<   2008年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

パトラッシュ2!釘がわるい!スランプがひど~い!なぜ???   

パトラッシュ2!釘がわるい!スランプがひど~い!なぜ???

パトラッシュ2!
1730回転数、大当たり0回の台が
淋しく、虚しく・・・いや悔しく空いている。
台数20台で空き台が目立つ、稼動半分強。
大阪環状線の有名駅で1日の乗降客が40万人もいて、
サラリーマンがごった返す町である。

その駅近くの店舗でこれはないだろう。
いや、最高の立地条件に恵まれた虚栄心が見え隠れする。

通勤帰りのお客様で一時は満席状態で40~50分もしたら、また半分。
機種の特性もあるが、信用がないのだろう。

6時半頃プレイ開始!

えっ?!なにこの釘???
この釘でよくも、ここまで1730回転まで、つっこんだもんだ。
スランプがきつい。
玉のナガレを見て、ストロークに最大の注意をはらう。


もう、いい加減、区切りのいいとこで
2000回まで挑戦したら、来るやろう・・・と。
さすがに1900回転を表示したときは、
「これはきついなあ!でもこの前は、
ある店で2300回でかかったのを見たしなあ・・・
しかしここまで挑戦し続ける機械の魅力があるのだろうか?」

同じ頃、まったく同じ時間帯にモニターが
パトラッシュ2を別店舗で打っていた。感想を聞きたくて・・・
その間、電話のヤリトリで情報交換。
いつものこととはいえ、せわしさを感じる。

そんな時、イキナリ予告なしでパトライトが
ウイ~ん、ウイ~ん、ウイ~ん・・・と・・・ああやった!というより、
もう疲れたとアタマが垂れる。

開店数1925回で大当たり!!!

記念すべき瞬間に出会えているんだと、段々・・・
思えたら疲れもいくらか癒されていった。
その後10レンチャン(スモール3含む)で終了。

それにしても、1925回で大当たり1回!に秘める謎が気になる。
打ち手は何人で、
何時から打ち始めて
吸い込み玉は・・・

そして
誰が打っていたのか。
どんなキモチでハンドルを握りしめていたのだろうか・・・
考えるほど、お客様の気持ちがジン~と響く

この店、E店は30店舗ほどのチェ~ンで
この手の機械の扱いはうまいはずなのに、しっくりいかない。

とにかく、スランプが激しい。
おそらくこの釘での営業は時間の問題であろう。
1000円で2,3回とおもいきや、15回、16回・・・とまわる。

みんな、いらいらしている。新台だから我慢して打っている。
閉店後に見たデータでお客様の気持ちが判断できるのだろうか。

問題は営業中にどれだけ、どんな感じでまわっていたのだろうか・・・である。
お客様の顔色はコンピュータには映らない。
まして事務所だけで、
現場に顔を出さない「カメラ族」にはわかるすべはない


よく見たら釘だ!がっかりだ!

ヘソ釘から道釘左上の誘導釘(風車上逆八)が変形的な寄せになっている。
しかも逆八の左を引っ張っている?!なぜ?

これでは常識に考えても玉は全部、ヘソに集中するのが見えみえ・・・
ヘソは「玉ゲージ」で「04軽く02さわらず」の調整で肉眼でもハッキリわかる。
しめてもしめても、閉まらないからヘソを02までしたのだろう。

しかも誘導釘はばらばら・・・

この釘は、また変わる。間違いなく・・・

幼稚さがわかる。
あきれる・・・

みなさんならば、どうのように対応しますか?
所詮、大手とはいってもこの程度のものです。
大手はもっと釘がわかっていない。
ただただただ・・・・・・・・・・・・・出玉ですから!
急に肥大化した店舗の足腰の弱さが露呈している一幕でした。

弱小店舗で休憩時間もままならないみなさま!
出玉があれば、あなたならば、
それ以上の活躍をすることでしょう。

自信持ってください。



釘が悪い、スランプがひどい?!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-31 11:00 | 釘の家庭教師

*** 大手「だから!」ではなく・・・・・・・・・・・・・・大手「なのに!」 ***   


ただいま、はいった現場からのニュースです!
みなさんはどのように思われますか?

