<   2009年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧   

玉貸してえ~から、おカネ貸して~になったとき   



玉貸してえ~から、おカネ貸して~になったとき





1.あるブログに取りつかれて

負けを取り戻すと転じた最も危険
負けるのが悔しくても、引く勇気をもてるか!
あるブログに取りつかれてしまい何度も読み返した。

一部抜粋であるがご紹介したい。
「出玉の海で泳ぎたいっ!!」


タイトルは負けるのが悔しくても、引く勇気を!
「・・・・・・・私は勝率が高くなる立ち回りを目指しているだけで
全勝を目指しているわけではありません。
実際、全勝する人間なんてありえませんから。

とにかく等価交換で千円35回まわったって
キン肉マンの設定6を打ったって
負ける時は負けるんです!

とにかく勝率を上げていくためには
いくら負けていようとも諦める勇気は必要なんです。
ダラダラと一発逆転を目指してホールに居座ること
これこそが無駄な負債を背負い込む一番の原因なんです」







2.玉貸してえ~から、おカネ貸して~になったとき
軒並みの言葉のなかに、
客心理の鮮烈な葛藤を見るような気がした。
ギャンブルの真髄をえぐる表現である。

取り戻そうとするひとのパターンでいけないのは、
「おカネ貸して!」である。
今日は3万円まで・・・・・・・
これがなくなったらやめると決めて出てきたのに、
やめる決断ができないのだ。
「勝ったら返すから!」
これはギャンブラー思考である。

ギャンブルで負けたカネをギャンブルで戻そうとする。
ギャンブルを知っているようで知らない
人間の恐ろしさがここにある。
先日も、海SPの常連で女性客。
玉貸してえ~~~
また、ちょっとして、また貸してぇ~
今度はちいちゃな声で、申し訳なさそうに。


ここまでは「顧客の射幸心動向」を追跡するなかで
頻繁に見かける状況である。
特に玉のヤリトリOKが営業形態として定着する最近では、
「玉貸してえ~~」である。
それが「おカネ貸してえ~~」になると危険である。
もとを取り戻そうとする天敵モードにハマッテいる絶頂期段階である。
そうなると誰が何を言っても聞く耳をもたない。






3.自店の顧客の射幸心動向を観察してみよう

自店の顧客の射幸心動向を観察してみよう。
何人かの顧客ターゲットを設定する。
射幸心を段階的に区分する。
時間ごとに追跡する。
これだけでよいから、これを担当を決めて
数週間もすると自店の客層の射幸心程度が
浮き上がってくるのではないか。
言うまでもなく小さな店舗では
この程度のことはしなくてもいつもの常連動向の把握が
詳細にされている場合が多い。
でも、それぞれのアタマのなかにしかない。
MAXタイプの心理描写をちゃんと整理するほど、
客心理を手元に見て作戦化するって、
意外と身近なところにもあるような気がするんですが・・・

****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


ぽちっと一発!?・・・・・・・・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

玉貸してから、おカネ貸してえになったとき~~~!!~↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ・・・・・↓ポチッと!
[PR]

by pyuaraito | 2009-10-05 09:43 | 弱小ホールの悩み

割引券騒動~~~!!   



割引券騒動~~~!!





1.今日は割引の日だ

▲1週間に1度行く店で
清算時にもらえる食事券。
いまや全国的に氾濫しているので珍しくもない。
最初は何気なくもらって
カバンの中に無造作にほおり込んでいたものが
数が溜まるにつれて気になってきた。
まとめてみたら9枚もあった。
あと、10枚で食事代が500円引きになるのだ。
その時に初めて、この前にもらいそびれた1枚が気になってくる。


▲今日は割引の日だ。
急にちいさい秋でも見つけたのか、
面倒くさがりやの人間が
自分らしくないのがわかりながら
ちいさな喜びに胸を弾ませてその店に向かっていた。
歩き方から不自然で地に足がつかずに浮いている。
というのも、このようなことを初めて経験するからだ。
それも誰か見てはいないかな。
後ろで清算待ちにひとがいたらどうしょうかなあとか・・・
変なとこで体裁を考えたり気どってみたり、
きまり悪さにおどおどしているのだ。
普段は毅然としなさいと主張する自分がおかしくてならない。
本当に物怖じしない主婦の生活態度には頭が上がらない








