<   2008年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧   

KYな彼が可愛らしくて・・・・・・・   



KYな彼!?が、可愛らしくて・・・




先日、あるホールの出玉交換時のこと。

時間もないのでやめることにした。
交換!(手のひらで×印の合図)



スタッフ 
よかったら、台移動なんかされませんか?


わたし 
いい、交換で!
それマ・ニュ・ア・ル?(笑)
(スタッフの耳元に囁くように・・・)


スタッフ 
(突然の質問に困った様子で)
いやいや、あのう・・・マニュアルって言うか・・・
あのう~打ってもらった方がいいじゃないですか。
店としては・・・(本音むき出し)





いきなり、店の立場の損得を強調するのは愛社精神からだろうか。

でもKYKYKY・・・

困らせるつもりはなく、愛想のつもりで聞いてみたのに?
まともに、本音が飛び出してくるとは、思ってもいなかった。
本人もマトをえない応対にバツ悪そうなのでフォローしようと、
もう一発の質問で挽回してもらいたかった。



わたし  
でもそれで、かかってしまったら店は損するヤン?


スタッフ 
でもそれは、お客さまの出玉ですから僕が損する訳でもないし・・・



ええ~ちょっと、いまのKYKYKY急に聞いてごめんな・・・と、
心の中で軽く会釈を。

わかるけど、それをいうなら、
「お客さまに沢山の出玉を出してもらって、
喜んでいる姿をみると凄く気持ちがいいんですよね」とか・・・



素直で熱心さが伝わるだけに、ここらで良し!と引き下がる。
「ありがとう!」と手を振ったら、笑顔で手を振り替えした。
でも何か、どこかに、KYな彼・・・
聞いた、こちらもバツがわるくて・・・



でもお店とお客さま思いの彼が
とても可愛らしく思えて、
あれから1週間後の今日
また、彼のいる店へと足をはこぶ・・・

彼の「台移動誘惑作戦」は
惜しくも不発に終わったが
忘れられない。
記憶に残る。




脳裏に刷り込まれた彼の言動が
リピータをつくっている。





****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

KYな彼が可愛らしくて!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-10-20 09:37 | ないないづくし戦略

売れない弱小メーカーの機械は検討してもいい!?   




毎年のことですが、
時節の移り代わりの早さにはびっくりします。
もう、年末機種商戦を意識した販売戦略が
いやっというほど、目に付くようになりました。

毎年のこととはいえ、
この頃にもなると弱小店舗で
四苦八苦していた時代が目に浮かびます。

だいたい、8月の盆アケから9月末にかけて、
10月末から年末に向けた作戦の道筋をたて、
10月いっぱいは、その準備に励んだことや
ビッグイベントを仕掛けては年末までの
強力なつなぎのキッカケを模索したり
・・・でした。





1.ちなみにウワサの年末機種の販売情報を少し…?

●モナコ

モナコ「アカギ」=MAXタイプ、15000台で既に完売、
42.195キロ購入ホールからの注文で既に終了したらしい?

●三星

三星「ガロウ」=MAXタイプ、「20台以上から」とか
「今日注文しないとなくなりますがどうしますか?」と
強気な販売が目立っているらしいのですが
内情は台が余っていて困っているらしい?

●京楽

京楽「キン肉マン」=MAXタイプ、
今年いっぱいで版権が切れるので年内に販売したいらしいのですが、
現状でも許可が下りていない状況では
販売を断念するしかないとのウワサが…?


急遽代わりに「グラディエイター」
(昔あった9つのドラムのやつ)を販売するとか?

●ニューギン

ニューギン「慶次2」=MAXタイプ、
当初の11月末からの販売は断念し12月からの販売になるらしい?
ちなみに現行許可取り中の物が下りて
最短で12月第1週からの販売に間に合うらしい?
仮にこれが落ちると年内販売も無理になるかもしれないとのウワサもあり。
降りたと仮定して年内で10万台、年明け3万台の販売を予定中

●サミー

サミー「北斗の拳」増産分=11月末から導入開始、
新規店と改装店優先でほぼ完売とか?
増台注文も随時受けていますが
購入にはスロット「ハードボイルド」の購入が最低条件とか?
年明けに甘デジタイプも販売するらしい?