*************************

『大きいことばかり気にして、小さいことに気を配らない』
最近、ふと気付くことがあります。
ずっと考えてきたことの答えが見えてきた感じもします。

―20代・男性・近くの漁師さん
(お客様)「お前らいつになったら直すんだ??」
(自分)「えっ?何の話ですか?」
(お客様)「外の割れている看板のことだよ・・・
あそこの看板は半年前から割れてるんだぞ!
?らしくねーな・・・上のやつにも言ったはずだけどな・・・」
(自分)「あそこの看板ですよね・・・ほんとうに恥ずかしいです・・・」
(お客様)「そういうところをしっかりしねーと、
お客様もこわれていなくなっちゃうぞ!しっかりしろ!」
このような声がありました。

自分は来た時から気付いていましたが、
知っていて直さないとは非常に残念でした。
その壊れた看板がある場所は、朝一番に入場する場所であり、
玄関のような場所でもあります。
しかも絶対みるようなPOPが挟まっていて、
誰もが目を通していると思います。
この巨大チェーン店舗にして、
そのようなだらしない面があるのだなと感じました。



*****ひとこと!?*****ひとこと!?*****ひとこと!?*****

巨大化してしまって、最近の「***」は、
悲しいかな傲慢な店長とか主任を時々見かける。
そしてお客を出玉であやつっているだけのような気がする。
幹部陣営の自主性を唱えるのはいいが、
判断基準に根本的間違いが発生しているのではないか。
それはお客さま視点の距離感!
ベターではなくベストを尽くすとは、スローガンだけが先行している。

現実とは裏腹な現状が目撃されており、
ビジョンの導入初期でありえる、幼児期の知恵熱から脱皮しようと、
もがいているのではないかと滑稽に見えてしょうがない。

それでも業界人間は一流と称えてやまないのはなぜか。
圧倒的な店舗数なのか
膨大な入替え台数と大量の出玉なのか

そのためにはスタッフ酷使ともとれる哀れな実態は
「大量と膨大」のなかに隠蔽されてしまうのか
そして、お客さまへのおもてなしは「単純還元率」のなかで、
すり変えられてしまうのか。
勝てば官軍とはこういうことなのか・・・

しかし大手「だから」ではなく、大手「なのに」
パチンコ業界「だから」ではなく、パチンコ業界「なのに」
すごい!そこまでやるか!・・・で、あってほしい。

みなさんはどのように思われますか。


社会常識で見るのと、業界常識にはまだまだ、大きな「へだたり」がある。
その溝を埋めるだけの作業見地では、決して社会的認知はえられない。

社会常識を超越した視線で
お客さまの感動のドラマが反映される日は来ないのか。

それとも
ギャンブルが故に?!
儚い夢なのか・・・


大手だから、大手なのに?!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-30 08:03 | ないないづくし戦略

雨上がりの法則は、ないものか   



現場の情報通信がありました!
******************************

雨上がりの直後の稼動伸び率のおもしろい法則

『この店雨上がり直後に伸びます!』
最近ずっと思っていたことがあります。
それは天候によりかなりの稼働差が生まれることです。
しかも、おもしろい法則を見つけました。この店特有です。
悪い天気の後、嵐の後に非常に稼働が上がります。


「これは何でだろう??」ふと考えました。
その結果わかったことがあります。国道沿いに面していて、
自分は車で通うお客様が多いのかと思っていました。
しかし!歩いてくるお客様が、しかも常連さんに多かったのです。

常連さんは決まって言います。
「朝に雨だと歩いてくるのが面倒になるんだ・・・並びたくもないし、・・・」
なるほどこの情報を50件ほど集め、ようやく解決しました。


雨上がりはお客様の心もパチンコ打ちたい気持ちがうずいて、
更に通わせたくなっているんだ!と。
今日も、朝のうち雨で最初の出足が不調でした。
しかし、昼ごろ雨が上がり1時間ぐらいたつと、
中年くらいのおじちゃんおばちゃんがのそのそやってきました。

「ようやく雨上がったよ・・・さあこれから晴れ晴れ打てるぞ!」
雨の日全体に稼働が伸びるのではなく、その直後に、
特にグンと伸び率がアップする!これは作戦展開できそうです。

「雨上がりイベント」なんて考えても面白いかもしれません。
このようなことがわかって、やはり毎日比較、
チェックすることが大事だと言うこと、
そしてその関連性を多くの情報から
分析することが大事だとまた思い知らされました。


