カテゴリ:ないないづくし戦略( 233 )   

脳年齢は、肉体年齢に比例しない   



脳年齢は、肉体年齢に比例しない



夕食時のこと。いきなりゲーム大会が開催された。
参加してコール!!~~~に負けて、嫌々ながら、渋々と・・・


最近のゲームはよくできている。
とはいってもハッキリ覗くのは今回が初めてのこと。
私の場合、ゲームはパチンコと同様、頂点を極めるまで
夢中になって、やり尽くすから、
敢えて手を染めることをしないようにと自認している。


ところが大変な事態が起こってしまったのだ!

数学パズルからするというのだ。えェ~みんなは理数系だからいいけど・・・

なに言ってもふ~んで、強行採決!
「!ハイハイやって」と段取りが良すぎる。
あとは、スタートだけ押せばいいから・・・

左側の問題から7を引いて答えが出たら
また7を引く単純作業だが時間内に正解を求めなければならず、緊張感が走る。
そして如何に早く答えたかを競ったら年齢が出るようになっている。



何と、ヒデキ感激である!と言えば大分古いギャグだが《年齢がわかる》・・・・・
やめてほしいのは、こっちの方だが、わかっちゃいるけどやめられない!

とみーのどんだけ^~なのだ。
「脳年齢49歳!」と出たのだ!!!
これはスゴイ!こんなゲームならいつでもやるで~~~
「アタマいいんだよ。回転が早いんだよ。若いいい~」なんて
黄色い声まで浴びせられて、そりゃ悪い気はしない。

今日は何しても運がいいようだ。

人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-11 15:54 | ないないづくし戦略

心の割数が違う!   



タクシーカード


     わたしは約束します!


(1) お乗りの際は必ず、ごあいさついたします。

(2) 自己紹介をし、テイッシュをお渡しいたします。

(3) 行き先とコースの確認をいたします。

(4) お降りの際は、必ずお礼を申し上げ、「お忘れ物ございませんか?」の
ひと言を 申 し添 えます。


以上のひとつでもできなかった場合は、お急ぎのところ恐れ入りますが別紙の「ご指摘カード」にご購入のうえ乗務員にお渡しくださいますようお願い申し上げます。
その場合は失礼でございますがお客さまよりタクシー料金を頂戴いたしません。

               日本タクシー(株)



あるタクシーの運転手さん


ある土曜日の4時頃、地下鉄御堂筋線難波駅 高島屋表口の
タクシー乗り場から仕事先に向うタクシーのなかで



◆運転手  「毎度ありがとうございます。お足元よろしいでしょうか。

         ドアーを閉めます。 私、シンマイですが、日本タクシーの ○○○と申します。

      (あいさつと同時にテイッシュが渡される)どちらまでいらっしゃいますか?」


◆運転手  「はい、承知いたしました・・・・・・・・」                   


◆運転手  「よ~く降りますね。最近の天気予報はよく当たりますね。」

降りる時にも結構な雨が降っていたのに、

運転手は運賃の精算を終わるや否や、

わたしの座席の方にグルリと廻り

ドアーを開けて(運転手は雨に濡れて・・・)

深々と頭を下げては

「ありがとうございました。」

その時、わたしは「運転手さん、いいです。結構です・・・・・ 
  
すみません」と、あまりの申し訳なさにぼう然としていました。



◆ここからなにを感じますか

・・・このような運転手にまなぶべきではないか


  生きるか、死ぬかの競争のなかで弱者の戦法を問う時に


最も真実なことは強者にはわからない

 
        弱者の気持ちを心からすなおに、


いかに表現できるかではないか。


        この運転手はそれを知っている。


        いま、弱小店舗がすぐに行動する顧客づくりのパターンが

         
        ここにあるような気がしてならない。


        こんな事をパチンコ屋はおろそかにして来たからだ。



        

        強い店舗の中でエスカレートしている100台、200台の大量入れ替え


資金力と出玉の量・入替頻度の優勢・設備の豪華高級など・・・
 
   
システムの完備・豊富な人材など・・・


        13日にも難波HIPSのオープン、しかいろう本店リニューアルなど

        
        大手はさかりがついている。結構なこと。


        いまさら、ビックリすることでもない・・・・・



         


        根本の視点が違うのだ!
        