●三共

三共「スターウォーズ」=MAXタイプもあるとか?
みんなの評価は「ダメっぽい?」

●三洋

三洋「加山雄三物語」=こちらもみんなの評価悪し、
既に営業マンが
次の海をちらつかせて無理な販売を迫っているとか?
以上です。あくまでウワサの状態ですのでご了承ください。





2.よくある質問が弱小店舗における機種選定

さて、無料相談のなかでも
よくある質問が弱小店舗における機種選定です。
個々の事情の違いがあるので一概にはいえませんが
原理原則は自分らしさ、自店らしさの
主張ができる選択ともいえるものが
あるかどうかに、なりますよね。


だって、
機械代の予算がない。
粗利負担は多い。
現状の稼動は低迷している。


となると、
競合市場のなかで、
あまり真似のできない
機種戦略の余地を残した機種となるわけです。


無料相談の中でも述べてきましたが。
弱小店舗の機種選定のわたしの考え方ですが・・・

機種で独自化できることが前提にあります。
そうすると、ほとんどが当てはまらないんですよね。





わたしだったら、



3.周辺に少ない機種をどうにか

機械性能に見劣りしないならば、
ブランド機種は選びません。
三洋、三共、ニューギン、サミーなどなど、
これらの機種はただ、その時だけで
強豪に同質化され、餌食にされるだけです。
ムダに体力を消耗させ、
オマケに自信もなくなります。
2流、3流でもいいから
周辺で少ない機種を選びますね。





4.釘で勝負できる機種なんてすごい

そうなると釘で勝負できる機械なんて最高ですね。
自分のアタマとウデ次第で脚色していける、
おもしろさもあって、アレンジすることで、
自店の特殊事情に創造的に適用できるから、
営業のプラス要素が芽生えてきます。





5.これじゃ、拳シロウだって士気がさがるね

筋肉マン(京楽)、花の慶次(ニューギン)、
北斗の拳(サミー)、スターウオーズ(三共)、加山雄三物語(三洋)は

今流の大メーカーであり、
ボックス導入
抱き合わせ販売
その点で北斗の販売戦略は縛りをなくした、
自由販売が受けて急激な他店舗導入にいたりましたが・・・
これも問題です。

大型有名店舗(40台前後導入店舗)で、
一昨日の午後2時頃に、
客付が3割に満たない減少がありました。
がら~んとしていましたね。
これじゃ、拳シロウだって士気が下がりますよね。
そ~ら、みろっと、機械予算のあるだけ使ってもこの様だ。





6。すこしも卑下することはない

少しも無理することはありません。
勿論、卑下することもありません。

大型店舗を稼動いっぱいにして君臨していた、
店長がある事情で弱小店舗の盛り上げに来て
大きな機械代の借金だけ残して
逃げていくような話はいくらでもあります。

機械の大量入替だけが戦略だからです。
大手から来た店長は大手のメーカーしか念頭にありません。

大手に吸収されるだけです
何度いってもそれがわからないのです。



これらは選択圏から無条件に除外します。
弱小店舗の厳しい内情からして
判断しなければならないのは
他と一緒ではいけない事情があるからです。



ただ、
考え方としては
モナコ、三星などは検討しても
いいんじゃないかと、思いますね。
彼ら自信が売れない弱者だから、
一生懸命に差別化しようとしているからです。





割り切っていきましょう。
恥ずかしいことなんかありませんよ。
自分らしくデスよ。








****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

なにも卑下することはない。自分らしくですよ!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-10-18 10:44 | 釘の家庭教師

「~エヴァン~約束の時~」の初打ち   



「~エヴァン~約束の時~」の初打ち



1.久し振りのお客さま感覚

最近は出張のために、
パチンコできなくてもどかしいのか
行き成り飛び出して向かった先は、
「新世紀エヴァンゲリオン~約束の時~」



先日のイベント日は満席で
1時間待ってもあき席がでない。
びくともしないで夢中に
レバをたたくお客さまの真剣な眼差。


とうと、あきらめて退散したが・・・
今日も9割方うまっていて、
程よい感じで出ているように見えるが
意外と爆発している台が見当たらない。
5号機でバケツいっぱいのお客様を見ると、
羨ましい限りである。