「おまえ腰治ったのか?あんまり無理すんなよ」といわれ感激

今日のうれしい出来事として、1ヶ月前に来ていたおじちゃんに、
「お前腰治ったのか?あんまり無理すんなよ!」と声をかけられたことです。
朝並んでいたのはわかっていましたが、
まさか覚えてくれているとは思いませんでした。
ちょうど1ヶ月前・・・腰を強打して、歩くのもままならなかった時、
出会ったのが朝の外の清掃時間に並びに来ていたおじちゃん・・・
「お前新入りか?どっからきたんだ?・・・歩き方変だな~
どっか調子悪いだろ??」から始まり
「ちゃんと直せ?お前の笑顔を見に来てやるからよ!」と・・・!
非常に感激し、またがんばろうと思いなおすキッカケとなった出来事・・・
それからしばらく来ていなかったのに、しっかり覚えていてくれた、
それだけでうれしかったけど腰のことも気にしてくれるなんて、びっくりしました。
このような出来事があるからやめられないですよねこの業界!


*********!!!*********!!!*******
よく見つけ出しましたね。常連が誰かを見つけることは大事なことです。
歩いてくる客に常連が多いのは店舗周辺といえますね。
単なる雨の朝はあるいて来るのが面倒だというだけでなく、
もっと、他にも原因があるような気がするのですが・・・
例えば、雨降るとできない仕事の関係などはどうなんでしょう。
土木業は朝の雨で仕事のシフトが一変することはよくあることです。
もう少し、客層、客質の区分から年代、職業、趣味などもわかれば最高ですね

雨と稼動の研究はとても価値あることです。

「雨上がりイベント」なんて、良いアイデアーですね。
みなさんはどのように感じましたか?
6月は梅雨の時期で入替ゼロの月
雨が降ったら朝から、その日は1.5倍の客数の店。
雨にはめっきり弱く、その後晴れても1日中客数まばら、空き台が目立つ店。
など・・・地域性がありますね。
業界の6月特性と梅雨時期で何か作戦ができそうですね
あなたならば、梅雨の6月決戦をどう乗り切りますか?

雨上がりだから、客足が伸びる。
雨上がりだから、客足が遠のく。

客層から見てどうだろうか。
職種から見てどうだろうか。
地域から見てどうだろうか。
年代層から見てどうだろうか。
男女別に見てどうだろうか。
店別に見てどうだろうか。
機種別に見てどうだろうか。
曜日別に見てどうだろうか。
など・・・


6月決戦の梅雨時期、雨上がりイベントは?!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-29 13:05 | ないないづくし戦略

「ベースと回転数の組み間違い」が多い!   



takeさんへ!ご参考になれば幸いです。

前回に続き今回は成功例をご紹介させていただきます。私の顧問先で試みてきたことの中に、ご指摘の回転数とベースの実践的問題で、新台入替とかイベント時において、ある機種の特性と曜日の性格を絡めた出玉放出作戦についてですが・・・


○成功例:
月曜日  入替初日 回転数最高レベル 「ベース最高レベル」から、
「ベース」を日曜日に向けて段々に落としていきます。
そして土日には適正なベースまで落とします。

ここで大事なことは、「回転数はそのまま」にして
ベースを調整していくことです。

(*店舗事情の現実的すり合わせからいいますと、
「回転数のそのまま」は、稼動のないときには多く、
稼動のある時には少なくということになります。
初期の実験段階においては理解がしにくのかと
思ってのことで・・・失礼!)

