2009年 11月 22日 ( 1 )   

思い出のクレーム対応   

私の人生の中でも今でも何かにつけて思い出す、私としては懐かしく心温まる想い出のクレーム対応というか私が受けた中でもベスト1の「ふれあい」があります。
今日はそのお話をお伝えしたいと思います。
(↑今日の広告を見てたら急に思い出しました)

あれは15年ぐらい前の事だったと思います。
まだ嫁さんもいて子供3人も3歳、4歳、6歳?ぐらいだったと思います。
(↑現在バツイチ独身、恋人募集中です(笑))

朝からの仕事を一通り終え、そろそろ夕方で一旦休憩に帰宅しよう思った頃、嫁からの突然の電話…。

「今日の夕飯、子供たちがモス食べたいって言ってるから買って帰って来て!」

『おいおい!ホントかよ?おめぇーが夕飯作るのめんどくせぇーだけじゃねぇの?』と思いながらも
「ああ、分かった!でっ何を?」

「ええっと…?○○バーガー3つと▲▲バーガー1つと■■バーガー1つとポテト3つドリンクは…。それとあんたが食べたいの」

『それぜってぇーにおめぇーがバーガー2つ食う気だな!』と思いながら…。
「分かった、わかった!お金は?」

「おごって?よろしく♪」ガチャン!ツーツーツー…。

『おいおい、ふざけんなよぉー!』と思いながらも、しぶしぶ買いに行き帰宅しました。
(↑余談ですがこんな感じだったんで、この頃既に離婚の兆候はあったのかもしれません?(笑))

「ただいまぁ~♪」

「パパ!おかえりぃ~♪」
(↑この子供たちの声だけが当時唯一の支えだったのかも?)

「モスは?モスは?ポテトは?ポテトは?」
(おいおい!俺じゃなくて食いもんに夢中かよ?)

「ちょっと待ってろ!テーブルに行ってからな♪」

「ええっと、この○○はお前たちのだな?▲▲と■■はママかな?これは俺ので…。ポテトはお前たち…?
ううん?アレ?ポテトが2つしかないぞ?おかしいなぁ~?ドリンクはこっちに5つあるし…。こっちにも入ってないなぁ~?」

「どうしたの?何かあった?」

「いや?ポテトが2つしか入ってないんだよぉー!」

「ちゃんと3つ頼んだの?」

「えっ!俺をまず疑うのか?ほらぁー!レシートにも3つってあるじゃん!」

「ほんとだ!じゃあ電話したら?」

「電話すんの?たかがポテト1個で?何かヤダなぁ~?」

「向こうが悪いんだから当然!あんたが電話して取りに行って来てよぉー!」

「いいじゃん!ポテトぐらい…。みんなで分けて食べればいいじゃん!」

「ヤダヤダ!分けっこヤダ!いっぱい食べたい!」

「子供たちもこう言ってるし…。私も3つあるから少しもらおうかと思って頼まなかったし…。あんたが買って来てのミスだから、あんたが電話して取りに行って来てよぉー!」

「マジかよぉー!イヤな事は何か俺ばっかに…。するよ!するよ!電話するよ!」

「ああ、もしもし今さっきハンバーガーとポテトとか買った者なんだけど、帰って見たらポテトが1個足らないんだよね。1個ぐらいで何だと思ったけど子供たちが泣くんで…。取りに行きたいんだけど?」

「それは大変失礼致しました。よろしければご自宅の住所を教えて頂ければ手前どもがお届けに伺いたいと思いますが…。いかがでしょうか?」

「何か住所言えば届けてくれるって言ってる?何かいい感じ♪」

「じゃ?教えてあげれば?」

「じゃあ?すいませんが届けてもらえます?住所は・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

「ハイ、分かりました。ありがとうございます。直ぐにお届けに参りますので…。すいませんでした。」

しばらくして…。ピンポーン、ピンポーン♪
「おっ!ポテト来たかな?」

「先ほどは失礼しました。お電話ありがとうございました。私がお客様を担当致しました○○と言う者です。
私の不手際でお客様に不快な思いをさせてしまいすみませんでした。これが不足分のポテトです。そしてもし良かったらこちらのバーガーもどうぞ!」

