2009年 11月 16日 ( 1 )   

「トミーいらっしゃい♪」・・・・・えっ!?   

当時の私は台修理などの機械いじりが好きで何でも直せる自信がありました。そして釘調整も得意と言えるかどうかは分かりませんが好きでそれなりに自信もありました。

その反面とにかく相手が機械から人に代わると大の苦手でした。
今となっては冷静に判断できるのですが当時はその苦手を誤魔化す為に『俺は職人気質なんだ』『男はベラベラしゃべるのはかっこ悪い』と良く言っていた気がします。

そんな私に起こった前回の革命的な熱燗会議、ちょっと大ゲサかもしれませんが私にとってはそれほど大きな転換期となる1日の出来事でありました。

正直言って今でもその当時でも顧問から教育としてそう導かれた感はありません。単に酔っ払いに遊ばれてる?イジられてる感の方が強かった気がします。
でもそんなイジられてる感がたまらなく好きでした。
イジられればイジられるほど何か何処か変わって行く自分に快感を覚えていた気がします。

真実は…?
教育だったのか? イジられただけなのか?
私にとっては、どちらであろうとあまり意味のない事ですので未だに顧問に聞いた事はありません。
それでも真実を知りたい方は顧問(トミナガ)に直接ここまでe-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

そして事は革命的な熱燗会議から次の熱燗会議へと躍進して行くのでありました。

「さあ店長!今日もあの居酒屋行くでぇー!ええな?」

「ハイ!チーちゃんの居酒屋ですね?」

「おっ!いいねぇ~!『チーちゃんの居酒屋』と来たかぁ~!! 最初っから飛ばすねぇー!? その調子、その調子! その調子で今日は店に入ったら直ぐに声かけぇ~や?」

「えっ!? いきなりですか?やっぱちょっと飲んでからでないと…?」

「お前はまたそんな事を言ってるんかぁ~!お前は飲まないと接客できんのか?飲まないとお客と会話もできんのか?感動の接客の中でそんな事言ってる場合か?何度も同じ事言わせんなやぁ~!」

「わっわっ分かりました。やります。やります。最初っからガンガン行きます!」

「そっ!それでいいの。さっ行くで?」

「ハイ!」

店の前で立ち止まり…。
「何してるん?入るぞ!」

「ちょっちょっ待ってください。」
ハァーハァー。パンパンパァーン。「よし!よし行きます。」

「チーちゃーん!こんばんわぁー!今日も来ました!お願いしまぁ~す!」

「あっ!店長さん!いらっしゃぁ~い♪」
「あっ!トミーもいらっしゃぁ~い♪」

「あうん!? いっいっ今?チーちゃん何て言いました?」
「とっとっトミーって言いませんでした?トミーって…?」

「えっ?トミナガさんの事ですよ!だってこの間そう呼べってトミーが…?」

「はあぁ~?顧問!前回いつの間に…?何やってんですか?1人で抜け駆けですか?ずるいなぁ~!」

「あのぉ~?何かまずかったですかねぇ~?ごめんなさい。」

「あっ!いいの、いいの!チーちゃんは何にも悪くないから!この顧問が…、トミーが…。あー何かヤダなぁ~?このオッサン1人が悪いんだから!」

小声で…。
「店長!いいぞ!その調子!」

小声で返す。
「こっ顧問!お願いですから意識させないでください。僕…。意識した途端に倒れそうなぐらいに今、心臓バクバクなんすっから!」

「あのぉ~?私どうしたらいいですかねぇ~?」

「あっごめん、ごめんチーちゃん!しょうがないけどトミーでいいですから!そのままトミーって呼んであげてください。お願いします。」

「何か逆に意識しちゃうけど…?分かりました♪」
「では改めて、店長さん♪ トミーさん♪ いらっしゃいませ♪」

「あっ!そのトミーさんがいいです。トミーさんで行きましょう!トミーって何かやっぱイヤです!」

「私はそんなに意識して言ってないですけど…。どっちでも…。」

「あっ!ごめんなさい。ちょっとしつこく引っ張り過ぎましたねぇ~?ごめんなさい。チーちゃんの言い易い方でいいです。」

「分かりました…。」
「えーっと、飲み物は何にしましょうか?」

「僕は熱燗でー!とっトミー顧問は何になさいますか?」

「おい!トミー顧問って何や?まあ今日は授業も終わってるし店長もトミーでええや!(笑)」
「俺も店長にならって熱燗でいいよ!いつものチョー熱燗でね。」

「チョー熱燗了解しました♪」

小声で…。
「店長!良かったで!途中までなら100点ペースやったな?でも残念ながら後半盛り下げたなぁ~?やっぱ70点だなぁ~?」

「顧問!顧問!僕もう駄目です!バクバクです。早く、早く飲まないと倒れそうです!もう何点でもいいです!」

「情けない事、言ってんなぁ~?さあ!まだまだこれからガンガン行くで!」

「ハイ!分かりました。分かりましたから、まずとにかく1杯飲ませてください。」

「よっしゃ、よっしゃ。分かった、分かったよ(笑)」

躍進の熱燗会議はまずはこんな形で始まりました。
そして夜も更けるのと一緒に更なる躍進?をして行くのでありました。

つづく。

****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


業界の異端児?トミナガを応援するなら・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

ピンチヒッターこうちゃんが気になる人は~↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ・・・・・↓ポチッと!
[PR]

by pyuaraito | 2009-11-16 14:46 | 釘の家庭教師