それを実践的な釘調整の過程で実現していくことで、
割数は回転数を落とさなくても、
ベースの分だけ落ちていくことになります。

この場合の土日は、回転数を分岐点または利益関係を考慮しながら、
一割儲け程度でまで落としても構いません。

しかし、ここまで順調にいっても、次の段階の2週目で
作戦化することに失敗すれば苦労が報われません。

ここは今後を大きく左右する稼動と利益をもたらす
大転換期が訪れる場面と言っても過言ではないでしょう。

その瞬間が入替えから次週に到来する月曜日にあります。

それは月曜日の考え方にあります。
この時の回転数を前週の月曜日の新台入替並みにあけることです。

ここでのポイントは「新台入替並みの回転数」というところです。
なぜ「新台入替並みの回転数」が必要なのでしょうか。

それは新台入替から1週間をかけて丹念に落としてきた
ベースの結果にして、1週間も維持してきた稼動を
2週間目の月曜日に落とす危険性があるからです。

その不測の事態にそなえて、もう一度お客さま視点で
見つめることが集客の信頼性を勝ち取る、
しっかりとしたタイミングとして展開することができるからです。

だから、「月曜日は最高レベルの回転数」を提供することが、
集客の裏づけとなる欠かせない作戦手段としての根拠となります。

これを月曜に行うことは、火曜日では絶対にいけないということです。
なぜならばベースを昨日の日曜日で、
落とせる最低レベルまで落としているからです。

細かい計算過程は店舗の実情により異なりますから、
ルール化しておくと便利です。

ここで的中する機種は、最近話題の「42.195K」です。
この機種にはいわゆる専門家グループの賛否両論がありますが・・・
逆に客づきが良く、これをキッカケに
売上と稼動アップ軸の構成図面を
塗り替えてしまった店舗さえもあります。

なぜ、このような両極端な現象が起きているのでしょうか。
失敗している店舗を見ますと「ベースと回転数の組間違い」が
多いこと、多いことであきれるばかりです。
そして相応した釘技術が追いついていないことです。

奥村の「42.195K」は、ひとによって化ける機械です。
(後日この件については別に詳しくふれて見たいと思います)

このように、ある店舗の新台入替で既存機種に
集客を試みる手段を説明してきましたが、
ここで肝心なのは作戦思考とでもいうべき、
発想の転換が必須なことです。

そしてそれに伴う釘調整の仕方ではないでしょうか。

ここには低迷しがちな機種の稼動を元気づける
生命線ともいえる貴重な手口が潜んでいると思えてなりません。

takeさんの真摯な営業努力と現場感覚があればこそ、
きっと実現できることを確信しております。

数々の状況突破をしてきた過程における経験値ではありますが、
私としても日夜挑戦中でもあるため、
貴重なご質問に出会って、
振り返ることができたことを感謝しております。

また、ご不明な点とか営業のことなどお悩みなどございましたら、
どうぞご遠慮なくご連絡ください。

そしてこの件につき、
はたしてどこまでお力添えになれたのかどうか気になるところです。

最後までお聞きいただきましてありがとうございます。
店舗のご発展、心よりお祈りいたします。


追伸:
ブログ返信の規定により、一定文字数以上は
入力返信不可とのことですので、
ご相談は当社のメールをご利用ください。

貴社のメールアドレスから、ブログ紙面の右下に掲載の
「tomi@able.ocn.ne.jp」の当社のアドレスへ送信いただきますと、
非公開で個人のご相談にも具体的に応じることが
できますのでお気軽にお立ち寄りください。
勿論、無料ですのでご安心ください。
喜んでご対応させていただきますのでよろしくお願いします。



SとBの組間違いが?!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-28 08:40 | 釘の家庭教師

:::6月対策はおすみですか?まだ、間に合う即効性のある手段があります:::   

::::::::::6月対策はおすみですか?:::::::::::


入替と機種、稼動と利益に悩まされる弱小店舗のみなさま!
6月は新台入替もない月で、大手の「出玉量」では追いつけなくても、
断念することはなにもありません。

*競合が1回の出玉を削っているなら、ウチにとっては好都合!
 出玉を増やしてつかいましょう。
 
*こんな時期には、回転数をむやみにアップする手立てが丸見えです。

 大当たり1回の出玉量アップはお客様の目に見える
 即効性のあることで反響を呼ぶことでしょう。
 そしてこの機会にベースをやんわりと膨らましてあげることは
 ハンドルを握りしめる時間の滞留を安定させることに連動します。
 賛否両論があって、当然ですが・・・
 競合店は予想以上にスタート重視を目論むことが予測されるなかで、
 単純スタートでどこまで差別化できるかが
 店舗営業にとっては、大変に憂慮されるところでしょう。

 そこでTYもBも逆に考えてみたら、
 何が見えてくるかという、着目点です。

 ある機種、ある曜日を適度にまであたえて、
 強化機種、強化曜日の設定として活用するのも、
 稼動確保のキッカケに転じる絶好の機会です。
 6月予算をどうせ割高で行くならば、躊躇するような
 ヤリカタはお客さまにも鮮明にアピールすることができません。
 