あのバケツに誘われて来ているのは、
この私もそのひとりではある。
久し振りのスロットルだが、
お客さまの気持ちにズレがないことに、
何となく安堵感をおぼえる。

お客さま感覚を失くした時に、しっぺ返しがやってくることを
いやっと経験しているのに、また確かめようとするのは
完全な職業病であるとしかいえない。
どんなときに、お客さまが喜んで、どんな表情でいるのかを
観察していると、必ず人間物語に出会う。


2.「エヴァ~約束の時」~初打ち

14.000円使ってもレギュラーもこない。
このままでは、はまるぞ。

台移動だ。
スタート80で、やめている台があった。
これはいけるぞ、響きを感じるときがある。
大当たり後すぐレンチャンする場合などあるからだ。
ジャグラーもそれが良くて、
当たりの直後は「そっ~と打ち」をしたりする。

しかし、「エヴァン約束の時」になっては初打ちである。
やはりキタぁ~~~で、感があたったのだ。
いつしか、行った磯釣りで竿を引くあたりのように、
どんな魚がかかるか、一瞬のスリルがたまらない。

赤で7が来て、100枚投入あたりでまた赤7、
そしてまた赤7が続いてあっという間に
箱満杯に2万円はあるだろう。


そのたびに、右となりのお兄ちゃんが
「押しましょうか」と。

どう~も、エヴァンの目押しは苦手だ。
今度の機械は液晶も鮮やかでストーリもわかりやすい。


しかし、「チャンスです!」の繰り返しには参る。
チャンス+チャンスとチャンス×2とか、
チャンスの種類の多いこと。
参る、参る、ほんとに参るわ。
チャンス×2だから期待したが、
引っ張るだけひっぱって「失敗!」と字幕が。
がっかりだ・・・



3.若い層に入り混じって

エヴァン層はほとんど20~30代。なぜだか若い女性も多い。
カップルで出玉を積んでいる姿を見かけると
「いいデートしているんだなあ」と、ひそかな応援。


若い層に入り混じっていると何となく若返るような
空気に浸れるから、これもプラス現象になると、
思えば多少のマケは我慢できるかもしれない。

若い人がモードパターンのフアイルを
ちょこちょこ開いている。
出目のパターンを読み取るのがすばやい。
追いついて行けないのに追いつこうとしている。


交換はやはり、21.000円+リポビタン3本。
7.000円の儲けしかないが
約束の時間をのばすワケにもいかない。
惜しみながらやめる台ほど別れも辛い。
これこそお客さま感情なのだろう。


帰りぎわに
目押しのおにいちゃんに、リポビタンをもって、
「ありがとう。がんばってなあ」とあいさつ。
その隣のお友達にも「はい!」
喜んでいた顔が可愛らしい。


エヴァンに恵まれたいい時間だ。
7.000円の儲けしかないのが残念だが

お客さまに寄り添った気分は最高だ・・・





****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

エヴァンに恵まれたいい時間だ!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-10-17 03:34 | 釘の家庭教師

大当り乱数抽選を直接見ている感じのくらげっち!   



プレイグラフの営業ブログ本日号(10月15日)に
「くらげっちゲージ」研究と題して記載されている、
記事はつぎの通り。


「誰も叩いたことのないゲージだが、
研究している人は何人かいる。
この機械のポイントはピッチだけではダメということ。

命は開けたままでそれ以外のところで
調整しないとプロにはすぐに見破られる。
ましてや、ここを閉めてしまうとそれだけで客は飛ぶ。

釘調整のポイントは
命にかかわる調整ポイントを探すこと・・・」とある。








1.大当り乱数抽選を直接見ている感じ


(1)くらげっちの登場は機械の醍醐味に飢えている
  フアンの渇望した反動の必然的要求


ある店長の感想のなかでも、
とても感服したのが
「まるでフィーバー機の
大当り乱数抽選を直接見ている感じです」


過去の一発機を打ったこともなく、
記憶にもないという店長の感想である。
「CRくらげっち」の機械特性の妙味はひと言でいうならば、
この店長のいうようにクルーンである。


