カテゴリ:未分類( 3 )   

パチンコ人間の品格*詐欺まがいに落ちてもパチンコ屋の社長か   


パチンコ人間の品格




1.パチンコ屋の1店舗をうわまわるパン屋の利益



実は、私の友人でパン屋を営む社長のことである。
世間では所詮、パンや如きでガタガタいっているんやと・・・
どこかで、そのような風潮があって
パン屋をさておいてパチンコ屋に手を出した。
あいにく、まあまあの成績であるがために、
四苦八苦しながらも、がんばっている。



街角のパン屋さんの10店舗の利益が
パチンコ屋の1店舗の利益を上回っていても
優位に見えるのがパチンコ屋なのか。


この友人は頑張っている。

しかし・・・・・・・





2.世間ズレ、悪徳社長~なさい!!


世間の風は冷たく、パチンコ屋のクセとか言いながらも、
パチンコ屋の経営者に会うとぺこぺこ頭を下げる連中が多い。
なんで、一般人には3~4回もすれば良い礼を
10回も20回も下げ過ぎじゃないか。

だから、勘違いしているオーナーの多いこと。
庶民だった、あの頃の気持ちを忘れている社長!
もっと、もっと、庶民感覚になりなさい。


銭が一般の庶民よりあるからってそれがどうしましたか。
何に使おうが構わないが
庶民には支持されるような人になってください。


スタッフ、店長の使い捨て、
100円ライターじゃないちゅうの!
幹部たちをいつも怒鳴り散らし、
虚勢を張ったところでなんぼのもんですか。



「俺を男にしてくれ!」
「俺をささえて、ついてきてくれ!」


何をぬかすか!
自分で、自分を男にしないで
部下に頼むのは、男らしくない。
俺をささえる前に部下をささえられないで、
お前をささえられるか。
部下はあなたの下でおカネをもらっているから、
ぺこぺこしているんですよ。
あなたの人格に惚れてついていくなら別ですけど・・・





3.詐欺まがいに落ちてもパチンコ屋の社長か


あっちこっちで、カネを借りまくる社長!
あれこれと言い訳をしながら、逃げ回っている。
人の弱みにつけ込んではカネをポっぽする。
詐欺まがいで、完全に信用は失墜!
泣き出しのおカネ60万円を騙し取られて困っている、
若い子もいる。返す返すといいながら・・・
偉そうなことばかり言って、
何で頭のひとつ下げれないのか。

パチンコ店舗の弱小1店舗だが、
ちいいさくても、切磋琢磨している現場の恥である。

馬鹿みたいに偉そうなのは、
やはり、パチンコやだからか・・・といわれるよ。



・・・!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp



パチンコ人間の品格!?・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

きっと、芽が出る!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-04-23 15:54

「ルーキーゼット」を、語れと!   



1.ブログを見た社長から「ルーキーゼット」を、語れと!

このブログを見た社長の電話で
「ルーキゼット」と「タンブラー」
そして、「シャトル21」も、チクッとご請求されてしまった。
ルーキゼットも仲間にいれてほしいなあ、・・と。

思い出を語れと言うことなのだ。

う~ん。わかるかわる、わかるなああ。その気持ち・・・・・・・
ルーキゼットは多分、1980年を初期に、
西陣からルーキシリーズとして、登場したのではないかな!?
もしも、その機械であれば、泣けてくる。


まだ、この業界の駆け出しの頃であった。
釘の猛特訓で朝晩明け暮れていた。
ところが貧乏のどん底で借金まみれで、
幼いこども連れで店舗の2階で
たこ部屋生活を強いられていた。
給料の半分は返済で天引きされていた。
元気が出るはずもない。
士気低下が加速する一方で、自己改革の狭間で悩んでいた。


誰にも負けない釘師になって、
高給を取るんだと言い聞かせていた頃だと思う。




2.遊びに行った他店舗で営業中に釘をたのまれた

ルーキゼットの出会いは、ある駅前会館である。
周辺店舗では集客に活気づいていたのに、
この店舗だけはいつも20人前後で、
落ち着いて遊べるというより、
研究するのには最適なアジトのような気がしていた。


ルーキゼットの前にいると勉強になった。
1台ごとのゲージがバラバラで誘導釘を
引っ張ったり、引っ込めたり、あっちゃこっちゃで、
効率的な釘の見分け方や、
駄目な釘を見つける絶好の機会でもあったからだ。


ある日、社長と店長と奥さんがホールに来て、
ルーキゼットの釘と西陣の一発機???
(絵は描けるが機種名が?)を、



c0157433_14175398.jpg
頼まれて調整をしたのが昨日のようによみがえる。
それも、何で営業中!?であったのが今でもわからない。
よほど緊急であったのだろう。


(西陣の一発機の
機種名がわかりました。
サンダーバードでした)

何だか知らないけど、営業中に店長が機械故障に
困っている姿をみると一緒になって、
修理をしていた記憶が離れない。

今思えば、
店長の苦労を分かち合いたかったのかもしれない。




3.元店長も夢中だった、マルホンのアラジン

ところで、プレイグラフ営業部に「生活動線シリーズ」で掲載の
〔元〕店長から突然のプレゼントが舞い込んだ。
それはマルホンのアラジンの画像メール。


c0157433_1405070.jpg

機種名は、はっきり覚えていても
遊技の経験がなかったせいか、
記憶からは薄れている。

京都の社長は、
東京の赤羽でアラジンと戯れていた、と。


元店長さんも「当時よく打ちました」と・・・・・・・




4.今日的次元で庶民感覚を

混乱期のぱちんこは、また今年も真冬に突入した。
いつの日も、遊離されている庶民感覚から
見出せるものはお客不在のツケしかない。
弱小店舗の庶民感覚を先に解いたものが
間違いなく残っていくような気がするのだが・・・・・・・

