看板娘が2人いた   

ひとりは、笑顔が素敵でマイクの案内のプロだった。

もうひとりは、愛想が最高で接客好きな人並みはずれ た素質の持ち主だった。

*お客には、その人のファンが多勢いた。

*玉詰まりを起こしエラー表示が出ると、すぐに飛んできてカギを開け、玉を入れ、エラー解除する手つきが素早い。カウンターに入ったり、重い大箱を運んだりで、一人何役もこなしている。年の頃は30過ぎであるが…、テキパキと動く体はしなやかで、りりしく、スタイルも良い。宝塚の男役タイプの美人である。黒い髪をアップにまとめて、キリリと店を切り盛りしているさまは、従業員の動きではない。

この店は、この看板娘でもっているのかもしれない。

人気ブログランキングへ
[PR]

# by pyuaraito | 2007-12-06 12:45 | 戦わずして勝つ方法