2.取り返しのつかない嬉しさにハマってしまったのか

▲「はい!あと270円です!」
「あの・・・なにか今日は嬉しい気分です。
ありがとう。生まれて初めてです。こんなこと・・・」

そうすると、
「そうですか。よかったですね。」といいながら、
奥のほうから何かまた3枚つづりの券をもってきた。
また割引の食券1枚とあと3枚が全部であっというまに4枚だ。
数日たって財布を整理していると、
その3枚つづりは「コーヒーチケット無料券」の3枚であった。
コーヒー250円にしても3枚で750円。
今日の割引分まで含むと1250円が降って湧いてきたようだ。
ランチごときで舞い込んだラッキータイムだ。


▲昼間のピークには70席が満席で来客を断っている状況を
何度も見かけているが割引券を配布している。
競争が厳しいのだろう・・・
昼はビジネスマンでいっぱいで、
夜には居酒屋でごった返しているビルの一角である。
満々とフエイントにハマってしまったようだ
取り返しのつかない嬉しさにささやかな満足を感じていた








3.非会員値がバカバカしい

▲出張が頻繁の折に、
先を急ぐ時には別だがカードを発行すると、
その場で割引がきくとなると非会員値がバカバカしいので会員になる。
だから、数日でポケットの中は割引券とポイントカードでいっぱい。
東京で会員になって、名古屋で会員に、それで京都で会員に・・・
1か月もすれば7~8枚にはなる。
東京八重洲の地下街の居酒屋でもいろいろだから、
1年をまじめに通ってもポイントは満タンにはならない。
ポイントマニュアならまだしも、
出張で相手の商談などで訪れる度に
地下街のポイントをもって歩くほどの関心もない。

▲以前、継続的に通院していた整形外科で
仲良くなった先生にふとしたことで、
冗談で返した弾みをまともに取られて往生したことがある。
「先生、私みたいにこんなに頻繁に来院する患者には
ポイントカードでも発行してや。お茶を出してくれるわけでもないし、
痛い思いしてだけして何にもないんやん・・・」

「あのう・・・気持ちは凄くわかります。
ここは医療機関なので、そのようなことはできないようになっておりますので、
誠に申し訳ございませんがご理解ください」

「いやいや、先生!冗談にきまってるでしょう」
やっと、わかってくれたがまともに受けられて往生しました。

▲ポイントでも割引券でも理屈は一緒だが
その場の値引き感覚が直観的に違ってしまうのはなんだろう。
なぜか、うれしいのが割引券!

もし許せるならば、パチンコイベントには割引券がいい!







****************無料相談室****************


いつでも応援に行きます。
全国のどこでも飛びます。
やるだけのことを精一杯やってみましょう。
弱小店舗のキッカケになるように…              
何も気にしないで、連絡してください。
ただし、まじめに真剣に語りましょう。
どうぞ、ご安心してください!
機密の絶対保持はこちらのお願いでもあります。

ご相談メールにご記入をおねがいします!
◆店舗名、住所、申込担当者、電話番号,e-mallと、お問い合わせ内容
◆「無料相談」と書いてご連絡してください。
◆相談室では、より現実的で重要な事柄などを、個々の
 事情を考慮しながら、気軽なやりとりをしています。

〔お問い合わせ先〕
e-meil : pyua0412@minos.ocn.ne.jp


ぽちっと一発!?・・・・・・・・・・・・・・・・↓ポチッと!
人気ブログランキングへ?・・・↓ポチッと!

割引券騒動~~~!!~↓ポチッと!


だから、「再生の原動力は人間力だ!」で↓ポチッと!
人気ブログランキングへ・・・・・↓ポチッと!
[PR]

by pyuaraito | 2009-10-02 15:36 | ないないづくし戦略