 最初は割高でも周辺にない魅力を誇示すれば支持率がアップした 
 分だけが利益に好転するでしょう。
 予算の関係をにらみっこしながら、アレンジしてみましょう。

*こんな時には、過剰なチラシで氾濫状態ですからチャンスです。
 新聞をあけたらドサッとチラシの山で差別化できません。
 チラシ合戦に埋没されて、存在感を失うこと大!
 お客さまの心に届く「手書きのはがき」を送りましょう。
 効果抜群であることを知っていますか。


*まだまだ、沢山のアプローチができます。
 以前わたしは店長時代に「大事な時期にこそ、
 独自のてづくりポスター」を書いて
 ホールを何度も沸かしたことがあります。
 営業中に店長が貼るポスターはお客様の視線を引きつけます。
 同時に自分でマイクを使って「店長宣言」をアピールしたらどうでしょう。
 〔中途半端なポスターは効果半減。スケールの大きさ、デザインの斬新さ、
 スローガン の内容など目に焼きつくように!
 このような時には大手とは違って、綺麗さよりも泥臭さが
 迫力があっていいのではないでしょうか)

 みなさまの溌剌とした気概とアイデアーが
 予想以上の効果につながっていくことを確信しています。
 

 あと数日で6月です。
 ままならないと思わず、
 みながやらないことをやることで
 道はひらけていけるはずです。

 ほんとうに頑張って、6月営業が
 成功裏にすすんでいくことを願っています。



6月対策はおすみですか?!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-27 03:02 | 弱小ホールの悩み

回転数とベース作戦で稼動アップのキッカケをつかんだ月曜日から次週の月曜日!   



take さんへ


いつも参考にしていただきまして誠にありがとうございます。
しばらく、東京と静岡の出張でブログもおろそかになり、
返事も遅れましたことをご了承ください。さっそくですが
ご質問についてお答えいたします。


大事なイベント時の1,000円分試し打ちとか、
普段もSではなく1,000円の回転数議論をしているとは
素晴らしいことだと思います。
最も現場的でお客さま視点を重要視されていることには共鳴しております。


ご質問の件ですが、結論からいいますと社長のご指摘の通りで、
機種Aと機種Bで回転数が同じであるならば、
勿論機種Bが圧倒的に支持されていきます。


問題はそれが店舗の運営とお客さま接点での相互間において、
限りなく共通の利益を追求する手段として、
稼動と利益のコントロールを如何にすることが
有効であるかがキーポイントになります。
店舗の規模とか機種などの稼動と粗利状況がわかりませんので、
説明に限界はありますが通常で行っている実践例をもってご説明いたします。


先ず私の顧問先で試みてきたことの中に、
社長ご指摘の回転数とベースの実践的問題があります。

例えば新台入替とかイベント時において、
ある機種の特性と曜日の性格を絡めた
出玉放出作戦についてご説明いたします。

ある機種台数10台の店舗の場合での
新台入替えの失敗例と成功例です。
新台入替をキッカケに既存の機種に、
新台並みの稼動をさせていく作戦の手立てです。

もしこれが成功すれば、既存の機種まで巻き込んで
稼動をイッキに取り込む強力な手段となり、
粗利にも大きな貢献をすることになるからであります。

特に弱小店舗では、新台入替をするごとに
既存の機械に稼動させる意味が達成されなければ、
ますます窮地に追い込まれてしまうからです。

○失敗例 (既存のA機種と考えて)
月曜日 入替初日 「回転数最高レベル」 「ベース最低レベル」から、
はじめて回転数を日曜日に向けて段々に落としていったとします。
そして次週の月曜日には回転数をあげては見ても
稼動はさっぱり着いてこない、という例は巷で良く見かけるところです。

わたしはこれを失敗例と名づけています。
何が失敗なのでしょうか。
なぜ稼動は急に低下したのでしょうか。

勿論粗利の配分の良し悪しはあります。
ここでは単純に出玉の作戦の見地で理解をすすめていただきたいのですが・・・

問題は回転数オンリーでベースの作戦が欠如していることです。
新台入替から既存のある機種の回転数をしめて
通常の割数に戻すことが平常営業であると勘違いしていることにあります。