        
        群馬県のある社長と会ったが度肝を抜かれた!!


        250万円で処女オープンをした。


        これにはびっくり、いまだに興奮がおさまらないのだ!!


    

        これぞ、戦わない戦略の先遣隊である!


あそんでいただいている   乗っていただく



危機意識が違う


        放出戦略が違う


        入替作戦手法が違う
                 

地域密着の開拓と地域の利益優先の仕方が違う



 独自の戦略資質は決して、大手の真似でない個性化に徹してる。

       
高度な危機意識がそのようにさせる。そんな業界人間が好きだ。


        いや大好きである



        頭と腕と心・戦いのしかたが変る・・・・


   心からでる割数は、お客にあたえる影響で実質割数より、


はるかに高いことが証明されている。


   このような意識と感性のないホールは自然と淘汰されて行くであろう




               
この運転手の 実質割数アルフア心の割数に触れた時、


       お客の心は揺れる。


       尊い心をくれた運転手に感謝をこめて


       タクシー会社に電話した


       ありがとう!


人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-10 16:53 | ないないづくし戦略

冬ソナおばちゃん語録集「ヨンさまのおかげですよ!」   



冬ソナおばちゃん語録集  



お客様
●これ持ってやったら(冬ソナグッズをもって遊技中)本当に今日、爆発よぉ!
●あなたのおかげよ。
●もう病みつきになりそうで怖っ~                                  


スタッフ栗原
●良かったですね~ヨンさまのおかげですよ。
●お客様の思いが台に通じたからですよ。
●さらにパワーアップしそうですね。



お客さまの言動の中に
「これぞ自分が出ることができる場面だ~~~!」と
感じるヒントがあることが往々にしてありますよね。



☆ここでのポイント


①ヨンさまのお陰・・・  

お客さまのお陰、お客さまの力と言わずに、
ヨンさまの威力を借りることでお客様には
極度の満足感をあたえ
興奮のペースを維持させて会話する。


②お客様の想いと台・・・  

あなたのお陰と言われたら返す。
言われなければヨンさまで終えることで
感激の絶頂感度を維持しようとする意味をわかっている
スタッフの行動が良く見えてきます。
顧客感度の鮮度を察知しているとこが素晴らしいですね。


③さらにパワーアップ・・・  

もう病みつきになりそうで怖いと内心、
嬉しさではち切れそうな客心理を見事に
クスグルタイミングとして最高ですね。



このようにお客さまの言い分を活用して、自分の主張に結びつける。
接客パフオーマンスは演出割数の活動として教育の体系づけをしているものの、
スタッフが楽しんでする時に波及効果は抜群になりますよね。

私がいつも感心するのはお客さまの言い分が飛び込んで来ると、
意識か無意識にしろ「その場を逃がさない良い表現」を創造していることなんですよ。

お客さまから頂いた、折角の話題のチャンスなんだと・・・
素直な自覚にあふれているから・・・
ここではユーモアいっぱいにパフオーマンスしていますね。

良い自己表現が出来た時ほど
「やったぁ~!」「しめたァ!!!」で、
ストレスを解消をしながら仕事にしている姿が凄いんですよ。


ここでクレ落ちならぬ、「栗」オチがあったら、満点をあげたかったのだが、
辛いかな。

でも、でも・・・・・・・・・・・・・・・
栗原さんにはお客さまを引きつける超能力がありますね。

ホールの現場で「聞き手の心理を読む力」と
「魅せる力」が自然と調和されていて、
とても良い感じですよ。

次はチェジウでいっちゃう?



私の行く顧問先の殆どはこのパフオーマンスを提供する。
体感割数をお客様の内面世界まで誘導するこの演出を
私は「演出割数」と呼んでいる。
弱小店舗ならでわの人間力の表現である。



それをシステム化しているから強い。
それをスタッフみんながしていることが凄い。
こんなパチンコ店舗はなかなか潰れない。

人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2007-12-10 01:13 | ないないづくし戦略