「何か逆に悪いねぇ~?」

「いえ!とんでもございません。それと…、お子様のポテトとお伺いしたので粗品ですけどこちらをお子様に…。今日は大変失礼を致しました。ではこれで失礼します。」

「こっちこそ悪かったねぇ~!ありがとありがとね」

「おーい!ポテト来たぞ!バーガーも余分にくれた♪それにこれ粗品だって♪」

「なんか儲かっちゃったね♪粗品って…?ああーモスのマグカップじゃん!かわいいじゃん!」

「儲かったとかそう言う問題じゃないだろ?でも気持ち良かったなぁ~!電話したくなかったのに電話して良かったって気分になってるもんなぁー!」

「このコップ○○ちゃんのぉー!いや、僕のぉー!僕がほしい!・・・・・・・。」

「おいおい!ケンカすんなぁー!1個しかないんだから!仲良く使え!」

「1個しかないからケンカになるからママのにしよっかなぁ~♪」

「それはダメだろー?ちゃっかり過ぎだわ!」

しばらくして再び、ピンポーン、ピンポーン♪
「んん?だれ?」

「何度もすみません。先ほどの者ですが…。良かったらコレも…?」と粗品を2つ差し出しながら…
「お子様は3人でよろしかったでしょうか?先ほど複数に聞こえましたので…。1つではケンカになるのでは?と思い失礼を承知で持って参りました。」

「えっ!マジで?マジで!あんたスゲェーなぁ~?良く見てもないのに分かったなぁ~?実は丁度子供たちが取り合いのケンカしてたとこ!よく分かったねぇー!マジすごい!ありがとありがとう!!」

「いえいえそんなぁ~…。お子様は3人で…?」

「あっうん、3人!だから後2つ!って?2つ持って来てるじゃん?何で数まで?」

「すみません。最初ポテトの事で頭いっぱいでポテト3つだから3人家族でお子様1人と思い込んじゃったんです。よくよく考えたらドリンク5つでポテト3つですので5人家族でお子様3人かなぁ~?と…。ポテトはお子様の分かなぁ~?と思いましたので…。」

「ほんとスゲェー!そこまで分かるもんなの?言われてみれば確かにって気もするけど…。それでもマジスゲェー!何か感動しちゃった!ほんとスゴイ!まるで名探偵ものじゃん!」

「いえいえ、元はと言えばこちらのミスですので当然です。でもこんなに喜んで頂けて良かったです。こちらこそありがとうございました。では失礼します。」

大筋ですが私が経験した私の受けた「ふれあい」の中でもベスト1の「ふれあい」は以上です。
私はモスバーガーのCMや広告を見る度にこの時の出来事を今でも思い出し懐かしく温かい想いになります。
まあでも今では半分は別れた嫁との想い出とも重なっているからかもしれませんが…(泣)

もちろんこの後、我が家はモスの大ファンになりました。何かにつけて夕飯はモスになりました。
その度に私は買い出しに…。ちょっと「とほほほほ」と言った感じでもありましたが…。

実はこの話はコレで終わりじゃないんです。
まだオチと言うか運命的な事が待っているんです。

この話から5年ほど経ったある日の事です。
上記の話の印象も大分薄れて来た頃の事です。
(↑丁度離婚したばかりで、こんな事を思い出す余裕もなかった気がします)

あるスタッフが
「店長?僕の事覚えてます?」

「うん?○○君だよな?確か1週間ほど前に入った…?確か主任が面接して…?」

「ハイ!そうなんですけど、そう言う事じゃなくて…。もし間違ってたらごめんなさい。店長のとこお子さん3人いませんか?僕ここに入る前に直ぐそこのモスに勤めていて…。前にクレーム対応で店長の家に行った事があると思ったんですけど…。家はあそこのマンションの3階の…。」

「ええーマジ?ほんと?あん時の?あん時の子?覚えてる!覚えてる!でも気付かなかったなぁ~!ごめん、ごめん。あん時はありがとう!もちろん今でも覚えてる!でも偶然ってスゴイなぁー!運命を感じるなぁ~!
世間は狭いもんだなぁ~!でもモス何で…?」

「僕もびっくりして、でも良く似てるけど違うかもと思って…。でも気になるんで思い切って聞いてみたんです。あれから実は…。」

それから彼の5年間の出来事やあの時の裏話を聞きました。
・あれからバイトでは異例の副店長にまでなった事
・でも人間関係の不具合から辞めてここへ来た事(←詳細は彼の為にも省きます)
・あの時まだ入社仕立てでクレーム対応が初めてだった事
・2度目の対応はマニュアルを無視してやった事で後から当時の店長に叱られた事
積もる話を懐かしく驚きながら聞きました。
もちろん私が嫁と別れ今はバツイチで子供たち3人と暮らしている事も話しました。

しかし、偶然って…。運命って…。スゴイ!

彼は私が転勤になる頃には(←転勤というより左遷です。この時のドラマも後々お話できたらと思います)
主任となって立派にやってくれていました。

あれから10年経ちますが、私が転勤の後しばらくして彼はある事情からその店も退職するのですが
何か彼なら何処へ行っても大丈夫!きっと元気に今でもやっているそんな気がします。
でも、このお話を書いていたら何だか急にまた彼のあの笑顔を見たくなりました。


****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


業界の異端児?トミナガを応援するなら・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

ピンチヒッターこうちゃんが気になる人は~↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ・・・・・↓ポチッと!
[PR]

by pyuaraito | 2009-11-22 15:37 | 釘の家庭教師