カテゴリ:戦わずして勝つ方法( 18 )   

機械案内の専門化を売り物にしてしまおう!   





機械案内の専門化を売り物にしてしまおう!




1.今はエヴァン人気でごった返してしるが・・・


9時50分に現地に着いたが、400台は超える車が駐車済みで
車は3階で立ち往生して4階のスペースを探すことになった。
開店の入り口から目指す島はエヴァンゲリオン。
エヴァンゲリオン最後のシ者96台が満台であると携帯が鳴った。


一方でわたしは、午後4時過ぎ、エヴァン152台の店舗に足早に走った。
が、全台満席で打つまで1時間を待つはめになって、やっと1台の空き台。



となりのOL風の女性(30前後)が突然上皿を叩いたので驚いた。
可愛い顔してそんなには見えない。
すぐに上皿と下皿の玉を空にして大箱に流して
独りごとを言っている。


やめるような気配なので
あのう、やめるんですか?
すると、こちらをにらみ返すように、
やめませんよ!
あっ、そうなの!?すいません!皿から玉を引いていたので・・・


その時、彼女は
いや、やめようか、どうしょうか考え中です。

すごい勢いでバア~~ンと、
叩くので何かあったんかなと、ビックリしましたよ!





2.潜伏なんてズルイと思いませんか


すると彼女は、
2箱入れて、またひと箱入れてかかったら時短。
でも100回以内に潜伏しているかもわからないので・・・

あっ、そうですか?
潜伏確変ねえ~
潜伏確変て、わかります?
良くわからないのですが・・・(・・・と、頭を傾げると、詳しく教えてくれる)


これからのパチンコは勉強しないとできないですよ!と忠告される。
コンビニで買う必勝法と携帯の検索でページを開いて見ています。


ずるいと思わないですか?
潜伏なんて、来るか来ないかわからないのを追いかけているんですよ。


もっとも、セグを見るとわかるのですが、全部覚えないといけないから。
プロはそういうのもわかっているんですよ。
凄いですね。もうプロになったらどうなんですか!
できませんよ。釘もわからないし・・・
プロは釘を見て、回る台を探しているから・・・


エヴァンは前の方がいいと思いませんか。
このクレームをよく耳にする。


虫が治まらないのか、辺りをぶらぶらしては気を紛らわしている。





3.機械案内を専門化しよう!


お客さまがここまで研究するのに、
店側は機械性能やリーチパターンや
お客さまの遊技心理をわかっていない。
ただひたすらに、作業に追われている。


これでいいのか・・・
どこも大差はないが、ここが置き去りにされている。


最近の機械の多様化と急激な変化、
内規規制の反動により
お客さまは機械についていけなくなっている。
この現実に着目したらお客さまが見えてくる。
お客さまが喜ぶことは遊技説明である。



弱小店舗だから!
ここに目を向け、機械案内を専門的にして個性化して
お客さまに機械情報をかゆく届けることをしよう。
間違いなく喜びますよ!



お客さまと「機械談義で楽しめるコーナ」や
お客と楽しむ「機械情報屋ごっご」見たいなものがあれば
それだけでこわばった顔の表情を和らいでくれる。





★最近のフアンは女性まで必勝法の勉強している
★潜伏確変はズルイと思っている厳しい追求には考えさせられる
★パチンコフアンはセミプロ化している
★機械案内の専門化を売り物にしてしまおう!
「機械談義で楽しめるコーナ」「機械情報屋ごっご」を独自化しちゃおう!




・・・!****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp



イベント効用の失態・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

機械案内の専門化を売り物に!! ↓ポチッと!



だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-04-19 14:21 | 戦わずして勝つ方法

スピード優先!思いやり欠落!   


スピード優先!思いやり欠落!


1.ランプウォッチャーになってしまって・・・

競合の内部矛盾が噴火寸前にあるようだ。
勝ち目がもうひとつ見えてきた!!


