<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

競合のスキマ~おなじお客様の移動、ここが盲点!?   

競合のスキマ~おなじお客様の移動、ここが盲点!?

現場の通信が届いた。
下記に抜粋を紹介します。
*********************************



1.競合の特徴

この辺一帯のお客様の動向を調べました。
わかったことがあります。
それは時間帯で各店舗に波があるということです。

今日を例にあげると、
自店のほかにA、B、Cと三つの競合店があるのですが
A店は12時がピークでそこから稼働は伸びずに減少する。

B店は夕方16時がピークでそこで減少する。

C店は夜19時がピークでラストまで稼働ありなのです。

自店はというと、
14時がピークで夜がめっきりよわいという特徴があります。





2.同じお客様の移動


他店に競合調査に行くとこれが面白く
「同じお客様が移動」して行っているのです。
それでこの地方の特徴がわかったような気がします。
まず交換は比較的にはやく頻繁に行われている。
そして非常に流動的なお客様が多い=固定客が少ない。
・・・ということは、日によって稼働の変動が激しくなるときだ。
しかしどこかだけ、滞留時間が長くなっている可能性がある。
なかなか今までこのような流動的な店はなかったので
結構、驚き戸惑いを感じています。



******************************

以上ですがみなさんは何を感じましたか。
・・・・・・・・・・・・・・・・

そして班長は自分ならば滞在時間を
伸ばす方法を考えているというのです。
時間帯のすき間の発生をよく見て憂慮している。
このすき間の流動客の動向をよく観察しながら
滞留時間を対応する策を考えている。

往々にして大概の感覚で対応するようなことの多い中で
どこに、どのような流れが発生しているのかを見逃さないで
キャッチすることは別に難しいことではないが
鮮明に傾向性を確定することは強い問題意識の反映でもある。
厳しい現状の中でも相手をよく見る店舗は生き延びるすべを知っている。

おなじお客様の移動、ここが盲点!?



****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


おなじお客様の移動、ここが盲点!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-02-12 20:52 | 戦わずして勝つ方法

ある店舗の会議に参加して   



                          
ある店舗の会議に参加して


1.組織はいつも無能な幹部によってつぶされる

組織はライバルによってつぶされる訳ではない。
結果的に競合に負けているように見えても、
ライバルに負けて潰れていく組織はあまり見かけない。
組織は内部から崩壊する。(ライバル問題は内部問題、自分の問題)

お客に見向きもされなくて、潰れていく店もあるが、
実は他にもっと、大きな原因がある。
お客や競争相手以上に無能な幹部が
組織を潰す最大の原因をつくっている。

最近に問題となった最大の事件のなかに不正問題がある。
無能な幹部が引き起こした的確な例と言えよう。
それでもなかなか、幹部を指導する幹部陣のリーダシップに
深刻な欠陥があることに気がつかない。

しかし、そのことの重大性もさることながら、
稼働に及ぼす害毒性と関係して意見する人間すら
誰もいなかったことにまこと、落胆せざるをえなかった。
虚しいばかりである。




2.あの時の危機感を共有した幹部が...

なぜ、こうなのだろうか。
当初は問題意識の強弱に確かな隔たりは歴然として存在していた。
でもそれらは単純な危機感の差から発生することで
後から態勢の共有を一致見ることができた。

でも、それを機に組織が変革され、
組織の活性化に寄与したのだろうか。
ではあの時に危機感を共有した幹部集団が
組織の変革と活性化に挑むことができないのはなぜだろうか。

それこそ、簡単明瞭な問題である。
自身がみずから、組織の活性化の触媒となって、
改革の「弾丸」として機能しようとしない、
「変革の足かせ」をつくっているからであろう。
すこし前の「あの会議の杜撰さ」は如実にそのことを吐露している。

意識、無意識であろうと成績のもっとも貧急な時期になっても
「足かせ」をほどこうとしない、貧困な発想と行為は
一体どこまで続くのであろうか。
今こそ、変化を恐れず、進んで変化をつくり出して行くことを
楽しめる幹部がいなければならない。
一言で言えば、幹部は「変化」させるひとである。



うちに今、必要なのは
楽しんで変化をつくっていくことができる存在である。
それに少しでも逆行する限り、パーラ○○○に明日はない。


厳しいけれど、
つらいけれど、
悔しくても、

自分のため・・・
お客のため・・・
会社のために・・・


ただ、一筋をつらぬいて行かねばならない時がある。







****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


ある店舗の会議にて!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-02-07 00:17 | ないないづくし戦略

不時着の名機長はあなた!   