だから、
10数年前のあの頃を知る40~50代層は
この機械の登場を心待ちしている。
感動の衝撃が走ることだろう。


時代の要求性に逆行するかのような反発もあるが
わたしはそうは思わない。
いまの機械のストレスに犯されてきた者や、


機械の醍醐味に飢えている
フアンの渇望した反動が見える。


まもなく、
幕開けとなることを
ひたすら喜んでいるのは、
全国津々浦々に散在している
パチンコフアンの必然的要望に叶うからだ。


そんなことを考えるほど、
わたしの胸の鼓動も修まらないから不思議である。





(2)生かすも殺すもアタマと腕次第

しかし、誰でも、どこでも
この機械をつけられるとは限らないのが
また、店舗営業の面白さである。

生かすも殺すも
アタマと腕次第。

出玉次第では決してないこと。




それは
この機械ほど「放出の兵法」たるものが
お客さま感覚を左右させてしまうから。

そして、「調整法」も
かつての一発機とは異なる一面もあり、
共通点もあるということだ。
本当におもしろい。




今後この辺のことを
より、「兵法的な作戦放出」の視点から
取り組むことを考えて見ると
一段とお客様を引き付けて行けるのではないか。

また「調整技法」としても
独自的方法の探究をすることが
機械特性をいかすことになる。

その構想はほとんど、
企画化の段階を終えながらも・・・・・・・

ホール導入の実践前夜が刻々と迫る中、
訪問先の実績分析が待ち遠しくてならない。

秒読み段階に突入した今日、
販売まであと45日!


弱小店舗の店長さんには
おおいに挑戦してもらいたい

出玉ではない腕次第なのですから・・・




(3)販売戦略と購入店舗の不安

アビリットの販売戦略と
ホールの思惑と
お客さま視点には当然な不安もあり、
販売側と購入側でのズレが発生するのは
今までも一緒である。

ただ、
違うのは、この種の機械の
ホール導入において
一時的には殺到しても、
すぐに、二極分化が顕著化していくこと。


稼動のある店舗と
稼動のない店舗の振り分けが
導入後間もなく決着するという意味である。
以前の入替機種は
出玉と資金力に大きく左右されてきた。

今回は資金力だけでは勝負にならないことを、
条件に設けているから、興味津々でならない。
必ずしも大手だからといって付く訳でもなく、
弱小単独店舗から噴火することも十分にありえるからだ。



そこにはお客さまを
感動の渦中に釘づけすることに
時間がかからないという有利性もある。

反面・・・・・・・
勝負を分別する決着の速さが
マイナスにも作用するという
危険性もはらんでいると言えるのではないか
・・・・・・・・・




そして、
それはなにより


ホールの「使い方の失策」が
立て続けに表面化、現実化して
ホールからの導入の手控えが急激に波及するという、
予測可能な不測の事態も予期せねばならない。

だから店舗の支持率は順不同で到来する。
だから頭脳戦でもあり、技能戦でもある訳である。


それは、いわゆる「ドツキ」とかの
顧客管理とは違う視点の話になる。

これは出玉の出せる店舗だからと
安泰できるほどあまくはない。


メーカの機械販売の戦略とか
既存の機械購入と明らかに相違して見える点が
ここにあることを注視したい。





2.「くらげっち」が弱小モテする理由


(1)「くらげっち」が弱小モテする理由

■釘技量と放出の作戦で客づけが可能であること。
■確率の設定に許容幅を儲ける運営ができること。


(2)低価交換でも活気づけできる根拠

■1回の特賞出玉が3000個前後あり
 出玉量が釘調整でできる。

■40個交換でも7.500円前後になるので、
 出玉の満足度に不満はなく、
 レンチャンでもすれば、インパクトは強い。

■高価交換の店舗より、
 結構有利なスタートの飛込みが活発にできることで、
 掛かり回数にも見劣りしない。
 40個交換が返ってやり易い!!

■レンチャン率を高めることができるような
 前提をするならば話題性を欠くことはない。


(注)レンチャン率50%が即、
   6.000発でないことは承知の通りであるが
   確率論からすればおおよそ、
   5.500発から5.600発あたりと推測される。
   詳しくはメーカ発表のデータ(まだ未発表)を参考にしてもらいたい。


   高価交換の店舗では従来の、
   目いっぱいに換金の価値感を提供するだけでは、
   うまくはいかないことだけは、言っておきたい。
   お客さまは、そればかりを望まないことを承知してもらいたい。




      いままでとは違った、
      機械の「スリル」である・・・
      
      機械構造である・・・




だからこそ、

   弱小店舗の道が開けるチャンスがある。
   そんなことに、お役に立てないかと強くねがっている。





   弱小店舗の店長のみなさん!!


