからといって、
決して油断はできません。









2.降水確率の状況判定


1)予報を時間と確率の判断


いまは、ネットで天気予報がすばやくキャッチされ、
店舗所在地の予報さえも知ることができるようになりました。

以前はテレビやラジオで聞くか
117へ電話して予報を聞き出しました。
いま、見れるから、大変便利になりましたね。




①予報を見る時間
釘調整をする時間に天気予報を見る。

②降水確率の判断

明日はアケで行くのか、シメで行くのかは、
降水確率の状況判断によって決める。

以前は朝に釘をするひとが多いのは、
最終の天気を見て判断するためだった。
こうすれば、間違いが解消できるワケであります。





●降水確率

20~30%ならば、先ずは降らない。
50~60%ならば。降るか降らないか





●70%以上で決めた理由

90%~100%ならば、明日はシメだと決めつけて
かかることもできるが、70%~80%ですと、
またこれも断言しかねない曖昧さが残る。
私の場合は、過去の失敗例からして
70%以上は「シメ」と決めた。





●一番困るのは、

天気予報も気まぐれで、降るといったのに、
カラッと晴れてしまうことだ。

しっかりと、シメた釘が
しっかりと晴れて遠のいた、
わずかな来店客の客足に出玉の衝撃を
モロに与えることは、
今後の集客の再来の条件を悪化させてからだ。

弱小店舗ならばこそ、潜り抜けねばならない、
厳しさがこんなところにも厳然と存在しているのであります。








2)朝から降る雨と昼からの雨の違い


朝から降る雨。
それも6時前から降り続ける雨は
世間から客足を遮断してパチンコ店に
顔を振り向けさせる絶好のチャンス。

行事、催事なども中断されたり、
ドライブ、ハイキングなども中止となる、
可能性が非常に高くなるために
「何時の雨か」は、判断の最大ポイントになる。
この場合、天気予報の朝6時から12時まで、
降水確率のパーセントが70%より、上か下かである。

異常な降水確率であっても、
昼から降る雨と
早朝からふる雨は
作戦的意図にしても明らかに異なる。

昼から降る大雨でも行事や行楽地に向かった
人々はパチンコ店舗に再び足を戻すことは不可能に近い。
そして、土木や建築に向かった作業員を呼び戻すことも、
非常に難儀なことであるからだ。






*店長時代のことである。

梅雨と土地柄で集客が極端に変化するある地方。
翌日が6月の中旬の日曜日。
午後11時は降水確率を知らせてきた。
午前12時から午前6時まで50%、
午前6時から正午12時までは60%、
正午12時から午後6時までは90%・・・と。



通常の解釈では午前中は降る可能性は半分以上ではあるが
確率としては弱いと見て、「日曜日のシメ」+「ややシメ」にした。

ところが、すごい雨で目が覚めた。
午前5時には、じゃじゃぶりの雨が、
突風とともに、ご~ご~と、うなるような、
横殴りの雨に変貌していった。



もう、興奮していた。
大雨のなかを店へと走った。
これで儲けが大きく変わってくることは目に見えていた。
ややシメから強くシメに
こんな時には町中が突然休業することが予測の範囲であったからだ。



粗利目標120から250へと跳びはねた。

雨降りの瞬間をも見逃してはならないのだ、と・・・
つよい使命感に燃えていた時でもある。





これはただ、ふと思い浮かんだある日のことを
列挙したに過ぎないが・・・

弱小店舗で寝る間も惜しみながら、
昼夜奮闘してきた店長ならば、
このようなことは日常茶飯事でのこと。






今日も閉店を終えて
明日の調整を思案中か
調整の真っただ中か・・・


これから一服して
調整にかかろうとしている人も多いことであろう。


いずれにしても、
世間は静まりかえって、
いつものように、また深夜をむかえるが・・・
変わらないのは店舗の悪戦苦闘と店長の心労。








*       *       *

雨にもいろりろあって、
状況の判断とルール化で様々な作戦の
コントロール(ワザ)が隠されている。

それによって、
「うれしい誤算」や「予想外の発見」がもたらされていく。
なにもしなければ、何も生まれない。

だから、夜中でも、
夜明けになっても続けようとしている。
つねにジレンマーとの葛藤がつきまとう。


おつかれさまでした。






明日つづく

雨降り稼働変動の比較〔6.11●〕
降水確率を見た判定〔6.12●〕
雨期のゲージの組み立て〔予定〕
粗利を取る時のルール〔予定〕
雨期イベントの絡みで稼働に仕掛けを〔予定〕
雨期の放出作戦と競合との関係〔予定〕


予定の都合で一部の掲載で終了する場合もあります。
どうしてもお聞きしたいことは無料相談メールへ!!





!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


雨降り作戦(3)確率の判断と予報時間!?・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-06-12 01:35 | 釘の家庭教師