毎日毎日、ランプを待たせるな!
スピードが一番大事!
ランプを追え!という声が飛んでくる。

今、新しいスタッフをどんどん採用しているようだ。
全くのドシロウトから育てようとしているときに、
はっきり言ってこの先が思いやられる事態が発生している。

ただのランプウォッチャーになってしまって、
お客さまを見ていない。
ホールがランプ追っかけ競争に
奔走する人たちで騒然としているからだ。

こちらとしてはチャンスで都合の良いことであるが
ひと重視からしてみる側からすると気になってしょうがない。
この店舗のトップの考えがスタッフの行動に反射して
鏡のようにあぶり出されて見えるからだ。



2.入替作業の真相はだらだら・・・

この店の、心配りや目配りといったものは全く重視しない
ヤリカタは当店の生きる道でもあることは間違いない。

何をやるにも、早くしろ早くしろ!
確かに、入替作業や事務的作業は、
段取りよくテキパキやらなくてはならないが・・・
むしろ逆になっているようだ。

大型入れ替えをする相手が近隣にあることは
脅威でもあるがはたしてその真相はどうか。

昨日も入れ替え作業でしたが、
ダラダラ時間をかけてやっている姿が
本当にイライラ感と混同している!?
スタッフへの思いやりもなく、お客様への思いやりもない。
スピードだけじゃ周りの競合店には勝てない時代で
ある認識が欠如しているようだ。



3. 入替頻度と大型台数にささえられている裏の失態

最近気付くことで・・・
この店舗は他店には稼動は確かに上回っている。
それは入替頻度と大型台数にささえられているだけのこと。

しかし、目に見えて気づくことが多い。
段々と、マナーの悪い客が目立っている。
スタッフは、言葉使いも悪い、
ゴミも下に落ちたままで平気、灰皿周りは汚いままなど・・・

結局は、そのような環境でもOKなお客様が増幅している。
あと一年後はどうなっているのか、非常に興味がある。

今月からはいった新店長も結局は会社風土に埋没されてしまうのか。
この体質、どうしようもないようである。

また、ひとつ戦わずに勝てるすき間が見える。
相手の風土に馴染めない客層が流れ始めているのか、
じわじわっと客数を押し上げてきた。

このままでいくほど、相手の弱みが浮き立つばかり、
相手の弱みのなかで当店の強みに微笑む
店長の表情には作戦がひらめいたのか・・・

確かなヒントが見え隠れする。

いいよ、店長!その顔つき・・・



****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


入替頻度と大型台数にささえられている裏の失態!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-02-25 13:15 | 戦わずして勝つ方法

競合のスキマ~おなじお客様の移動、ここが盲点!?   

競合のスキマ~おなじお客様の移動、ここが盲点!?

現場の通信が届いた。
下記に抜粋を紹介します。
*********************************



1.競合の特徴

この辺一帯のお客様の動向を調べました。
わかったことがあります。
それは時間帯で各店舗に波があるということです。

今日を例にあげると、
自店のほかにA、B、Cと三つの競合店があるのですが
A店は12時がピークでそこから稼働は伸びずに減少する。

B店は夕方16時がピークでそこで減少する。

C店は夜19時がピークでラストまで稼働ありなのです。

自店はというと、
14時がピークで夜がめっきりよわいという特徴があります。





2.同じお客様の移動


他店に競合調査に行くとこれが面白く
「同じお客様が移動」して行っているのです。
それでこの地方の特徴がわかったような気がします。
まず交換は比較的にはやく頻繁に行われている。
そして非常に流動的なお客様が多い=固定客が少ない。
・・・ということは、日によって稼働の変動が激しくなるときだ。
しかしどこかだけ、滞留時間が長くなっている可能性がある。
なかなか今までこのような流動的な店はなかったので
結構、驚き戸惑いを感じています。



******************************

以上ですがみなさんは何を感じましたか。
・・・・・・・・・・・・・・・・

そして班長は自分ならば滞在時間を
伸ばす方法を考えているというのです。
時間帯のすき間の発生をよく見て憂慮している。
このすき間の流動客の動向をよく観察しながら
滞留時間を対応する策を考えている。

往々にして大概の感覚で対応するようなことの多い中で
どこに、どのような流れが発生しているのかを見逃さないで
キャッチすることは別に難しいことではないが
鮮明に傾向性を確定することは強い問題意識の反映でもある。
厳しい現状の中でも相手をよく見る店舗は生き延びるすべを知っている。

おなじお客様の移動、ここが盲点!?