   辛いから・・・・・・・
   きついから・・・・・・・
   ではなく、
   あまりに辛いから・・・・・・・
   あまりにきついから・・・・・・・

   言葉にいえないほどだから・・・・・・・
   
   自信をなくし、
   気力が失せていく。

   わたしも
   ひどくて、つらくて、たまらなくて、
   そんな弱小店舗の店長でいたんです。
   だから、
   

   同情なんかではない。
   「心からの・・・・・・・」
   応援をしたい。

   


   チャンスがあることを信じてもらいたい。



   
   






****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

大当り乱数抽選を直接見ている感じのくらげっち!!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-10-15 09:01 | 釘の家庭教師

通過率(ハカマ)が気になる平日のくらげっち   




CRくらげっち 実射結果  2008.10.7(火)


1.基本状況
本日火曜日4:30 今日は勝ち負け関係なしの研究が目的。
空き台7台を転々とカニ歩きのようにメモを見逃さずに対応。
営業の基本条件 台数10台、交換3円、平日火曜日、6時まで50%、



2.引きが目立つ傾向
6時以後70~80%でも、
瞬間的に一発特有のお客さまの引きが目立つのはなぜか。
この種類の機械の特性といえばそれまでだが、
今日見る限りではまだ、
適正調整の過渡期での悩みが表面化して見えるようだ。
通常のかかり回数=単なる稼動と判断するのは短絡的すぎるので、
既存概念をアタマから打ち消して、
放出戦略的側面と調整運営の線から見ることにした。




3.重大な発見

(1)第2関門の謎めいたシコリ

第3段階の関門のクルーンへの誘導の
バイパス的役割をしなければならないハカマへの振り分けのバランスが
注視されるとこではあるが、単純化できない
複雑な動きが交差している「シコリ」あることを目撃している。
そうすると不思議に浮かんで見えるのが何と、
第2関門の謎めいた現状である。

以下、説明の都合上、次のように表示することにした。

第1関門(クラゲの役モノ、飛び込み口、唯一スタートが表示される)
第2関門(ハカマ、クラゲ役モノから第3関門のクルーンの役モノへの通過口)
第3関門(クルーンの役モノ3つの穴の振り分けで手前が大当たり)

(2)第2関門の現状

複雑な動きに交差するシコリ(データ詳細省略)

本日一番、気なるのがハカマの通過率!!
1番目の台 76:6 大当
2番目の台 88:9
3番目の台 66:10
4番目の台 35:5
5番目の台 15:2 大当
6番目の台 11:2
7番目の台 421:95


(3)本日の稼働低下の原因か!?

■クラゲヤクモノとハカマの釣り合い
単なる出玉のアケシメでは測れないバランスの感覚としての
違和感がお客様の体感に機敏に伝わるのは
第一関門と第2関門の釣り合いの均衡性と言える。
本日ここが先日と明らかに相違する点である。

■通過率
第一関門であるクラゲヤクモノのスタートに入賞したものの、
クラゲのヤクモノ段階でハカマの外へ逃げてしまう割合が
約スタート101対比83(台平均)が本日の現状である。
反対に101対比18(台平均)が通過個数となる。

■クルーン確率9:1はどうか?
18対比初回大当たり回数2回とすれば
「クルーン確率は9:1」であるわけである。
その犯人として浮かんでくるのは
第2関門のバイパスの流れがわるいといえる。
そしてもうひとつの重要な原因が
傾斜の調整が問題あることは言うまでもない。



■出玉作戦の未熟さか
もし通常におけるデータがこのラインで運営されていくとするならば、
あきらかにお客様感覚から遠く突き放されてしまいそうで憂慮される。

高価交換ゆえの調整の難しさなのか、
一度ここらで最低割数の最低ラインを
実験してみせたのかはさだかではない。

が・・・仮に憂慮の最悪な要素で見ても
この調整はその部類には属することではない。

もしあるならば、出玉作戦の手違いか
未熟さから来るものである。(詳細省略)

そして、40個交換など低下で営業している弱小店舗では
もってこいのチャンスではあることをまた、強調しておきたい。



■アケシメの釘がわかってしまう釘
プロに見抜かれていないか!?
わたしが、見ても10台のアケ順位づけするのは何分とかからない。
入れ替えて整備半ばの調整であるので
わかっていて、
その段取りを承知しているならば言うことはないが(詳細省略)