不時着の名機長はあなた!



1.苛烈な長野の戦況のなかで

苛烈な競争の真っ只中に
川中島の合戦を彷彿させる
長野の戦況を目の当たりにした。


全国展開のマルハン、ダイナムはもとより、
地元の100万ドルも相変わらず威勢よく
衰えているようには見えない。
この長野で競合図を塗り替えてしまうかのような
キッカケをつくった店長がいた。


わずか数十台の入替えで大型○○○店舗の
稼動に不安をあたえてはヤキモキさせてしまったのだ。
いままで、人数統計すら来たことのない店長も主任も
さらに本部の常務も頻繁に部下を2~3人連れて
営業方法などツブサにチェックをしていったが・・・
何で客数が衰えないのかをクビをかしげて帰っていった。
まさかと疑われても仕方がない。遠隔ではないかと・・・



店長は喜んだ。
苦労を重ねてきた甲斐があったのだと・・・
「巧妙」な作戦展開をして見ることで
遠隔だと錯覚させることができた衝撃であった。
お客さまに遠隔ではないかとつかぬ噂が飛び交う時には、
集客のキッカケをつかめる大事なチャンスでもある。
これを見逃す手はないだろう。



あなたにもそんな経験がありませんか。
きっと、あるはずです。
その時、何をどのようにしたかを振り返って、
今日的、戦況に何ができるかを考えましょう。
あの時、そうであったように・・・
いまでも遅くはありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





2. 「4下1上」現象は全国共通

そんな競合に挟まれたなかで
もっぱら、大阪の繁華街でもよくみかける、
「4下1上」現象である。
長野のある店舗は外も中もまだ新品なのに、
1パチに大半、4円はガラガラ、スロット1人・・・
オヤッと思って進んでみると、4円でガクンと来る。

右の翼が破損した飛行機が不時着を試みては、
炎上爆発をまぬがれない悲惨な局面に立たされているような・・・
これが全国共通の傾き加減である。

まさに、007の危機一髪の任意の時刻の不時着や
わずかな髪の毛、1本ほどのスキマをぬっていくよぅに
ハドソン川に着陸した名機長の操作を期待せねばならないのか。





3.臨戦態勢に瀬戸際に

いや、違う!
目線のふり方が普段とは違っている
店長ならばどうするだろうか・・・

弱小店舗には混乱を乗り切る人材がいる。
その数、大手の比でないことはいうまでもない。
なぜなら、数々の窮地を乗り越えてきた場数があるからだ。
なかでも、無から有を創造した店長たちの物語は多い。

事態は非情に混沌としている。
単に疲労困ぱいとはいえない
不発弾を抱えている不気味な感触がする。
戦火は全国にあっという間に飛び火している。

ここでも臨戦地帯を目撃している。 
瀬戸際に何をすべきか。
これも不測の事態の予測の範囲であったのだろうか。
哀れな墜落現場を見るには忍びない。

想像を絶する店長のひと声に
「出遅れてしまったんです!」
この何げない、ひと言が神妙に聞こえた。
苦しいほど仕掛けるチャンスに優柔不断になる。





4.弱小店舗には不時着の名機長がいる

大手のような機械代をあたえてあげれば
奇跡を起こす人材もいる。


だから、今こそ弱小店舗の切り替えしは
作戦的展開が必要なときでもある。
弱小店舗には不時着の名機長がいる。
平素には凡人のたたずまいを装いながらも、
緊急事態には、強靭な意志と奇策に燃える、
逆境に強い人間がいる。
そのような人間は情勢の衰勢を見極め、
戦わずして勝つことで独自化を凌ぐ術を知っている。

ここが問題で
ここが実はチカラの見せ所なのである。
不時着も辞さないとしたら、
あなたはいま、何をしますか

きっと、そんなあなたならばできますよ。
不安要素乗り越えて、「取り敢えず安心」をつくりましょう。
取り敢えず安心は、また不安に変わっても・・・
取り敢えず安心を・・・




****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


不時着の名機長は!?・・・↓ポチッと!
きっと芽が出る!! ↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ
[PR]

by pyuaraito | 2009-02-03 09:38 | ないないづくし戦略