****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


おなじお客様の移動、ここが盲点!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-02-12 20:52 | 戦わずして勝つ方法

弱小店舗の反面鏡であるから楽しい・・・・・・・   





弱小店舗の反面鏡であるから楽しい・・・・・・・



1.優良客、老紳士の品格

とある店舗、有名な大手が気になっていた。
すぐ近くまで行きながらとんぼ返りを繰り返していたからだ。

ある社長に誘われるまま、先ほどの仕事の続きの、
第2弾が夕食をかねて展開されたいく。
近くの居酒屋はパチンコ優良客であふれかえっている。


しばらくして、居酒屋の常連でもあり、
パチンコの優良客でもある数人を紹介された。

なかでも、ひときわ目立つ老紳士はスッ~と立って
こちらに向いて笑顔であいさつに来る。
70歳は優に超えて見えるが
シャキッとした背筋に品格さえ感じる。

「・・・あそこは、だめよ」と、見捨てるようにいう。
老紳士の姿が真実を象徴しているかにみえる。
口切った老紳士に続いて出てくる○○○店舗のヤジ。

大型店舗の隣にあるせいか、
パチンコの関心度はほぼ100%に近い。

競合市場の調査にとって
持って来いのグッとタイミングである。

へたに遊技人口統計だの
立地の向きだのと、決まりきった計算式ではつかめない、
本音の尊いヤリトリが酒の勢いと共に飛び交っている。


生中継だからリアル感がある。
火に油を注ぐかのように、
カウンター席から、パチンコ談義は点火した。


ちらちらと、こちらを見る目が愛おしくもある。
善良なパチンコフアンの温もりが伝わってくる。





2. 「負けないぞ」と・・・・・・・覚悟の拳を握りしめた

なるほどと、思える答えの連発に勇気が湧き、
ヒントを得るのも、このようなお客さまあってのこと。
ありがとう・・・と、何かを胸に刻んでいる自分。
熱狂するパチンコ会話に覚悟の拳を握りしめた。
「やるぞ」と・・・・・・・
「負けないぞ」と・・・・・・・
この大型には勝てる間違いないと、この目で確認した。
心と心で誓ったようなフアンとの絆で震えがとまらない。
真のパチンコフアンは、会ったばかりで友達になれる。
だから話が尽きない。

また、来ますといって去るときが名残惜しいのか、
席をたつ人、深々と頭を下げている人もいる。
何ていい人達なのだろう。
わたしも負けまいとアタマを下げながら、
老紳士の手をしっかりと握りしめている。
「ありがとう。今日は本当にありがとう」と何度も手を振った。

店舗から冷淡に扱われ、つま弾きされてきた、
お客さま心理の存在確認が、
再生の確信を強めていた。





3. 稼動11%、午後6時半

800は超える台数で稼動11%、午後6時半。
連休明けの火曜日といっても情けない。
1パチの台数だけでも小さな店舗に比例するほどある。
16人だけが、ある機種の1パチコーナーに群がっている。
断然な稼働効率で噂をばら撒いている1パチが
ここでは10%にも満たない。
稼動衰退の末期でみかける症状である。
稼動するはずもない、まっさらの新台が丸裸で寒そう・・・・・・・

入替直後の北斗にちょこっといて、
大海スペシャルには10人満たない。
慶次はひとりもいない。
大型店舗だから台数は容易に想像できるはず。

羨ましくもあるが羞恥心が体中に走る。
まともに見れずに足早に撤退した。
業界人間のサガなのか。

こんな店舗があっちこっちにある。
数十店舗の規模で展開する勢いは止まることなく、
少し前も巨大店舗をオープンした。
メリハリがなくずん胴で
どこがアタマで
どこが胸で
どこが尻なのか。
美人の要素が見当たらない。

資産はあるが試算を間違えてしまったのだろう。
原因をあれこれ並べるまでもない。
簡単だ。
戦略怠慢か戦略試算の掛け間違いの多い経営幹部の頭脳である。
たまたまではない。
体質なのだ。

この店舗も大きな有名道路に接している、
四つ角にある。
駐車場も500台・・・・・・・
駅から徒歩3分・・・・・・・
最新鋭な設備を網羅している・・・・・・・


カネはある。
入替えは頻繁にできる。
台数は大型である。
なのに盛り上がらない。






4.盛り返えせるのは精魂こめる弱小店長だけ

盛り返すのは簡単だ。
有力なコンサルはいらない、足かせになるだけ。
大型店舗を盛り上げた店長は害になるだけ。
弱小店舗をもりあげた店長がいれば窮地が助かる。
わたしは20数年、一貫してこれを主張している。
なかなか、わかってもらえなかった。
パチンコ店舗の再生は
「小が大をかねるけど、大は小をかねない。」
大手の既存公式は機能しないことを
通用しない成功方式でなだめ様としている。
彼らのバカバカしい成功論には無茶がある。