数値はすべて概算で詳細は含まれてませんのでご理解ください。




4.スーパーコンビとの役モノとの違い

かつてのスーパーコンビかスターライト(ともに三共)は
とびこみ口に入賞すればすぐにクルーンの抽選であるが
今回は上部にくらげの役モノとクルーンの役モノに
接続する連絡口でもあるハカマが存在することが
作戦展開の最大のテーマでもある。




5.くらげっち販売について

CRくらげっち販売について
08年11月30日(日)の週から販売開始との情報がありますが、
地域事情が異なりますのでお調べください。
機械単価=25万円(10台以上で2万円の値引きあり)
振動、磁石、電波、などの各ゴトセンサー内蔵されています。


また情報が入り次第お伝えします。





ここでは弱小店舗が低迷から巻き返す「くらげっち」の
戦略の実際については詳細にふれることには限界があります。
「無料相談コーナ」で伺うことにしますので
お気軽にお問い合わせください。




****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

ハカマの通過率が気になるくらげっち!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-10-08 14:27 | 釘の家庭教師

弱小モテするブランドに繁殖する/ くらげっち!   



弱小モテするブランドに繁殖する/ くらげっち!



1.機械ブローカのデータは下記の通りだが???

CRくらげっち
アビリット
役物確率1/3×1/3×1/3=1/9?
大当りで右打ち
出玉=約3000発
大当り中に更なる役物抽選あり?
1/2の確率で連チャンあり?
現状では5,6連チャンは目撃あり(15000発~18000発)
玉単価=1.8円
ベース=ほぼ0



2.店舗の営業形態の基本条件

北斗の大型入替えでホール全体は瞬間稼動100%近い。
すべての予定をキャンセルして、とにかく向かった。
案の定、期待通りで画像以上の見栄えがした。
空き台がない。なかなか席につけない。
台数10台。交換3円。台移動、無制限やりとりOK。




3.「くらげっち」―お客さまを魅了するマジック

やっと空いた席は大当たり回数は4回。
この台で遊技していた太ったおばちゃんが話をかけてきた。
「その台、10回もハズレたのよ」
クルーンのことだ。



いくつかの関門を潜り抜けてやっとの思いで
辿り着いたクルーンは、往年の一発台の
スーパーコンビを訪仏させる。
まさに、ハラハラドキドキで、
お願いだから手前に落ちてくれと
手招きしている客はなんとこの本人・・・
かと、思いきやみんな念じているではないか。



笑えるけど自分の場面では必至だ。
自分がつくっている勝負勘がある。
液晶に馴染んできたフアンには異様な景色に
クビをかしげる人も多いことだろう。



ストローク加減で上部役モノに入賞して、
玉の数量と勢いがぶつかり合う。
下部役モノへとつなぐバイパス(ハカマ)を通った絡み玉が
クルーンの抽選に参加できるわけだ。
大当たり抽選が目に見えるほど緊張感と信頼感がたかまる。
この経路はすべて手加減と視覚を掘り起こす動作から
デジタル感覚では味わえない。



そして大当たり経路が可視化された機械が
引きつける理由には、基板がらみの
疑惑がつきまとう液晶タイプとは違った感覚が、
シガラミを突き放すからだろうか。
眼孔を100%以上も開いてモノを見るのも久しい。
これも、「くらげっち」のお陰なのか。
眼球にヒヤッとする空気が伝わる。



かつて、液晶でスーパーコンビを画面に展開した機械が登場したが
情けないほどのチンケな感じでフアンの気分を逆なでしたことがあった。
敢えて、この手の機械の近い線はパトラッシュやダイナマイトキングだが、
玉の動きとナガレを追跡する経過が
それらとは根本的違いで見事に一線を画している。






3.弱小低迷店の切り返しをはかる奇策

だから
弱小店舗では
眠っている客層の掘り起こしができるチャンスである。
機械代と出玉量にも劣らない
アタマとウデのある人間の機械として・・・


最初の出玉はそこそこ必要であっても
下手な機械と設備にカネをかけるならば、
経費対営業効果は遥かに群を抜くことだろう。
そして停滞にくすぶる空気を切り替えして
稼動に打って出るイベントには奇策ともいえるだろう。
なにせ、アタマとウデで差別化できる機械であるからだ。