結果として、新台入替から1週間、高割数で営業をしては
見ても次週の月曜日にはもとの稼動に戻ってしまって、
また粗利に追われる日々を繰り返す羽目になります。

このような店舗がほとんどでキッカケをつかめないでいます。
何度も経験して苦しんでいることをこれでもかと歯を食いしばって
苦労に挑戦しているのはわかりますが、
繰り返えすほど坩堝にはまっていることに気がついていないということです。

そして不思議なのはそれでも・・・発想を変えようとしないことです。
ただ言えることは、機械入替で玉を出す式考え
(回転数の上げから通常への下げ)が入替えだと思っている人があまりに多いことです。



しかしtakeさんのように、1000円あたりの回転数に熱心に執着してみたり、A機種、B機種のベースに格別な興味をいだきながら、みんなで議論をするなど、お客さま視点が鮮明な店舗においては、業界情勢に暗雲が漂うなかでも進路がぶれることなく舵取りをしていけるかと思います。

この機会によりよい展開があることを願っています。

次号は成功例をご紹介いたします。




既存機種の稼動アップの月曜日から月曜日?!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-27 00:33 | 釘の家庭教師

お知らせ!ブログ紙面の都合で・・・?!誠心誠意にお答えできないことを、心苦しく思っています   

******* お知らせ *******

いつもご覧いただきありがとうございます。


ブログ紙面の都合で、「返信欄」については、

一定文字数以上は入力返信不可とのことですので、

その後の内容については追加返信を数回に分けて

行わなければならないことで、ご迷惑をおかけしたり

すこし立ち入った事項や戦略的に機密を要する

問題については読者の方のご質問に

十分にお答えできない限界があり、

誠心誠意にお答えできないことを心苦しく思っています。


その場合、貴社のメールアドレスからブログ紙面の右下に掲載の

「tomi@able.ocn.ne.jp」の当社のアドレスへ送信いただきますと、

もちろん非公開で個人のご相談にも具体的に応じることができますので

お気軽にお立ち寄りくだされば喜んでご対応させていただきますので

ご遠慮なくもうしつけください。勿論、無料ですのでご好評いただいております。


弱小店舗再生専門相談室 担当 tomityan



追伸:情報の徹底した限界線まで、
ギリギリの現場の生情報とか弱小店舗の
戦略を余すことなくお伝えすることにより、
はやく元気になってもらいたい一心で、
今後も邁進してまいりますが・・・
個人の尊重や尊厳を人間力の提唱のなかで
考えることをモットーにしている以上、
踏み込めない限界があることを
ご理解いただければありがたく思います。
読者のみなさまのご愛読に感謝をこめて・・・   
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-26 11:27 | 弱小ホールの悩み

もう一ヶ月、新たな決意の店長候補は・・・   


「一ヶ月」
 相変わらず時間が経過するのは早くこちらの店舗に勤務して一ヶ月になる。
一体何をしてきたのか振り返り項目を確認して来月に行なう項目を作成して目標を立てる。今やらなければいけない快適空間作りの最低ライン、店内の故障部分を直す事が先決だと思い実行してきている。

数年間、何も手を付けていない分だけに直す項目は多くしかも高額である。何故、私が・・とグチもこぼしたくなるがお客様のため、稼動が上がる事に繋がると思い人の嫌がる事を進んで行なっている。今はこの快適空間を早く作り上げてまずは、パチンコ店と当たり前の事をしていかなければならない。

そうしないとせっかく放出させても無意味になってしまいまた放出させる事で新たなお客様が来店しても環境の悪さに気づき足を遠のく結果になるだろう。繋がりを作る事で稼動が増える事になるからだと思う。これからも自分から逃げずひたすら前向きでいこうと思う。

*********************

環境機能管理は快適な空気をつくるハード側面では大事な仕事になります。

しかしもっと「稼動機能管理」を優先させて時間をかけた方が集客する意味ではお客様の喜びに近づけることになります。稼動機能管理で急務はお客様の台まわりを徹底して軽快化、興味化、遊べる化することです。予算がなくても創造的工夫でできることはいっぱいあります。