弱小店舗を建て直した店長だったらやってのけるぞ。
これがわたしの本音のホンネ。
最近になって、段々とわかってきてもらっている。
本当に苦しくなるまではわからないのだろうか。


まだまだ、喰える、喰える飯があるから甘えていられる。
とにかくあまい認識が充満していた。
そのような店は、ハリケーンのようにさらわれていってしまった。
日ごとに困窮の加速度がついているせいで目覚めてきている。


身体にメスが入って初めてわかる痛さが、
とがった部分を取りのぞくのか、ふっと我に返るようだ。


弱小店舗にもチャンスがやってきている。


図体がでっかいだけで
アタマデッカチだけで
お客さまから見事に見放されている。
カネ計算が先で、客計算ができない。
大型大手大物が愚かに見える。


爽快である
痛快である





5. 弱小店舗の反面鏡

弱小店舗の反面鏡であるから、
ありがたい存在である。
少しでも長くそのままでいてほしい・・・・・・・
心配しなくても大丈夫ですよ。店長さん!


こんな大型店舗は
入替ても、
玉出しても、
イベントしても、
このままでは盛り上がらないから。


心配しなくても大丈夫ですよ。店長さん!
ただ、むやみに戦うのだけはやめておこう。

馬鹿なヤツを相手に時間を通やするほど、
不愉快極まりなく馬鹿らしいことではないか。

こんな大手の大型店舗から学ぶものはない。
這い上がる単独店舗のドラマが生き様であること。
歯を食いしばって、この信念を貫こう。

彼らはわかっていない。
本当に入替なければいけないのは自分だということ。
気がつくまでには・・・・・・・
汚染された過去の年数分が
必要時間なのかもしれない。




c0157433_19252241.jpg

****************無料相談室****************

ご相談メールに
店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallを記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。
相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

弱小店舗の反面鏡だから!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-11-27 10:17 | 戦わずして勝つ方法

全館1パチ専門店のダイナムが近くにやってきた。起死回生の策、「ゆったり館」   




昨日、現場からの通信です。  9月12日3時7分

・・・・・・・・・・明日ダイナムが十和田に復活します。
・1年ほど撤退していたのですが・・・
・また競争が激化しそうです。
・イチパチがどのような挙動をするのか楽しみです・・・(省略)

現場の通信は以上です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





十和田といえば、青森県で由緒ある観光地だが
人口は約7万人で8店舗+ダイナムの死活競争がはじまった。
この他にも宮城の大崎市、静岡の袋井市、
新潟の新潟市の3店舗も本日オープン。
どちらもあたらしいパチンコ、ダイナム式「ゆったり館」である。



十和田は地元では誰でもしっている、
強豪「北大」と「ライジング」の圧倒的支配下にある。
しかし、「北大」と「ダイナム」は変な因縁で
密着した戦いが1年ぶりに再スタートした。
そこの近くにはマルハンも加わっていることに、
一食触発の緊迫状態が加速されている。

そして弱いところの不安感がいっきに噴出する。
弱小といえば、昔から地元に馴染まれてきた、
「文化」は現状の迷走がより増幅することになるだろう。





出店中心の台数は400台で今回も丁度その辺である。
400台で280人を集客することが目標であるならば、
遊技人口1.100~1.200人の25%の客数シェアーの確保となる。
あとの75%の遊技人口を8店舗で振り分けたら
どこかが脱落していく運命となる。


北大にしても文化にしても、独自性がない。
ここらで本腰の独自性プランで対抗してほしい。
独自戦略で行くと一番嫌がるのは大手である。
ある店舗に携わった時に10分先のダイナムは
こちらのイベントと演出、チラシ看板のタイトルまで真似してきた。
これが大手の弱小つぶしの同質化戦略である。


店長は「ダイナムがうちの真似をしてきた」と、
さもこちらの作戦の優秀性を語っているようであった。
そんな悠長な場合ではないはずだ。
当店をターゲットに仕掛けてきたことに緊張感を感じないではいられない。
気を許すとあっという間にもって行かれる。


対抗して入替えやイベント尽くしで玉を
出せば出すほど店舗は衰弱していく。
無鉄砲にも単に機械とイベントと出玉で逆攻勢なんてすると・・・

待ってましたと・・・
相手の思う壺に
積極的にハマッテいくようなものだ。


大手にやられた店舗でこの手に乗せられて
駄目になった店舗が何と多いことか。
また、戦略をもたない儚さが浮き彫りになるのもこの一瞬である。
その一瞬の手立てを間違えたばかりに、
どん底まで引きずられていっているケースはなにも珍しくもない。