4.釘技量と放出作戦冥利

但し、その釘技量と放出の展開術が問われることには、
もってこいの腕前を振りかざした店長ならばOKである。
が、そうならない事情ではちょっとした勉強も必要になるが・・・
(詳細は省略)


今日の見た目の感覚

上部入賞1/10
ハカマ入賞1/10
クルーン入賞1/3と見える。
本日は1/300営業なのだろうか。



この3つの通路を案内する力は釘調整。
この機械を希少価値にするかどうかが出玉放出のワザ。
ここで断っておくが、この手の機械を飛ばすのも、
既存の機械より簡単なことだということも言っておこう。
(詳細は省略)


今日は北斗の大量ボックス入替えでMAX突破戦略に集中している模様。
パトラッシュは馬鹿アケ生命くぎ12.75はゆうに、
ええっ、40発交換かよ。と、目を疑ってスタッフに聞いたが3円という。
おいおい、最初からわかっていれば連れを呼んだのに・・・





5.岐阜からも駆けつけて

プレイ開始から4000円で権利発生、単発出玉3000個。
単発、単発の連続で、レンチャンが3回。
横の肝っ玉おばちゃんのレンチャンを横目で
恨めしそうに見ながら、いつものお客感覚にまるっきりのめりこんでいた。
4時半から9時(食事30分含む)の結果、12箱で59.500円。投資8.000円。
肝っ玉かあちゃんは23箱で中断。
とにかく堪らなく嬉しいのか、よーく話しかけてくる。
情報にはこまらないほど、質問以上に答えてくれた。
常連中の常連である。



岐阜方面から緊急に駆けつけた店長。
現場につくこと7時をまわっていた。
やめたばかりの、かあちゃんの台に誘った。
一箱あげたがさっぱり。
この玉を遠慮しないで彼の研究のために
存分に使わせてあげたかった親心であったが、
2箱目から意外な答えが返ってきた。




「自分のおカネで打ってみます。真剣になって見たいんです。
自分のおカネじゃないと見えてこないから・・・」と、
ふと、たちあがると消えた。




しばらく見えない。トイレだろうと思っていたら、
突然耳元に誇らしげに彼の声。




「今、電話しました!注文しました!」
「この機械ワクワクどきどきします!」と・・・
身銭を切って打つ20分。大当たり!!





6.レンチャンまた、レンチャン・・・5レンチャンと続いたが・・・


13箱6万円を超えていったが、
その彼の一部始終を見てもわかるように
玉の動きと釘、役モノ振り分けの算段も見逃さず、
遊技に勝つ真剣さではなく、
この機械を見抜くチェックの引き出しが盛んに動く。


自分の遊技の勝ち負けではない。
この機械戦略を見抜く勝ち負けに挑んでいる。
弱小再生のどん底の苦しみのなかでも謙虚さと純真な前向きさからは、
いつしかすさんで行った見苦しい虚栄心と
ヘンテコな自尊心の者とは逆反射して見える。



随分成長したものだ。あれから・・・
中途半端な鞄持ちには、この爪の垢でも煎じてみると、
違いのわかる存在感がわかるだろう。





7.別れる時の彼

「来てよかったです。」のあいさつが
神妙に聞こえてならなかった。
この店長のいる店舗では苦しくても転機を迎えることだろう。
「CRくらげっち」が弱小モテするブランドに繁殖すると信じている!




次回はスペックと営業展開、
釘のポイントとあけしめ、
出玉の作戦展開へと
進めて生きたいと思います。




ここでは弱小店舗が低迷から巻き返す「くらげっち」の
戦略の実際については詳細にふれることには限界があります。
「無料相談コーナ」で伺うことにしますので
お気軽にお問い合わせください。




****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

弱小モテするくらげっち!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-10-04 15:08 | 釘の家庭教師

「くらげっち」が水面下で繁殖中!   



「くらげっち」が水面下!?で、繁殖中!