そしてもっと大事なことは「マトモナ客層管理」です。遊技場においてパチンコ機械と出玉のほか、お客様がデリケートなことは、やはり「ひと」の問題です。嫌な客層が多い店は敬遠されがちです。そして不愉快な対応をされたり、納得の行かない態度をされると、その店へ行くことを拒否します。

逆に店側でも店に不利益で被害を及ぼす客は出入り禁止にさせるのと一緒です。なのに、お客に儀礼的なパフオーマンスだけをする、「見せ掛けの接客」をしていることに気がつかないのは、お客さま視点の欠如からくるものです。

設備が古くてもお客様やスタッフの感動の触れ合いで充満して店舗は、顧客定着率が断然上位です。ところが大理石の壁面に女性トイレの豪華な店でも稼動はイマイチで、女性客がまばらな店もあります。

女性客は設備の華麗さよりも、スタッフの優しさやおもてなしが他店より数段、格別な店舗に興味があります。
勘違いの大手、あきらめの弱小店舗とでもいうと、誤解を招きますが、本質が何かと言っているだけです。
勿論、出玉の放出という作戦は別ジャンルとして、関連させていませんのでご理解を・・・あなたのお店はどうでしょうか?!


もう1ヶ月?!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-26 09:20 | 弱小ホールの悩み

大変な状況に立ち向かう店長候補がいる!   

大変な時期を迎えているこの時に、大変な状況に立ち向かうひとりの店長候補がいる。
このような店舗に携わっているのが、もしあなたであるならばどうしますか?

個人情報保護の関係で限界があるのが残念で、ここまでの表現になるが、
厳しい現状のなかでも彼は挑戦することを選択した。

*******************************

以下、店長候補の悩み「現在、考えられる問題点」の内訳。


1、負の遺産
今までのイメージの悪さ

2、粗利確保条件(粗利率30%)
最低運営費だが稼動に対して確保額の獲り過ぎ

3、経費、人件費削減
常日頃からやかましい

4、接客
役職を含め最低ラインにも満たない状況

5、換金率 P42個 S6枚
時代に乗り遅れている

6、貯玉システム、共有、移動の無し
時代に乗り遅れている

7、千円、五百円専用サンド(現在ダブルサンド)
時代に乗り遅れている

8、スロット2台に1台のコインサンド
時代に乗り遅れている

9、女子トイレが1室しかない
1室で不便であり清潔感がない

10、仕事に取り組む姿勢、努力
人としての価値が無視されている

11、折り込みチラシが新装開店時の1回のみ
大型イベント告知等が出来ない

12、駐車場が狭い
立体駐車場が狭く車を止めづらい

13、目立たない店舗
パチンコ店らしくない店構え

14、釘調整
差別化出来ない腕の未熟さ

15、新台の導入数の少なさ
中古機種メイン

16、スロット台数の多さ(P150台、S100台)
パチンコとスロットの設置比率

17、店内全体が暗い
照明がきれている個所が多い

18、椅子の座り心地の悪さ
ゆっくり遊技出来ない

19、使用なくなった設置物を置いている(煙草自販機、手洗場)
邪魔

******************************

それでも生きて行かなければならないとするならば、あなたならばどうしますか?

このような現状にある店舗はまだまだ、多く存在する。
そんななか、様々な店長に直面する。

苦労を噛みしめながら、日夜挑戦する店長。
日々の目先に翻弄しながら模索している店長。
すべてをあきらめて居直る店長。
責任転嫁に明け暮れて現実逃避する店長。
我が身を嘆くばかりで行動をすることをなくした店長・・・

まだまだ、多い被害者がいて、
日が立つにつれて加害者にもなっている。

そんな店長の数々の実態にふれながら、
悩みを共鳴しつつ、応援する頻度が増しているような、
今日この頃・・・

まだ、少しでも戸惑いがあって、
現場に留まる事情があるならば、
最後に精一杯の挑戦をしてみてはどうだろうか。

彼のように・・・

そうして、もし「吹っ切れることがあった」とするならば、
誰にも経験のできないパチンコ人生とか戦略を
身につけたことになる。

そうして、身をもって見つけたものほど尊い気がする。

がんばってほしい!



あなたなら、どうしますか?!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-23 06:40 | 弱小ホールの悩み

お客さまは1000円感覚なのに、店側は一分のS感覚ばかりに固執する。これではお客視点に近づけない!   