でも、大手の進出で痛手を喰って
はじめて弱小店舗の対抗戦略失敗に気づく、
店舗が多いのはとても残念でならない。
勿論、おめでとうなんて言わないけど、
でも、ダイナムの出店で気づけることがあるならば、
せめて、皮肉でも良いから
「ありがとう!」でも言って、
逆手を取ってみることができないだろうか。



ただ、どういう訳だか「ダイナム」が
1年前に撤退しており!?!?!?・・・・・・・・・
再デビューをするというには、それなりの訳があるが、
そこが気になる・・・・・・・


すべてを清算して、あらたな体制と戦略システムを
活発に展開を始めたダイナム。
1円パチンコの200店舗の組織は
元気に機能しているらしい。
決してあのダイナムだから・・・として、
あなどれる訳がない。
過去に甘んじたダイナムでないはずだ。


今回の特徴は「全館」1円320台、全館5スロ80台である。
パーソナルシステムを導入して玉箱は台の上で演出するらしい。
100機種、700アイテムの景品、500冊の漫画でゆったりと・・・
そして「貸し玉4倍、でも運は4倍にしてあらず」と意気込んでいる。
これがダイナム式「パチンコゆったり館」である。


でも、我が愛する現場の戦士が
弱小店舗を独自の戦略で邁進している限り
信じたい。負けてはならないと・・・





****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

ダイナム1パチに対戦する!!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-09-13 15:10 | 戦わずして勝つ方法

下手な時間打ちは命取り!ただ大海スペシャルだけが待ち遠しくて・・・(泣きええ~ん)   

「下手な時間うち」命取りとは、
すでに業界の作戦教訓であるはずなのに。

15時開店されたから客数の減少を招いた・・・とは、
耳にタコができるほど聞き飽きた理由付けにヘドが出る思い。
だから、それが何だ・・・今更///。

茶番劇を演じているようでちゃんちゃら可笑しい~~~くて・・・
茶番:(広辞苑)ばからしい、そこの見え透いた振る舞い。茶番劇。と、ある。

「稼動低迷理由付け症候群」の上位ランクに「時間うちされた」がある。
第一位がグランドオープン、リニューアル
第2位を新台入替とするならば、第3位が時間うちの出玉イベントである。

時間打ちには時間打ちで、出玉には出玉で、
入替えには入替えでの昔から変わらぬ陣取り合戦が、激化している。

入替のできない6月だから、
情けない実態が露呈されている。
入替だけに我が身をよせている
作戦なき浅はかな営業戦略が嘆かわしくも映る。

作戦の引き出しをもたない案山子は
スズメにもチュンチュンもされず、足元をすくわれている。

早く「大海スペシャル」が来ないかと
待ちどうしくて夢にまで見ているのでは。
7月が来るのを指折り数えては、
「おねがい!苦しい時の神頼みです!」というから
可笑しくて、可笑しくて・・・
ただ大海スペシャルだけが待ち遠しいくて!助けてえええ・・・と。

馬鹿げた話が現実にあの大手の
巨大店舗の幹部頭脳のバロメータであるならば、
勝ち目は十分!ほっとするではないか。

時間打ちの、上手い相手は巨大店舗の
スキマで稼動をあっという間にすっぱ抜いている。
これが作戦である。

私たち、ちいさい店、よわい店、あぶない店は、
「相手の嫌がる場所」で戦うこと。

あなたはどのように思いますか?
あなたならばどんな対戦をしていますか?


只今、届いたニュースをお伝えします!!

参考になればと今回は以下、カットなしで全文を掲載します。


********!?******!? *******!?********
現場からのニュースです!!

良くも悪くも「時間打ち」だから

本当にあきれる総括を耳にしました。
その一幕を紹介します。これが大手の総括だ!