「くらげっち」を見ようと出掛けたが
急に「臨時休業の看板」が・・・
何かあったんやろうか。



まさか、「くらげっち」の違法行為とかで
風の噂によると、
開店初日台売10万で粗利7万円の驚異な実績。
まあ、初日の扱いがうまく行かなかったのがわかる。


2~3日前の展示会が終わったばかりであるが、
この店舗が全国初の試験導入である。


釘と役モノが核でひきつけるって、
その仕組みが気になる。
ここで勝負できる機械は
差別化に貢献できる。
弱小店舗では上手く使いこなすほど、
特徴化されてお客様の注目をあびる。



おなじく「くらげっち」が気になる、
フアンから励ましのお言葉!?
自分が代わりに緊急出動しても良いと・・・
何てことはない、定休日だったことは、
このフアンから知った。




「臨時休業」と「定休日」の違いで
先走ってしまったことに(苦笑)
急遽、予定変更も考えて見たりで奔走中。



現在は全国に1店舗だけ営業中だとか?

水面下でチャンと繁殖していることをねがっている。





機械ブローカのデータは下記の通りだが???

CRくらげっち
アビリット
役物確率1/3×1/3×1/3=1/9?
大当りで右打ち
出玉=約3000発
大当り中に更なる役物抽選あり?
1/2の確率で連チャンあり?
現状では5,6連チャンは目撃あり(15000発~18000発)
玉単価=1.8円
ベース=ほぼ0



****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

くらげが繁殖中!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-10-03 10:51 | 釘の家庭教師

ミドルミドルミドルと追いかけても空席はうまらない。   


ミドルミドルミドルと追いかけても空席はうまらない。



ミドルミドルに振り回されてはいないか。

MAXに稼動をつけてしまえば、
あとの機械選定と機械代が楽になるのに
まず、そんな発想をしないか、
ヤリカタを間違えてこけてしまうなど、
この辺が限界でこれ以上は進まない。

まあ、様々な原因があるだろうけど、
ビッグイベントで本腰の玉だし期間とか、
最高のタイミングのリニューアルオープンでさえ、
それらしい構想はしても
せいぜい、一時の祭りで終わってしまう。




MAXのつかない理由はいくつかある。
機種と客層を見分けていない機械選びに片寄っている
店づくりのプランが鮮明でない。
活用法を知らないなど、
10年前を繁栄させた店長たちの中には、
この手がかりがよみがえって来るだろう。
出玉放出の運営の仕方を知っているからだ(詳細は省略)

本当に使えるMAXタイプは年にせいぜい3~4機種しかならない。

機械寿命を短命に仕向けているホール現実とか、
業界世間の間違った考え方が邪魔をしている。





機械を見る目がないのか
見る目はあっても機械代がないのか。
最悪なのは機械代があっても、
見る目がないこと。





ミドルは次から登場するので入替えも頻繁になる。
だから少し前の新台はいきなり空席化を余儀なくされる。
稼動抜群な機械がある日から、
着席がマバラになる。

たとえば、大海スペシャル入替えから
エヴァンが落ち、慶次が落ち、
冬ソナも落ちて沖海もドンと稼動急降下。




ミドルミドルミドルと追いかけても
ミドルの空席はうまらない。
このパターンがクッキリとしている傾向が
責任所在をぼかしていく。

慌てて玉出しに掛かったものの、割数が喰われて混迷する。
仕方なく大海SPをシメに行ったら、
お客様から見離されることに・・・





弱小店舗の店長からすると、
なんと、羨ましい限りの失敗のできる現実が
ウソのように思えることだろう。

それでいて、大したとがめもうけないならば、
やり得ではあるが
遣り甲斐があるのだろうか。





なすスベもなく、放置されて行く。
出玉1550~1600で営業した機械を
本来持ち合わせの1700で使って見てもいいはずだが
もう駄目だと見切ってしまって、チャレンジする気配もない。




新しいものがすべて良いという考えからだろうか。
こんなことをいつまで続ける気なのか。
機械入替だけが「自頭」を洗脳して
マンネリの作戦が繰り返されている状態は正常だとはいえない。






日常茶飯事で見かける光景であるから、
我々と身分が違うと言われてしまう。
弱小店舗の店長たちにも
とがめなし、ハンデイなし、責任あいまい・・・なら、
一度はこのような爽快な失敗を
経験させてあげたい。




****************無料相談室****************

ご相談メールに店舗名、住所、申し込み担当者、電話番号を記入して、
「無料相談をおねがいします」とだけ、ご連絡してください。

e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp

ミドルミドルミドルで!?・・・ポチッと!
最初は幼稚なものでもかまわない。行動してみることで↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2008-10-02 11:04 | 釘の家庭教師