そんな意味では格式ばらずに、
例えば1975年に100万枚のヒットをした
間寛平の「ひらけ!チューリップ」を
ホールにながして見るとか・・・・・・・

機種戦略と客層のターゲットを
絞り込んでみると、おもしろいものが
できるようだが、どうだろう・・・・・・・




c0157433_19252241.jpg

****************無料相談室****************

ご相談メールに
店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallを記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。
相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

遊びに行った店舗で営業中に釘をたのまれて!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-11-22 21:38

『えっ!今・・・?!』という瞬間に,   


しんちゃんの修行放浪記 2008.4.19



『えっ!今・・・?!』という瞬間に
もう一度お詫びを入れる大切さを言いたいです。

ちょっといい話『怒りからファンへ』
今日は最初から非常にテンションが高く、
何かいいことありそうな予感はしていましたが・・・
いざホールへ向かうと、最初から非常にお客様の怒りを浴びた。

今日の担当は稼働が常に90%はキープのエヴァンゲリオン、
今日は日曜日だし、お客様も常連ばかりではなく
日曜日のみのお客様や初めてくるお客様が多く、
しかも朝から風雨の中並んでいて、お客様の気持ちはイライラムード・・・
何か殺気立った雰囲気でした。実際、出玉もなく、お客様からのクレームも最高潮に・・・

そんな中あるお客様のところへ箱を降ろすために向かいました。
行ってみると・・・『お前ら遅いんだよ・・・
早く変えろや!』と怒鳴り散らされました。

心の中で(ん~、この気持ちよく解る・・・
ここはちょっと大事なお客様に変化させてみよう!)と考え、
とりあえずその場で、最高に申し訳ない表情で真剣に
『お待たせいたしまして本当に申し訳ございませんでした・・・!』とお詫びをしました。

いつも他のスタッフや上司を見ていると、その場だけで終わり、
後は何もケアしないというのが現状勤めている大手の実態です。
これでは感動も何も起こりません。

自分がいつもすることは、必ず何か失礼をしたり、
もしくは今回のように非常にイライラムードのお客様がいる時は、
忘れた頃にふと耳元で、『先ほどは本当に申し訳ございませんでした・・・
これからしっかりとお客様へのサービスをいたしますので、
ヨロシクお願いします!』と1声かけます。

ここで重要なのは、その場で誤るのは当たり前、

『えっ!今・・・?!』という瞬間に
もう一度お詫びを入れる大切さを言いたいです。
結構当たり前なのですが、なかなか心にしみる、
そして自分に引きつける、ファン作りにもなると感じます。

実際、今日はその典型的な例で、お客様のお名前までGETしました!!
帰りには、たった1箱しか交換できませんでしたが、
自分は怒られると思ったのですが、
『いつもアリガトよ!また来るよ!』と言って笑顔で帰っていきました。
意外な結末に非常にありがたい感動を覚えました。
これが自分たちの喜びにつながるんだなと、
仕事の真髄を見た今日のちょっといい話でした。span>



////////////// 感想 //////////////


ここでのポイントは、暫く間をおいて、
心から2度目の謝りに接触したことです。
その意義の大変大きさにあります。

遊技場では、数時間で何万もの損得感情が激しく
ぶつかりあって、喜怒哀楽の心境グラフが
心電図のように波打ちしているから・・・

ひとりのスタッフの誤情報のために、
損をしたとなるとお客様の激怒はおさまりません。

そのためによく言われていることは、
トラブルは
日を変える、時間を変える。
場所を変える。
ひとを変えると効果的に反応する場合が多いのです。

でもこれを実際に発生した現場で対応するのは
そこに苦手意識があるひとには、
例え上司であってもできることではありません。
機械トラブルは好んでも
お客さまトラブルは避けて通りたいのが
人情なんでしょう。
人間関係は解決したら心がときめき、
できない場合は落ち込むばかりか、
心に深い傷をおうことになります。
機械トラブルは自己満足の一方通行で、
人的関係は相互関係の合意が必要となるからです。



わたしの30年近くのパチンコ人生も
お客様のクレーム解決の人生だったといっても
過言ではありません。

現場の渦中に飛び込んでしか解決の方法はありません。
ただ、ひたすらお客さま視点で接触することに
必ず貴重な経験がうまれると思います。


しんちゃんの行動に勇気づけられた、
ひとがいたに違いないでしょう。

素敵なことをいっぱい・・・
あたえようと、活躍している、
姿はとても頼もしく映ってきます。


●もう一度あやまることは心に沁みる・・・・↓ポチッと!
●1流の2流より、2流の1流があったかくていい・・・・・↓ポチッと!

●だから、「再生の原動力は人間力だ!」で・・・・・・・・・↓ポチッと!

人気ブログランキングへ↓

[PR]

by pyuaraito | 2008-04-22 10:52