店長「今日のこの稼働の落ち込みは何が原因なんだ??」

マネージャーA(以後MA)「これは他店の影響です」

店長「それはどんな事でだ?」

MA「今日は他店が時間打ちで15時OPENなんですよ。そこに稼動取られてます」

店長「それじゃ明日は期待できるな?」

MA「はい期待できますよ!」


これがある日の総括です。
これで終わり??と耳を疑いましたが・・・終わりでした。
他店の影響です、というのはわかりますが、
もっと深く掘り下げた視線で見ないといけないと思います。
これは明らかに事務員に行かせた統計調査の報告だけで答えた総括で、
果たしてどのくらい、どの機種が支持率で大きく変動したのか?
当店との客の行き来はどのくらいあったのか?客層は?男女比は?などなど・・・
いろいろ興味を抱かなければいけないことはたくさんあると思います。
ただ単に時間ずらしただけで・・・の総括はいかがなものでしょうか。


そして本日・・・総括を聞きました・・・

店長「今日は何の日だ?」

MA「今日から時間打ちで○○を3日間開催です」

店長「何でこんなに稼働が低い?」

MA「たぶん今日15時OPENということで
先に他店へ行ってしまい稼働が伸びないのでしょう」

店長「じゃあ明日は?明日も12時OPENだぞ?」

MA「明日は今日より早い12時で、
今日よりもたくさんのお客様ご来店が期待できると思います」

店長「そうか。頼んだぞ!」


矛盾していませんか?この前の総括では相手が時間打ちだから負けた・・・
今日は自店が時間打ちだからそれが不利に働いた・・・ん?と思いました。
いかに毎日の総括を重要視していないか、よくわかります。
しかもまたまた根拠がない。
3時間早い事で、どうして来店客が増えるとわかるのか・・・

あなたたちはお客様の声をしっかり聞いて考え、
作戦的に動いているのですかと言いたかったです。
実際自分はこのような声を聞いています。

「また時間打ちか~。俺ら常連はなあ朝から打つことが好きで、
朝から並ぶのがいいんだよ~。何でかって?ギャンブラーだからよ!
長く勝負したいんだよ!」

「漁師は朝漁に行って、そのまま来るんだっ!
そこんところ、わかってくんねーとなー・・・常連は逃げてしまうぜ~」
こういう事を聞き入れる姿勢もないし(実際報告はしています)、
それを重要だと思っていないほうがおかしい。悲しいです。

ここの店は本当に時間打ちが好きらしいです。
ただの時間打ちしか方法はないのか?
1ヶ月に9日ぐらいは時間が打ちありますが、
だんだん稼働は減っている傾向にあります。
まず客層の違い、上にも述べたように、

平常営業の時には、常連のお客様が非常に多く、
1人あたりの稼働時間が長いのが特徴です。
しかし時間打ちをすると、若者が多く、早い交換が目立ちます。
そして2時間もすると、稼働が激減する傾向にあります。
何度同じ間違いをするのかこれからも見て行きたいと思います。

まあわからない事もありません。
予算的にも余裕のある会社だろうし、
6月という厳しい月、この入替のできないさなか、
余裕の時間打ちなのでしょう。

でもこれが命取りになる危険性も秘めていると思います。
長いスパンでみれば、さっきも言ったとおり、
批判的なお客様の声が圧倒しているし、その風評は瞬く間に広まるでしょう。

弱小店の解決しなければいけない項目に必ずある、
「イメージが悪い」という項目を
今、わざわざ自らの手で作っている状況にあります。
広い範囲に展開している会社ではありますが、
この地域だけで考えれば今、下降線であることは間違いありません。


僕は弱小店舗を支えていくために言います。
まだまだ付け入る隙はあるし、それを今!目にして勇気が沸きます!
これもまたよい経験としてしっかり頭に叩き込みたいと思います。


以上、現場からのニュースでした!!
*******!?******!?******!?*******

そうなんです!
へたな時間打ちをすればするほど、
客数は減っていくのです。
客数を減らしたいならば、下手な時間打ちを
どんどんすることです。

相手が時間打ちで来た時にはチャンスです。
下手か上手いかを見極めつけるだけで
情勢が一変しますから、この時に
しかるべき戦略を出るのです。

ただ、機械入替えと出玉だけを戦略に
している人にはわかりません。
だから、このような現象に陥るのです。
落ちるべきして落ちているのをわかっていない競合を
相手にするほど爽快なことはありません。

見る見るうちに相手の目減りが
如何に自分の「戦略操作の手中」に乗っかっているかが
ハッキリとわかります。

できれば「戦わずして勝つ」ことがベターです。
相手を「自滅に追い込む」のです。
その状況での相手は「カラマワリ」が始まっています。

だから、弱小店舗の作戦をやめられないといえば、
オーバになりますが、痛快極まりない快感を
味わって見ないひとにはわかりずらいのも確かです。

はやく、競合のなかでも「独自の地位」を築いて
もらいたいと、心から願っています。
頑張りましょう。
その日が来ることを強くイメージして見ましょう。

この時間打ちの戦略についても後日述べることにします。

あなたはどのように思いますか?
あなたならばどんな対戦をしていますか?