お客さまは1.000円でのボーダラインに敏感である。
5.000円で駄目ならやめるか機械を移るのは換金が
5.000円であるのが顧客意識であるからだ。

ところが店側では1分間を基準にしようとする。
1.000円回転数が表示されながらも、
1分間のスタートに固執して人の話を聞く耳をもたない。

おカネの1.000円ですると、戻しがある分、こちらがまわっているのに、
認めようとしない。スタート病に犯されているS%症候群たちである。

いま、巷では奥村の「42.195」の話題でモチッキリという。
通過チャッカーで出玉700個。
連ちゃんモードに突入すると差玉で5万発もあるというから、そりゃ魅力がいっぱい。


こんな機械に出会ったら、
このような店長は機械を使えこなせない。
機械の扱いの考えができない。
わかっていても技術がなければ追いついていけない。

ある時に店長が1350個の出玉にしてほしいという。
店長の要求は競合のA店は出玉を削って、
その分を良く回せるように対処しているからウチもそうしたい・・・

この店長は何もわかっていない。
競合A店は等価営業だっていうのに、
同じ出玉にしたら負けるのが当然。

こんな店長にして、良く見かけるのが
「稼働が落ち込んだら機械のセイ、お客のセイ」にするタイプである。

プロはどんな苦境にあっても自分の頭と腕のセイにする
サーモスイッチが自動で設定されている。

ひとのセイにしない学習能力が厳しい鍛錬のなかで身についている。
そんな店長が衰退店を盛り上げていく。

最近の店長はすぐに数値に頼って,
判断しようとするが、へ理屈が多い。
大事なことはお客さま視点であり、独自化戦略である。

機種A   B少ない  Sまわる    稼働悪い    粗利悪い
機種B   B多い   Sまわらない  稼働良い    粗利良い

ベースの使い方がわかっていない、ひとつの例に過ぎない。
ベースは閉めてまわせれば良いという、解釈は間違っている。

B機種はA機種より売上げて粗利も安定している。
なぜ、Bはまわらないのに稼働もよく粗利も良いのか!?

こまめな調整を施すスベがわからない。
でも聞くこともしない。
変てこな自尊心が邪魔していることに気づくのが先決である。
謙虚心は人も成績も変えて行くことをわかってほしい。

***************************

7月には「大海スペシャル」を初め、
三共の「大夏祭り」など、一風常識を
覆すかのような新基準機が登場する。
というのは、「擬似連予告」装置の搭載で
保留がまだまだ、できる仕組みが公開されるからだ。
7月からは三共が大暴れか。

三共はパトラッシュ2でも
「泣きの1回」を導入して注目を浴びている。
最後の71回で50%づつで当たりを抽選する。
パトラッシュフアンにとっては眠れない日々が続くであろう。

***************************

弱小店舗の店長さんへ
もし、6月のイベントで悩んでいるのであれば、
出玉を削った営業をしているならば、
出玉を増やした調整をするだけで、
出玉イベントは活性化するでしょう!!

なぜですかって??
他はみな削って営業をしているから、
どこもやっていないから、支持されるのです!

6月は入れ替えできない時期では同じ条件です。
先に行動に移したものがチャンスをつかむことでしょう。

弱小店舗の戦略では目立たずゲリラで・・・が、効果的な手法ですが・・・
時期性もあるので、できれば3日~7日間ぶ通しで絶え間なく、
チラシを打つのもいいでしょう。
チラシは大きさではない。デザインです。

「マンネリチラシ」をつくってもらいたいのであれば、
業者任せが間違いありません。

新鮮さを売り物にしたいならば、
こちらの手づくりが心に届きます。
わたしの店長時代にも手づくりチラシで
予想以上の稼働をあげました。
あなたなら、若い情熱と発想で
それ以上のチラシで集客するものと思います。

わかっていても、実行しなければわかっていないこと一緒!


相手にスキをあたえずにしたら必ず効果が出ますよ。
中途半端に躊躇するやり方はお客さまにもインパクトにかけます。
ただし予算のない時には精一杯の研究をしてみてください。

6月のイベントはこれで決まりですね!


お客さまは1000円スタートなのにいつまで1分間にこだわる!ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-05-13 16:22 | 釘の家庭教師