下手な時間打ちは命取り!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-06-19 10:31 | 戦わずして勝つ方法

弱小店舗は待ちの極意に専念する。相手の意表を突いた途端から一瞬にして競合の影の中に潜伏する。   


普段はおとなしく、
相手にないものを探しながら、待ちの極意に専念する。
弱小店舗は相手の意表を突いた途端の,
ある時から一瞬にして予想外に潜伏する。

=競合における白紙率70%は成功の秘訣=

以前、紹介した「白紙率」で、競合にはないものを観察する。
ない立地、ない客層、ない機種、ないイベントなどを探しても大概は共通している。
重要なのは作戦にないものを探しながら、周到な準備をしておく。
出玉の放出作戦、機種の選定作戦、幹部の意識と行動のパターンなど・・・

●競合とお客のふところの動きと心理にないもの・・・

●放出作戦は「お客を試すのではなく、そうなるように仕向ける」ことである。
無理矢理お客をつけようとすべきではなく、
お客が出向いてくるように仕向けるのが作戦勝ちである。

●作戦上手はまず不敗の態勢を整えた上で、必勝のチャンスがくるのを待つ。
無理をせずに成功の確率を100%に近づける「待ち」の極意

●いつのまにか稼働がアップしているのが本当の作戦勝ちである。
周到な準備と日常的な積み重ねがものをいう。
食物はたえず成長しているが人の目には分からず、
気がついた時には大きくなっていたというように
周到な準備と努力の積み重ねによる
成功が見事な勝利と言えるであろう。



★それを新台入替などのビックな集客を見込める時にぶつけると、
独自の営業戦略が輝き始めるのだ。
この時が独自化のキッカケをつくる絶好なタイミングとなる。
このタイミングを逃すとまた、しんどい思いをしなければならない。

パチンコやはチャンスはあるのに、タイミングを裏付ける仕掛けがない。
あっても薄っぺらなんですよ。機械を入替て玉を出せばいい。
邪魔くさいことせんでも、そうすりゃ客なんかつく。
この人間タイプのジャンルがあるのは否定はしません。
でも弱小店舗はおかれている根底が違います。

弱者が次の段階をクリアーするには、
相手にないものを精力的に探す
そして、政策をあつっぽく、語りながら「待てるだけ、待つ!」
相手の弱み、相手の苦手な場所と時期に絶好なタイミングを設定する。

相手の意表をついて、瞬時に出る、出たら集中的に行く。
そして、あっという間に予想外に潜伏する



相手にないものを探すと道がみえる↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-14 12:08 | 戦わずして勝つ方法

強い競合店とは正面からぶつかるな   



強い競合店とは正面からぶつかるな


○正面衝突をせずに、他の方法で勝つことを考えるべきである。
一時的に避けながら目標達成に向かっていく努力をすることだ。
体を横にしながらも静止せず、少しずつ進んでいく。

○悪質な競合のデマ、離間政策にのせられるな。
強い店の常套手段は「あの店は売りに出ている」
「経営者が変わる」「いわく絡みの借金でクビがまわらない」
などデマを流すことで、優位に立とうとする。 

○勝算のない戦いはしない。戦力を比較して戦う。
大手の大型入替に機械をぶっつけて、
赤字放出を作戦根拠があるように振舞う店長がいる。
予想通りに敗退を現実に見ることになる。
また、恥ずかしくもなく公言するのだから呆れたものだ。
逆に相手がリニューアルだからと言って、
「ほとぼり覚めれば戻ってきますよ」なんて言うものもいる。
しかも次の保証もなく閉めていく店長とか、様々である。

○消耗の激しい戦いは短期で終われ。
もし、戦うならばタイミングを作戦化せよ。
そこにエネルギーを集中的に
爆発させることによって威力を増すのである。
だらだらと時間を対戦していると体力がもたない。
限られた時間に、限られた場所で、限られた方法で、局地戦でいく。




○競合店との戦いはメリットとデメリットの表裏関係である。
駆け引きの場面が多い。情報の取りあいだ。
大事なことは相手の店舗の情報は満タンに仕入れても、
こちらの情報はひとつも流すな。

以前、競合店舗から自店に従業員募集を装って
スパイを送り込んで来た。
真面目そで仕事もできることを評価して、
まもなく主任補佐の班長をさせたのだが・・・
会議の機密とか決定事項が翌日には相手に露呈されていく・・・
危うく膨大な損害を被ることになった。

それを逆手に嘘の決定、情報を流すことでしばらく泳がす作戦で様子を見た。
相手は何度もカラマワリを繰り返し墓穴を掘って行った。
情報戦で戦わずして相手を自滅へと追い込んだ典型例でもある。
こうして情勢を逆転させることで、致命的な打撃をあたえたことになるが・・・
しかし、ひとつ間違えれば、
生死をかける情報合戦の犠牲物として葬られてしまっていた。


○営業戦略はプラスとマイナスの両面を合わせて考える。
プラスを考えるからこそ、やることに間違いがなくなるのであり、
プラスだけでなくマイナスも考えるからこそ、災いを防ぐことが出来る。
競合の中の弱小店舗の戦いは
仮に圧倒的優位にあろうとも、決して気を抜くことができない。
いつも、不測の事態を考え、予期せぬ変化にも対応できるようでありたい。

成功した時、有頂天になってのぼせあがれば
成功のプラスはマイナスとなる。
失敗した時、失敗の中から教訓をくみ取って次に備えれば、
失敗のマイナスはプラスとなる。
あたり前のことである。
しかし、成功したときも、失敗したときも一貫していくほど難しいものはない。
なぜなら、人間は良くも悪くも変わる動物である。



競合とは正面からぶつかるな↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-13 01:22 | 戦わずして勝つ方法

新台祭りであつめて、祭りが終われば散っていく・・・作戦書なき入替は何度しても変わらない。   


新台入替を軽々しく展開すべきではない
作戦書のない入替えは何度しても変わらない。
新台祭りであつめて、祭りが終わればまた散っていく。
そんな入替するだけつかれます。
わかっちゃいるけど、やめられない・・・
いや、気持ちは痛いほどわかるんです。
でも新台入替が「死んだ入替」になっていませんか!

新台祭りをキッカケに5人の固定客づくりをしよう!
毎月1回の入替で5人ならば、年間60人つくらなければ・・・
現在50人とすると、110人の集客をすることになる。
そんな展望を強くイメージするような新台入替をやってみよう。

そのための作戦書がありますか?
それではイメージはつくれません。
図面がなければ、建物は立ちません。

○この時期が実績を変えるグッとタイミングか
○入替の目標と手法は鮮明であるか
○競合の戦況とウチとの勢力関係の何を好転させるのか
○勝敗を裏づける営業戦略的キーポイントの準備態勢はどうか
 *新台入替のための組織、制度、運営など・・・
○組織をあげて取り組む改革目標は何か
○次の入替の前半戦として、関連した作戦の意義と仕掛けは整備済みなのか

*よく行動する組織は、メンバーが共通の目標を持っている。
利害、 使命感、 危機感、 雰囲気 …
何にせよ、一体感を持って行動することによって、
組織の活性化が図られる。



グッとタイミングに出て行く入れ替えを考えよう↓ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-01-12 21:08 | 戦わずして勝つ方法

煙に巻いてドロ~ンと忍術でも呼ばねば、失態しかねないのか・・・   


NHクンに会ってきた。

競合のAホールでしばらく、パチンコをした。
稼動は100%でする台がないのであふれていた。


Aホール4時 
稼働率100%
自転車283台(バイク11台)60%
Aホールのキャッチフレーズ
営業方針・・・大革命・・・○○○市を絶対制覇する!である。
かなりの意気込みを感じる。

Bホール
稼働率43%

当店4時 
稼働率83%
自転車146台(バイク6台)50%

3店舗は徒歩7~8分の距離

NH君は負けずと頑張っているが・・・
正月があけて見ないとわからないが、
もう勝負はついている。

相手は大手である。
何も勝つつもりもなければ、戦うつもりもない。
しかし、今度ばかりは相手がウチの営業形態を
模倣してきてちょっかいをして来ている。
売られた喧嘩は買って出るといえば格好は良いが
相手の罠に嵌るだけ損なことは十分承知のこと。

しかし、換金率を42発から33発に変更。
はこの色まで・・・すべてを真似ている。
これは大手の常套手段で
吸収して弱体化させる手口に他ならない。

暫し、冷静な判断が必要となる。
煙に巻いてドロ~ンと忍術を呼ばねば失態しかねないのかも知れない・・・


明日に続く

人気ブログランキングへ<
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-29 22:12 | 戦わずして勝つ方法